過払金相談はどこがいい?
いくら戻ってくる?
過払い金のご相談は、全国対応で着手金も初期費用も無料の優良事務所を比較して決めましょう!
過払い金請求事務所
全国おすすめランキング

弁護士法人サルート法律事務所

キャリアのあるベテラン弁護士が在籍しています。
豊富な経験値から、ご依頼者様に最善な解決方法をご提案します。
他で解決できないようなご相談も、あきらめずにご相談下さい。

公式サイトで詳細をチェック

天音法律事務所

家族や会社に内緒で秘密にしたまま整理可能です!

全国対応で24h365日いつでもご相談の受付をしております。専門の相談員が対応いたしますので、安心してください。

公式サイトで詳細をチェック

サンク総合法律事務所

家族に借金を知られたくない・・・手持ちがなく、弁護士費用が用意できない・・・等のお悩みがあっても大丈夫です!

あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

公式サイトで詳細をチェック

新大阪法務司法書士事務所

法律家は開かれたもので、相談しやすい身近な存在であるべきという考えで業務を行っております。

「気軽に相談していただける法律家」として、完全解決まで、一緒にお付き合いします。

公式サイトで詳細をチェック

女性専用!債務Lady

旦那様、ご家族に知られずに借金を清算したい方!
月々の返済が難しくなってきたと感じている方!
自己破産または、任意整理をご検討中の方
金融機関からの取り立てに困っている方!

公式サイトで詳細をチェック

アヴァンス法務事務所

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。

アヴァンスでは、あなたにお話頂いた内容から、一番最適な解決方法をご提案いたします。

公式サイトで詳細をチェック

アヴァンスレディース

借金でお悩みの女性の皆さん、債務整理の専門家のアヴァンスレディースは女性専門の債務整理の相談窓口です。
自己破産や任意整理といった債務整理の相談を無料で行っています。
アヴァンスレディースにご相談ください。

公式サイトで詳細をチェック

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所では、あなたの借金の状況から迅速に過払い金が発生しているかどうかを調べ、返還請求まで一貫して行っております。

当然、完全成果報酬ですので、余分なお金を支払う必要はございません。

公式サイトで詳細をチェック

借金お助けナビ

ひとりで悩まないで!
わたしたちが一緒に解決します。借金問題が得意な弁護士があなたの借金問題を解決します!

24時間いつでも無料受付しております。

公式サイトで詳細をチェック

おしなり法律事務所

借金を抱え、悩んでいる方たちの多くには債務整理という手続きで借金生活から救われる方法があります。

最適な手続きを見つけ、少しでも早くその苦痛から抜け出し、明るい未来のために再スタートをしましょう。

公式サイトで詳細をチェック

過払い金請求は法律事務所に相談を

消費者金融等の貸金業者から貸金業法改正以前に借入があった方の場合、本来であれば支払う必要性のない利息を消費者が支払ってしまった可能性があります。
支払う必要性のない利息は過払い金と呼ばれ、これに関しては法律を違反したあくまでも不当な利息であるので該当している消費者は貸金業者に対して過払い金請求をすることで、支払い過ぎた利息の返還を求める正当な権利があります。

ただし、過払い金請求をするにあたっては本当に過払い金が発生していたのかを確認していく必要があります。その確認方法は過去の取引の履歴を開示してもらい、利息の計算が利息制限法の上限金利に準じて行われたかを調べる必要があります。

しかし、貸金業者の多くは過去の取引の履歴の開示に積極的ではありません。過払い金請求は該当者が個人で行うことも可能ですが、過去の取引の履歴の開示を貸金業者が応じてくれないようなときには法律事務所に相談をしてみるようにしましょう。

個人で過払い請求をするデメリット

過払い金請求とは消費者金融などの貸金業者に対して消費者が支払い過ぎた利息を返還するよう求める手続きですが、この手続きは裁判所を介さずにできるという長所があります。
もしも、過払い金請求が裁判所を介して行うものだったとしたら非常に面倒な手続きを知られてしまうことになりますし、実際に支払い過ぎた利息が返還されるまでにはかなりの時間を要してしまうことでしょう。

しかし、過払い金請求は消費者と貸金業者との直接交渉となるので面倒な手続きが必要なく、支払い過ぎた利息が返還されるまでの時間も最小限に抑えることも可能です。ただし、過払い金請求を消費者が個人でした場合、貸金業者側から実際の過払い金よりも低い金額での和解を強いられてしまうこともあります。
そのため、貸金業者と直接交渉をすることが不安だという方や、実際の過払い金よりも低い金額で和解を強いられるのが嫌だという方は費用を支払う必要がありますが、法律の専門家に過払い請求の手続きの一切を任せてしまうようにしましょう。

過払い金に心あたりがある方はまず診断

貸金業法及び出資法が改正された2010年よりも前に、いわゆるグレーゾーン金利による借り入れを行なっていた方の中には金利を払い過ぎている人も少なくありません。

このような過払い金は金融機関へ返還請求をすることで取り戻すことも可能ですが、いつまででも返還請求ができるわけではなく、過払い金請求にも時効が存在します。


過払い金の時効は10年と定められており、これは借り入れから10年ではなく最後の取引から10年になるので、すでに完済された方でも完済日から10年が時効になります。
これを誤解して借り入れから10年で時効だと思ってしまうと、せっかく過払い金を取り戻すチャンスが残されているにも関わらず、その機会をみすみす逃すことにもなりかねません。

もしも過去に借り入れの経験があり、過払い金について疑問に思うことがある場合には無料相談会や弁護士事務所のホームページなどに無料の診断フォームを設けているサイトもあるので、利用してみるようにしましょう。