子どもの視力低下|サイン、原因から効果のあるアイトレーニングまで

最近、子どもがメガネをかけている姿を多く見かけますよね。

「うちの子も最近目が悪くなってきて...」
「目を細める仕草が多くなってきた...」

と思うお母さん方もいらっしゃるはずです。

近年、子どもの視力低下が大きな問題になっています。

このページでは、子どもの視力低下のサインから、原因、そして視力回復のトレーニング法までをご紹介していきます。

子どもの視力低下のサイン

視力が低下してきたと思っていても、メガネをかけるのが嫌なお子さんだと、なかなか目が悪くなったことを教えてくれないこともあります。

「成績が悪くなってきて初めて、黒板が見えていないことが判明した」

なんてことがないように、子どもの視力低下が疑われるサインを見逃さないようにしましょう。

もし、これらのサインを見かけたら問い詰めるのではなく、優しく聞いてあげてください。

視力低下のサイン

  • 最近よく目をこするようになった。
  • 目を細めてモノを見ることが多い。
  • テレビを見る距離、本を読む距離が近い。
  • 片目、横目でモノを見ることがある。
  • 目を細めてモノを見ることが多い。
これらのサインは、子どもの視力低下が起きているときに、無意識に行ってしまうサインです。

気になる点があれば、最近景色や黒板が見えずらかったりしないか、優しく聞いてみて下さい。

子供の視力低下の原因

こどもの視力低下の原因は、近いものを見すぎている事が挙げられます。
昔の子どもは外で遊ぶ事が多かったのですが、最近はスマートフォン、携帯ゲーム機の普及により、以前より近いところを見る時間が多くなりました。

私達は、遠いものを見るとき筋肉をリラックスさせて伸ばすことによって、水晶体(レンズ)を薄くしています。
反対に、近いものを見る際には筋肉を縮こまらせて緊張させる事でレンズを厚くします。

近い距離で見続ける事によって、眼の筋肉が常に緊張し続け、次に遠いものを見た時には、眼の調整機能が弱まり、ボヤけてしまうのです。

この状態を、仮性近視と呼びます。
仮性近視になっている事に気づき、近いものを見るのをやめてアイトレーニングを行えば、視力が回復していく可能性もありますが、気づかないでいるとどんどん視力は悪くなっていきます。

そのため、お子さんの眼が悪くなっているのではないかと感じたらすぐにでも聴いて見る事が大切です。

目を悪くしないための予防法

では、実際子どもの視力を落とさないためにどのような事に心がければいいのでしょうか。
以下にまとめて見ました。

子どもの視力を守るための予防法

  • Q
    テレビ・ゲームはどれくらい見ていいの?
    A
    テレビは1メートルほど離れて、連続して1時間以上見続けないようにしましょう。
    1時間見たら遠くを見る時間を作りましょう。
    ゲーム機は目との距離が非常に近いので、1日1時間以内に収めましょう。

  • Q
    勉強をするときはどうしたらいいの?
    A
    勉強する際は、椅子に背筋を伸ばして座り、教科書との距離が近くなりすぎないようにしましょう。
    また、50分ごとに、窓の外の景色など、遠くを見るようにしましょう。
  • Q
    アイトレーニングってどんなのがあるの?
    A
    アイトレーニングについては、下記で詳しく解説していきます。
  • Q
    勉強をするときはどうしたらいいの?
    A
    勉強する際は、椅子に背筋を伸ばして座り、教科書との距離が近くなりすぎないようにしましょう。
    また、50分ごとに、窓の外の景色など、遠くを見るようにしましょう。
テレビ、ゲームに関しては時間で区切ったりする事が必要です。
ただし、前提として、何をする際にも基本的に30cmは離れておこ合うようにしましょう。

もし、遠くを見る事が難しければ、2~3メートル離れたカレンダーなどでも構いません。
20秒ほど、自然に見つめるようにしてください。

視力回復トレーニング

先ほど、仮性近視になる原因は、近いものの見過ぎで眼の筋肉が凝り固まり、ピントがうまく合わせられなくなる事が原因です。

そのため、凝り固まった眼の筋肉をアイトレーニングによってほぐす事によって、視力を回復させる事ができます。

ここでは、そんなアイトレーニングのプログラムをご紹介します。

視力回復アイスマイル

こちらは、子供用の視力回復を目的とした、アイトレーニングプログラムです。

このプログラムを行ったこの中には、1か月で0.6から1.5に回復した子もいます。
子供用の視力回復プログラムは、ただ視力回復をさせる方法や商品を販売しているだけではありません。
子どもが視力回復をするにあたって、一番大事なことは毎日コツコツと継続するところにあります。

このアイスマイルでは、親と一緒に子どもが楽しく継続できるように作り込まれています。
とにかく、短時間で・飽きずに・簡単にがモットーになっています。

安心の全額返金保証

やはり、こういったプログラムを行う際に一番心配なのは、「本当に効果があるの?」といった点だと思います。
せっかく高いお金を払ったのに効果がなければ、なんの意味もありません。

視力回復アイスマイルでは、90日間全額返金保証をしてくれます。
もし、試して見て効果がでなければ、全額返金してもらう事ができます。

もし子どもの視力が低下しており、視力回復プログラムを試してみたいという方は、ぜひ申し込んで見てください。