透明少年

どこにいたってどこにもいない
何色でもない透明

書きかけの歌詞みたいな心
大事に持て余して
そのくせ何も出来ないから
何者でもない少年

「息してるだけじゃ なんか足りない 」
小さな声で口ずさんだ

透明少年 今はまだ
誰の為にもならないメロディ
存在証明 今までの
日々が意味になる歌を探してる

甘い瞳がこっちを見てた
狂った夏にさえ気付けず
心の羅列に似合うコード
見つけられない夜は続く

透明少年 今はまだ
誰の為にもならないメロディ
存在証明 今日までの
君が色になる歌を聞かせてよ

書きかけの歌詞みたいな心
何者でもない少年
どこにいたってどこにもいない
何色にでもなれる透明



オーディション

見えない投票もなくて
審査員も1人しかいない
全ては君の気分次第
出来レースよりも過酷

対策も傾向も僕は知らない
知ってるアイツには聞きたくもないや

僕の君に選ばれたい 毎日はオーディション
背伸びして欠伸して 僕じゃダメと言い聞かす
僕の君に選ばれたい 毎日はオーディション
もういいやって思えなくてそれでも

定石も奇行も君には通じない
動かない心は何を求めて誰を見てるの?

僕は君に選ばれたい それだけの感情が
はなせずに剥がせずに僕じゃダメを言い負かす
僕の君に選ばれたい 毎日がオーディション
もういいやなんて思えないから
「僕だけを見て」





ミサイルのゆくえ

ニュースが語った 世界の異常を
見飽きたドラマの後の枠で

生まれた頃から戦争はフィクションで
悲劇に鈍感な僕らの日常は

ミサイルのゆくえより君の心が気になる
ミサイルのゆくえより君の心が気になる

いたらない僕の知りたいは君の
ニュースにもならない心の位置情報

ミサイルのゆくえより君の心が気になる
ミサイルのゆくえより君の心が気になる

ミサイルのゆくえより君の心が気になる
ミサイルのゆくえより君の心が気になる
ミサイルのゆくえより君の心が気になる
ミサイルのゆくえより君の心が気になる

ラララララー ラララララー
ラララララー ラララララー
そんな君との日々を守るため
ミサイルのゆくえを追う





ぼくらなら

変わらない日々に嫌気がさしても終われない命を抱えたまま
僕はずっと変われないで変えられもしないで
息をする日々に疲れていた

それでも手の中のあれやこれやを捨てることができずにどうしようもない
ならばちゃんと持ってなくちゃって大切にしなくちゃって
気付くのが少し遅かった

いつも僕はこんな風に情けなくて嫌になるけど
守りたいが空回りでうまくはいかないけど
僕の中を流れる君への想いが
君の中を流れひとつになりますように

こぼす笑顔は君のためだけでいい
流す涙は君のせいだけでいい
いつも僕はわからない君のことがわからない
だけどずっと側にいたいことだけはわかるさ
永遠の誓いはわざわざしなくていい
交わす言葉もそれほどなくてもいい
不確かなままの足取りで
歩いて行こう確かな僕らの道を

笑えない日々を誤魔化して生きても終わらない痛みぶら下げたまま
君はずっと笑えないで 涙も流せないで
息をする日々に疲れてた

君の中にずっと居座る君だけの痛みが
僕の中に流れひとつになりますように

こぼす笑顔は君のためだけでいい
流す涙は君のせいだけでいい
いつも僕はわからない生きる意味もわからない
だけど君の側にいたいことだけはわかるさ

永遠の誓いはわざわざしなくていい
交わす言葉もそれほどなくてもいい
いつも僕はわからない君のことがわからない
だけどずっと側にいたいことだけはわかるさ

生きる意味なら「君といること」がいい

不確かなままの足取りで
歩いて行こう確かな僕らの道を

ぼくらなら