このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
どんな仕事をしていますか?
お客様の「夢」実現に向けて、プロフェッショナルにサポ―トする影の立役者

おしゃれな建売住宅販売や資産運用のコンサルティングを行う当社において、僕の仕事は、お客様が安心してマイホームの夢を実現し資産運用を行えるよう、社内外の関係者に各種サポートや手続きを行うことです。
不動産をご購入いただく際には、ローン審査をはじめ、行政手続き、重要事項説明など、様々な法的プロセスが必要になります。このプロセスに一貫して携わり、営業と連携しながら漏れなく進めていくのが僕の仕事です。
また、すでに物件購入が決まっているお客様のサポートだけでなく、購入をご検討中のお客様について担当営業から相談を受け、個別のお客様の状況に合わせた必要な手続きやコンサルティングのサポートを行うこともあります。


この仕事に求められることは何ですか?
立場は違えど、お客様に最適なサービスを届けたいという気持ち

専門的な業務も多いため、法律系出身者であることや専門資格が必要なように思われるかもしれませんが、実は、僕はもともと当社の「営業」出身なんです。ですから、法務の知識は、あとから懸命に身に着けたもの。むしろ今も、絶賛勉強中です!
もともとの知識量では先輩や上司にかないませんが、その代わり、元営業だった僕が大切にしているのは、「立場は違えど同じ目標に向かう仲間として、また、時にはフロントランナーである営業のサポートに徹することで、最適なサービスを届けたいという気持ち」です。元営業ならではのこの想いと、新しい業務をどんどん任せてもらえる社風のおかげで、知識も増え、業務スキルがぐんぐん上達しているのを感じます。



今後の目標は何ですか?
専門性を深め、組織の拡大に貢献したい

知識量や業務領域が増えていくにつれて、会社の事業そのものを俯瞰できるようになったり、組織の課題に気付いて改善の機会をいただくことも増えています。
このように、会社からは営業時代も含め一貫して「成長のチャンスをもらっている」自覚があるので、いま任されている業務を極めるだけでなく、自ら学んで専門性を深め、今度は自分が組織の拡大と成長に貢献できたらと考えています。具体的には、行政書士や司法書士といった事業に活かせる法律系資格の勉強を始めている他、組織ビルディングや経営の勉強もしていきたいですね。 

ENTRY
_____
 
Copyright © TOKYO BIG HOUSE, Inc. All rights reserved.

TOKYO BIG HOUSE株式会社は、
ケイアイスター不動産株式会社(東証一部上場 3465)のグループ企業です。