耳鼻咽喉科疾患

一般の方には、なかなか理解しにくい耳鼻咽喉科疾患について簡単に解説してみました。病気の理解の参考にされて下さい。

つじ耳鼻咽喉科クリニック
川崎市宮前区土橋3-3-1ドゥーエアコルデ203
044(862)8741

急性中耳炎

  • 細菌感染なので、かぜなどの後に起こります。
  • 鼓膜の内側の炎症なので、耳の穴から水が入ったりしてなるわけではありません。
  • 抗菌剤の投与や鼓膜切開が必要です。
  • 鼻を強くかみすぎることが、誘因となる場合もあります。
  • 鼓膜の内側の炎症なので、耳の穴から水が入ったりしてなるわけではありません。

滲出性中耳炎

  • どちらかというと慢性化した中耳炎です。
  • 痛みよりは、閉塞感や軽度の難聴があります。
  • 滲出液の排泄を促す薬や耳管通気を行います。抗菌薬もを使うこともあります。
  • 鼓膜切開や鼓室穿刺が有効な場合もありますが、長期化する場合には鼓膜換気チューブの挿入が必要な場合もあります。
  • 痛みよりは、閉塞感や軽度の難聴があります。

慢性中耳炎

  • 鼓膜に穴が開いた状態です。
  • 耳だれと難聴が主症状ですが、本人が気づいていない場合もあります。
  • 耳だれは抗菌薬の点耳や内服で軽快します。
  • 根本的に穴をふさぐには、手術治療が必要です。
  • 耳だれと難聴が主症状ですが、本人が気づいていない場合もあります。

中耳真珠種

  • 骨を溶かして進行していくこともある注意が必要な疾患です。
  • 存在部位や大きさなどによって、難聴、めまい、顔面神経麻痺など様々な症状が生じます。
  • おとなしい場合には、経過観察をする場合もありますが基本的には手術的に摘出すべき病変です。
  • 存在部位や大きさなどによって、難聴、めまい、顔面神経麻痺など様々な症状が生じます。

外耳道真菌症

  • 耳の穴の中にかび(=真菌)が増殖した状態です。
  • 綿棒や耳かきをしょっちゅうしていると、耳の穴が常に湿った状態になり、真菌が増殖します。真菌は乾酪(=チーズ)様になるため、耳がふさがった感じになります。鼓膜が溶けることもあります。
  • 抗真菌薬の点耳、軟膏などが用いられますが、自分で耳を触らない注意も極めて重要です。
  • 治るまで時間がかかるので、根気良い対処が必要となります。
  • 綿棒や耳かきをしょっちゅうしていると、耳の穴が常に湿った状態になり、真菌が増殖します。真菌は乾酪(=チーズ)様になるため、耳がふさがった感じになります。鼓膜が溶けることもあります。

声帯ポリープ

  • 声を酷使する方にできやすいです。
  • 日常生活上、困る場合には切除が必要です。
  • 通常は癌化していくことはありません。
  • 日常生活上、困る場合には切除が必要です。

声帯結節

  • かぜをひいているときや痰が多いときに、長時間しゃべりすぎると声帯結節になり、声がかれます。
  • かぜを早く治すことが重要ですが、発声を控えることがさらに重要です。
  • うがい、乾燥の防止なども必要ですが、改善するのに時間がかかることは覚悟しましょう。
  • 難治性の場合には手術も行われます。
  • かぜを早く治すことが重要ですが、発声を控えることがさらに重要です。

喉頭蓋炎

  • 喉頭蓋(=声帯の上にある”ふた”のような部分)が腫れる疾患です。
  • 急速に悪化すると窒息死する、耳鼻科領域では最も危険な疾患の一つです。
  • 下の正常な喉頭蓋に比べて、上は厚ぼったくなっている(青矢印部分)のがわかります。
  • 入院での点滴治療、切開(乱切)が有効な場合もありますが、窒息の危険がある場合には緊急気管切開が必要になる場合もあります。
  • 急速に悪化すると窒息死する、耳鼻科領域では最も危険な疾患の一つです。

咽頭がん

  • 画像はのどの後ろの壁にできた咽頭がんです。
  • 若い人にみられることは稀です。
  • ヘビー・スモーカーやヘビー・ドリンカーは注意が必要です。
  • まずは放射線治療が主体になりますが、病気の大きさや範囲などによって治療方針は様々で、手術、化学療法も含めた集学的治療が行われます。
  • 若い人にみられることは稀です。