なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

失敗しない薬剤師求人の選び方!チェックポイントを徹底解説!

転職するのであれば、失敗しない薬剤師求人を選びたいものです。

この記事では、失敗しない薬剤師求人を選ぶためのチェックポイントについて徹底解説します!

ポイント1:自分のやりたい業務を明確に!

薬剤師と一口に言っても、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など働く場所によって仕事内容が異なります。

そのため、まずは薬剤師としてどんな業務をやりたいのかを明確にすることが大切です。

薬剤師が働く場所ごとの主な仕事内容についてまとめてみました。

働く場所

主な仕事内容
調剤薬局

仕事内容は「処方薬の調剤業務」と「患者への服薬指導」です。

薬の飲み合わせに関して、処方医師への問合せ・確認を行うこともあります。

来店患者とのコミュニケーションにより信頼関係を築き上げることも大切な仕事です。
ドラッグストア
仕事内容は「処方薬の調剤業務」と「患者への服薬指導」の他に、OTC(一般用医薬品)販売、生活雑貨の販売のためのレジ打ち、在庫管理、発注、品出し、陳列、POP作成など、店舗運営全般を行います。
製薬会社
製薬会社の薬剤師は、医薬情報担当者(MR)、開発・研究職、管理薬剤師、市販後調査、治験関連職などの職種に就きます。
病院・医療機関

処方薬の調剤業務の他に、注射薬や点滴の調整・管理、外来患者や入院患者に使用する薬品の調剤・薬品管理を行います。

入院患者への投薬に関して、必要に応じて看護師や医師への報告・提案も行います。
ドラッグストア
仕事内容は「処方薬の調剤業務」と「患者への服薬指導」の他に、OTC(一般用医薬品)販売、生活雑貨の販売のためのレジ打ち、在庫管理、発注、品出し、陳列、POP作成など、店舗運営全般を行います。

ポイント2:自分のキャリアプランを明確に!

同じ薬剤師という職業であっても、職場によって、研修の充実度合いや必要な知識、積める経験などが違います。

そのため自分は薬剤師としてどんなキャリアプランを描きたいのかをしっかりと明確にし、そのプランの道筋に必要な求人を選ぶのがおすすめです、

薬剤師が働く場所ごとの「積める経験、得られる知識、取れる資格」についてまとめてみました。

働く場所

積める経験、得られる知識、取れる資格
調剤薬局

 OTC 医薬品の取扱品目が多い薬局ではその知識も身に付きます。

在宅医療を実施している薬局では、患者との深い関わりやチーム医療の経験を積むことができます。

専門・認定薬剤師の資格取得サポートが充実している薬局では、「プライマリ・ケア認定薬剤師」、「緩和薬物療法認定薬剤師」、「糖尿病療養指導士」などの資格取得ができます。

ドラッグストア

OTC医薬品や医薬品以外の化粧品や健康食品の知識が得られます。

調剤薬局を併設したドラッグストアでは、調剤経験も積むことができます。
製薬会社

薬の研究や新薬開発に関わる場合は最先端の医療や医薬に関する経験と知識が得られます。

MRとして病院や医師とのコミュニケーション経験を積むことができます。
病院・医療機関

薬剤師としての専門性を追求することができます。

専門・認定薬剤師の資格取得を支援してくれます。

ドラッグストア

OTC医薬品や医薬品以外の化粧品や健康食品の知識が得られます。

調剤薬局を併設したドラッグストアでは、調剤経験も積むことができます。

ポイント3:働く場所も重要!地方なのか?それとも都心なのか?

薬剤師として都心で働くか地方で働くかも重要なポイントです。

待遇面では、都心よりも地方の方が薬剤師数が足りていないため給料などが良い傾向があります。

一方、各種の研修は都心に集中していますので、地方に比べると参加しやすくなっています。

都心と地方の特徴についてまとめました。

働く地域
特徴
都心
都心部には薬局が多く、薬剤師の数も比較的足りているため正社員やパートなどの働き方が主流です。
地方
慢性的に薬剤師が不足している地方では都市部よりも高い給与で薬剤師を募集していることも多いため高収入が狙えます。
地方
慢性的に薬剤師が不足している地方では都市部よりも高い給与で薬剤師を募集していることも多いため高収入が狙えます。

ポイント4:給料だけで求人は選んじゃだめ!

「その職場で働いていてよかった!」「一生働き続けたい」と思う会社の条件は給料だけではありません。

薬剤師の給料は、一般的な同世代に比べて高くなっており、一般病院や調剤薬局の薬剤師の平均年収(賞与含む)は560万円程度です。

この平均年収よりも大幅に高い求人には、給料が高いなりの理由があるはずです。

例えば、非常にハードな職場だったり人間関係に問題があるため人材が定着せず高い給料で募集をかけているということも考えられます。

給料が高いのは魅力ですが、その理由をしっかりと調べることが大切です。

ポイント5:求人元の会社名を徹底検索、詳細情報や内情などを知ろう!

気になる求人があったら「会社名 口コミ」などの検索ワードで、求人元の会社の詳細情報や、働いている社員、働いていた社員の口コミを徹底検索してみましょう。

口コミを調べるときの大前提として、基本的にネットに口コミを書いている人は「やめた人」で、口コミを書く動機は「何か会社に対して不利益なことをしてやりたい」という負の動機が多いということを考えておく必要があります。

この点を踏まえて口コミの内容を判断するようにしましょう。

ポイント6:求人元に行けるのであれば、行って雰囲気を確かめてみよう!

気になる求人があった場合は、実際にその求人元に行けるのであれば、実際に行ってみて自分の目で雰囲気などを確かめることも大切です。

雰囲気が良いお店であれば従業員にも心の余裕があるため、お客への対応も良くなります。

実際に職場を退職する人の理由として一番多いのは、人間関係や職場環境が悪いことですので、可能であれば現地に行ってしっかりと調査しましょう。

求人情報を掲載している薬剤師求人サイトに「見学にいけないか?」などと問合せてみても良いでしょう。

自分の希望や目標を明確にした後に、求人を自分の目と体感で選定しよう!

ご説明してきたように、まず自分がやりたい業務やキャリアプランなどの希望や目標を明確にすることが大切です。

その上で、求人サイトなどで求人情報を検索し、調べられる情報はすべて検索し、可能であれば見学をして、自分の目と体感で薬剤師の求人を選ぶようにしましょう!