フラップレス手術とは?メリットとデメリットを紹介

インプラントに興味がある方は、フラップレス手術が気になっているのではないでしょうか。フラップレス手術とは、どのようなメリットとデメリットがあるのか解説していきます。インプラントは高額な費用をかけるため、失敗しないために、情報収集しておきましょう。

■フラップレス手術とは?

・歯茎をはがさない施術のこと

フラップレス手術は、簡単にいうと歯茎をはがさない施術のことです。通常のインプラントでは歯茎をはがして骨を露出しなければなりません。しかし、フラップレス手術では術前にCTを用いることで、歯茎の剥離は必要なくなりました。

・ステントを作成して正確に削る

歯茎をはがす方法だと、痛みが気になったり、術後の回復が気になったりするでしょう。インプラントの手術自体が怖い方も、歯茎をはがすと聞くと怖くなってしまうかもしれません。フラップレス手術では、コンピュータで設計したステントを作成して、ステントをガイドにして削る施術です。

・短時間で手術が可能に

フラップレス手術は、従来からあるインプラントと比べて、手術時間を短縮できます。歯茎の剥離作業が必要なくなるため、短時間で手術が可能です。時間が短くなれば、手術自体が怖いと感じる方でも、不安を軽減することができるでしょう。

■フラップレス手術の
メリット

・傷の治りが早い

フラップレス手術は歯茎をはがさないため、切開の必要がありません。歯茎を切開すれば当然傷が治るまで時間がかかるでしょう。切開しない方法なら、最小限のダメージで済むので、傷の治りが早くなります。傷の治りが早ければ、術後の痛みを感じる期間も少なくなり、早く噛めるようになるでしょう。

・出血が少ない

フラップレス手術は切開せず、ガイドを利用して直接施術する方法のため、出血量が少なくなります。出血が多くなると止血のための処置が必要となり、それだけ手術時間も長引いてしまうのです。出血量が少ないフラップレス手術なら、傷口も最小限で済むので出血も少なくできます。

・骨の吸収量が少ない

フラップレス手術は、従来のインプラントと比べて、骨の吸収量が少ないです。切開する方法だとどうしても多少の骨の吸収が見られてしまうので、骨の回復を待つ時間が必要になります。骨の吸収量が多くなってくれば、審美性にも影響を与える可能性があるでしょう。フラップレス手術なら、それらのリスクを減らせます。

■フラップレス手術の
デメリット

・難易度が高い手術で精度が落ちやすい

ガイドを使って施術する方法では、ある一定の精度を保つことができます。これは比較的安全な症例に対してであって、難易度が高い手術では、精度が落ちる可能性があります。ガイドだけに頼り過ぎると、違いがおこったときに対処できません。だからこそガイドだけに頼るのではなく、医師の経験でも比較する必要があるのです。

・事前に十分な検査が必要

フラップレス手術はCTスキャンしたものを用いて手術を行う方法のため、事前の検査が重要です。検査が不十分であった場合は、精度を保つことは難しいでしょう。症例数が多いクリニックを選んだり、事前の検査を慎重に行うクリニックを選んだりしましょう。

・取り扱いがあるクリニックが少ない

フラップレス手術は新しい施術方法のため、どのクリニックでも採用しているわけではありません。近くのクリニックで採用していなければ、遠方まで足を運ばなければなりません。一般の歯科用CTではスライス幅が広くなってしまうので、専用のCTが必要となるためです。

■フラップレス手術に
かかる費用

・術式による価格の違い

従来の切開するインプラントと、フラップレス手術は、術式が異なるだけでどちらもインプラントです。そのため、費用は大きく変わることがありません。しかし、クリニックによってフラップレス手術を採用することで、プラスで5万円以上の差額が発生することもあるので、確認しておきましょう。

・インプラント自体の費用

インプラントはどのような素材を使うかによって、費用にばらつきがあります。多数のメーカーからインプラントが出ているので、それぞれ費用が異なるためです。価格重視の方から、最高品質を求める方まで対応ができます。

・事前のカウセリングで聞いておこう

インプラントにかかる費用や、フラップレス手術の費用は、事前のカウセリングで聞いておきましょう。価格に納得してから、手術を受けるようにしてください。精密検査をしてみないと正確な金額はわからないので、フラップレス手術が気になる方は、カウセリングの利用をおすすめします。

■クリニックの選び方

・オペ室を完備している

インプラントは精密な手術で、感染防止が最も重要です。一般の診察台では清潔管理はできないので、専用のオペ室が完備されていることが選ぶ条件になります。

・リラックスできる麻酔の活用

インプラント手術は人によって不安が強くなってしまいます。クリニックによっては、静脈内鎮静法と呼ばれるリラックス麻酔が利用できる場合があります。経験豊富な麻酔科医がいるかも、チェックポイントです。

・インプラントだけを勧めない

必ずしもその人にとってインプラントが最適なわけではありません。その人によって最適な施術方法が異なるため、インプラントだけを勧めてくるクリニックは避けましょう。幅広い提案があると安心です。


フラップレス手術とは?の詳しい情報は下記リンクからも確認できます。


■まとめ

フラップレス手術が気になったら、基本的な情報収集をしてみましょう。怖いと思うのは、詳しい施術方法を知らないからです。術前の不安を解消するために、必要な情報を得ておくようにしてください。