「うわ!うちの子、クチクサっ!」

ワンちゃんネコちゃんの飼い主さんにとって、愛するペットの口臭に思わずびっくりしてしまう、というのはあるあるですよね。

「この子だけ口が臭いのなんで?」と疑問に思う飼い主さんは多いです。というのも、実はワンちゃんやネコちゃんは口臭がひどくなりやすいんです。

基本的にじっとしてくれないので、歯磨きしようとすると嫌がったり、なかなかお口を大きく開けてはもらえませんから、

  • 面倒で歯磨きがおろそかになっている
  • そもそも歯磨きしていない
  • 歯磨きが必要だなんて知らなかった
という人もいますよね?

また、ちゃんと歯磨きしているつもりでも、「ペットの歯磨きも自分の歯磨きと同じくらい隅々までできています」と胸を張って言える人ってあまりいないと思うんです。

僕もかわいいワンコと一緒に暮らしているのですが、最近まで口臭に気づくことができませんでした。

しかし、この口臭、放っておくと命にも関わるリスクがあることがわかりました。

口臭は命に関わる病気のサイン

口臭が強いペットは、歯に歯垢がたまっていて、歯周病になっている可能性が高いんだそうです。

放って置くと、歯石がドンドンたまって歯肉が減り、歯の根がむき出しになって抜け落ちたりします。また、歯と歯の近くにあるほっぺの骨まで溶けて「頬に穴が開いて口の中が見えている」というワンちゃんも実際にいます。

歯茎が炎症を起こすと、そこから細菌感染が起こります。
最悪の場合は脳梗塞や心臓疾患など命にかかわる病気にかかることだってあるんです。

当然、悪化する前に病院に行けば良いのですが、いつも接している飼い主ですら見ただけでは違いがわからず、気付いた時には手遅れということもあります。

その上、いざ病院に行っても、歯茎の奥深くに溜まった歯石を取るには全身麻酔が必要です。

最悪の場合、治療のための麻酔から戻ってこれない・・・ということだってありえます。
なぜなら、日本は海外と違って獣医師の中に麻酔専門医がほとんどいないんです。

大きな病院以外の開業医だと、若く元気なワンちゃんネコちゃんの避妊去勢手術くらいしか十分な経験のない獣医師もいます。

本当に病院ごとで麻酔の技術の差が大きいんです。

手術の恐ろしさは失ってからでないとわかりません。

僕の友人は2年前、8歳のネコちゃんを手術で亡くしました。

軽い手術という話だったので、気軽に笑顔で「頑張ってくるんだよ!」と診察室に愛猫を残し、ネコちゃんも「ニャア」と返事していたものの、それが生きている愛猫の最後の姿となってしまった・・・と、今でも涙することがあるそうです。

老衰などではなく、元気なうちにお別れをしたので、夜眠ると時々、夢ではまだ元気なネコと遊んでいて、嬉しさのあまり目が覚めると、現実を思い出してとても辛い、と。

僕はその話をきいていたので、なんとかして日々のケアでウチの子の口臭をなんとかしなくては・・・!と思いました。

そんな時に見つけたのが、食事でお口のケアができる「ラブリービー」という商品です。

ラブリービーは、ワンちゃんネコちゃんのお口のケアをご飯にかけるだけで簡単にできます。

その秘密は、無味無臭のパウダーに含まれる、「生きたブリス菌」です。

ブリス菌とは?

ラブリービーには、このブリス菌が生きたままお口に長い時間留まることができるよう、パウダー状に加工してあります。

もちろん、原材料も全てヒューマングレードで、人間が食べても全く問題ないもの。

1袋ずつ小分けになっているので、量を間違えることもありませんし、安心して使えました。

実際に使ってみたところ…

ラブリービーを使い始めて、2週間ほどでその違いに気がつくことができました。

あれ?なんだかワンコの口臭が減ってきた・・!

無味無臭なのでワンコもいつもと変わらず食事ができて、この違いは大助かりです。

大変な歯磨きもいつもより気楽になったし、1ヶ月続けるともうほとんど口臭を感じないほどになりました。

面倒がないので続けやすいのもありがたい!

ラブリービーの口コミ

また、変化は口臭だけでなく、うんちにも。ちょっと汚い話ですが、便の調子が良く、毛艶にも影響ありそうです。

今なら半額以下でお口の善玉菌が試せる!

60日間全額返金保障付きだから、気に入らなければ、 実質0円でお試しできます。

もし、歯周病に気がついてから病院でケアしようと思うと

1回のお値段は30000〜50000円その上、命を落とすリスクもあります。

それと比べるとコストは10倍以上違いますし、何より大切な家族の命を天秤にかけることもありません。

キャンペーンが終わって倍以上の損をする前にぜひこの機会に試してみて下さい。