駐車場経営のメリットや
デメリットは?
おすすめの運営会社について

持て余している土地があるならば駐車場経営を検討してみてはいかがでしょうか。今回は、駐車場経営のメリットやデメリットだけではなくおすすめの運営会社に関して紹介します。土地を遊ばせたままにしておくよりも駐車場経営をして収入を得てみましょう。

駐車場経営のメリット

こちらでは、駐車場経営のメリットについて見ていきましょう。なぜ、近年駐車場経営が注目されているのかを紹介します。
 
・初期費用が少ない
アパート経営のように建物を建てる必要がありません。土地の整備などを行うだけなので、他の投資と比較して初期費用をぐっと抑えることができます。
 
・すぐに始められる
土地さえあればすぐに駐車場経営を始められるのもメリットのひとつです。しかも土地の制限などがないので狭小土地や変形地でも始めることができます。
 
・災害に強い
支払いに関する設備以外は特別なものがありません。そのため、災害の影響も比較的受けにくい種類の経営なのです。アスファルト塗装やコンクリート塗装をすることで、更に自然災害に強い駐車場作りができます。

駐車場経営のデメリット

こちらでは、駐車場経営のデメリットについて見ていきましょう。メリットも多いですが、実はいくつかのデメリットもあるのです。
 
・税金負担が大きい
アパートやマンションの場合は固定資産税の減税対象となりますが、駐車場経営の場合は建物がないので減税効果がありません。そのため、手軽にできる経営の割に若干税金の高さがネックとなっています。
 
・利用効率が低い
同じ広さでもアパートやマンションは階数を高くすることによって土地の利用効率を高めることができます。しかし、駐車場経営の場合は広さの分だけの土地利用効率となるので若干低くなってしまうのです。
 
・サポート会社による違いがある
駐車場経営と言っても個人で行うのではなくコインパーキング運営会社に加入するのが一般的です。運営会社によって若干違いがあるのもデメリットです。サポートが厚い会社もあれば最低限のサポートのみという会社もあるからです。

駐車場経営運営会社の選び方

駐車場経営の運営会社と言っても数多くあります。そのため、どうやって選べばいいのか悩む人もいるでしょう。こちらでは、運営会社の選び方について見ていきます。
 
・サポート力
やはり重視したいのは、運営会社のサポート力です。契約をしてもまともにサポートを受けられなければ意味がありません。契約前にどんなサポートがあるのかをチェックしておきましょう。
 
・資金
駐車場経営を行うならば開業前の資金が必要です。運営会社によって必要な資金が異なるのですが、なるべく費用を抑えたい人は開業資金が低い会社を探しましょう。ただ、過剰に安い運営会社の場合は十分なサポートがない可能性も考えておきましょう。
 
・清掃などの対応
駐車場経営をしても清掃などが杜撰な駐車場にお客は来ません。運営会社の中には清掃などもプランに含まれているところがあるので、そういったところを選ぶようにしましょう。

駐車場経営でおすすめの運営会社とは?

駐車場経営の運営会社は数多くあり、会社によって特徴が異なります。こちらでは、その中でも評判が良い運営会社について見ていきましょう。
 
・三井のリパーク
毎月固定払いスタイルなので安心して契約ができます。オーナーが負担するのは土地の舗装費用とフェンスの設置のみなので初期投資費用を最小限に抑えることができるのです。一括借り上げにも対応しているので安心して駐車場経営ができます。
 
・ユアー・パーキング
一括借り上げを行うことから、初期費用や運営トラブルがありません。毎月固定支払い、値下げなしなので安定した収入を得ることができるのです。担当者がきめ細かな対応をしてくれるので不安点を解消してから駐車場経営ができます。
 
・タイムズ24
駐車場経営業界ナンバーワン企業として高く評価されています。365日24時間体制でサポートをしてくれるので不測の事態が起こった時も迅速な対応が期待出来ます。独自の集客サービスや仕組みがあるので、安心して駐車場経営をすることができるのです。
駐車場経営について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

駐車場経営は簡単そうに見えて意外と難しい部分もあります。しかし、優良運営会社のサポートを受けることで難しい部分をカバーしてくれます。駐車場経営の成功は運営会社選びによって大きく異なると言っても過言ではありません。失敗しないためにも、しっかり会社の比較を行いましょう。安易な選び方をすると、いざという時にサポートしてもらえずにオーナーに負担がかかることもあるので注意してください。初心者にもおすすめされている駐車場経営ですが、適当にやって儲かるほど安易なものではないことも覚えておきましょう。