このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
0120-931-670
受付時間 平日10:00~17:00

“ らしさ ” を活かした
オンリーワンの成長戦略を


中小企業を成長に導く
ブランドづくりをトータルプロデュース




戦略構築    ブランドデザイン    運用支援

顧客から選ばれる存在となり、イキイキと働く社員とともに事業成長を目指す
私たちシュンビンは、ブランディングによって
そのような “お客様の描く理想の姿” を実現させるのがミッション。

企業の発展を力強くサポートするビジネスパートナーです。



私たちの考えるブランディング

ブランディングとは、
他との違いを表現し “ 選ばれる仕組み ” を確立すること。


「こう思われたい」と企業側が定めた意図に沿って
強みを活かした独自の価値を構築し、デザインの力で表現。
お客様との絆を育み、商品や事業を市場へ深く根付かせます。

愛され続けるブランドは、
企業の長期的な発展を支える資産となるのです。

中小企業にこそ
オススメする2つの理由

「選択と集中」の基準が明確になる

事業価値の本質を追求するのがブランディング。

リソースに限りがあるのが中小企業。
目指す姿を実現するため、限られた経営資源を何に投下するのか、選択と集中が不可欠です。

ブランディングを通して、ビジョンや方向性を定めることで施策の判断基準・優先順位が明確
大切なことに経営資源を集中させて、事業発展を加速させます。

一体感を育み、組織のベクトルが揃う

ブランディングを機に、企業が掲げるビジョンや方向性が社内に浸透。

各部署からメンバーが集いプロジェクトチームを結成。
「こうありたい」という理想をもとに、具体的なブランド戦略を策定します。

プロジェクトを通して、方針や事業価値への理解が深まり、日々の仕事にやりがいや当事者意識を醸成
ブランドを軸に企業の価値観が共有された、自走するチームへと進化していきます。
ブランディングの一歩目は、企業として目指す “理想の姿” を共有すること。

ブランディングの先にある
「こうありたい」と事業者様の目指す姿に沿って
理想に一歩近づくブランディングを提案します。



ブランド構築の3ステップ

STEP 1
市場で選ばれる存在へ
自社・競合・顧客を分析し市場における価値を再定義。強みを活かす差別化戦略で独自のポジションを確立。
本質的な価値を訴求するブランドデザインを軸に世界観を構築し、ターゲット顧客を惹きつけます。
STEP 2
事業がググっと成長
市場浸透とともにクチコミやリピーターが増加。ブランドへの信頼・愛着が醸成されファンを形成。
市場での存在感が販路開拓や商品戦略等、ビジネス全体に好循環を生み、さらなる事業発展に繋がります。
STEP 3
社員がイキイキ
ブランディングの成果が社内に波及。
事業成長がやりがいを育み、主体的な発言・行動を促します。
経営者の掲げるビジョンや考え方が社内に浸透し、自走する組織・活気ある職場が創られます。
STEP 3
社員がイキイキ
ブランディングの成果が社内に波及。
事業成長がやりがいを育み、主体的な発言・行動を促します。
経営者の掲げるビジョンや考え方が社内に浸透し、自走する組織・活気ある職場が創られます。
お客様ごとに「今できること」からスタートさせるプランを提案

企業の抱える課題に寄り添い
理想の姿を共に目指すパートナーです


シュンビンのブランディング実績

ブランドの世界観で新たな価値を創造
縮小マーケットで需要を創出

国内市場が縮小し続けている日本酒業界。厳しい事業環境のもと「家業を次の世代に受継ぎたい」と選ばれた道は、新ブランドの確立。市場に眠る新たなニーズを発掘するため、業界の常識を破るコンセプトとブランドの世界観で、新しい価値を確立しました。

河武醸造株式会社 様|三重県|酒類の製造販売

「日本茶文化を後世へ紡ぐ」
ライフスタイルに沿ったブランド構築
急須でお茶をいれる機会が減ったことで、日本茶文化の衰退に危機感を抱いた都茶寮様。急須がなくとも本格的な日本茶をいれられる専用ティーバックを開発。働く女性をターゲットにオフィスで気軽に楽しめる日本茶ブランド「thé to thé(テトテ)」を企画しました。

都茶寮 様|京都府|抹茶総合商社
“らしさ”を伝える
ブランドデザインで訴求力UP
研究開発力を武器に次々に商品開発をすすめておられたルウ研究所様。「効能訴求だけでは、大手メーカーに敵わない」というお悩みを独自ブランドを立上げで解決。研究開発力を訴求し「ルウ研究所らしさ」を醸成。効能訴求から脱却し、独自の価値を確立するリブランディングを実施しました。

有限会社ルウ研究所 様|鳥取県|医薬部外品・化粧品等の開発、販売
ロングセラー商品の若返りを図る
リブランド・プロジェクト
30年愛されるロングセラー商品のリブランドの相談をいただきました。 顧客の若返りを図りたいが、既存のお客様も大切にしたい―。その悩みに応えるべくターゲットを再設定したブランドデザインを提案、新しい顧客層の獲得と売上アップに貢献しました。

株式会社スイセイ 様|東京都|健康食品の製造販売
ブランド独自の世界観で
レッドオーシャンで指名買いを促す
新規事業で経営基盤を固めたい、そんな想いで挑んだ初の物販事業。地元 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録にちなみ、はにわを模した素焼きの器でプリンを企画。化粧箱から出土したようなパッケージと「〇〇〇はに~。」と呟くSNSで人気の大阪新名物へ。

株式会社Pleasant Place 様|大阪府|飲食業

自社ブランドを確立し
卸中心の収益構造から脱却

市場で卸値が決定される事業環境を脱し、市場で選ばれる存在になるため直販に注力したい。良質なものづくりだけでは売れない時代。商品の良さや特長も含めたブランドをどのように形づくり、どう認知してもらうかーー。地域に深く根差したブランドの確立にむけて、直売所を起点にしたブランドづくりをトータルプロデュース。

有限会社みずほファーム 様|京都府|養鶏業

“らしさ”を伝える
ブランドデザインで訴求力UP
研究開発力を武器に次々に商品開発をすすめておられたルウ研究所様。「効能訴求だけでは、大手メーカーに敵わない」というお悩みを独自ブランドを立上げで解決。研究開発力を訴求し「ルウ研究所らしさ」を醸成。効能訴求から脱却し、独自の価値を確立するリブランディングを実施しました。

有限会社ルウ研究所 様|鳥取県|医薬部外品・化粧品等の開発、販売
創業以来、中小企業に特化してサービスを展開

強固な成長基盤づくりをお考えの経営者様
ぜひ、ご相談ください

シュンビンについて


戦略 × デザインのちからで
事業成長を支えるビジネスパートナーです

私たちが目指しているのは、見た目の美しさやトレンドを追いかけるデザインではありません。
お客様のパートナーとなり、お客様の事業を伸ばすこと


事業活動を通して培われた技術やノウハウ、想いに心を澄ませ
その価値をデザインの力で表現する、事業と人を繋ぐ存在でありたいと考えています。


企画から顧客体験までを網羅するサービスを展開し
必要な時に、必要な機能を提供。

企業の新しい挑戦を力強くサポートします

サービスの特長

クライアントと二人三脚で創る
ブランド戦略


私たちが目指すブランディングは、
長期的な成長基盤の構築と事業活動の指針確立。

シュンビンのブランディングは、ビジョンや方向性を共有することからはじめます。
両社のメンバーで結成するプロジェクトチームで環境分析を行い、強みの再構築・市場機会の発見を経て、共にブランド戦略を構築。

事業活動への当事者意識を醸成、企業発展を担う次世代リーダーを育てます。

消費者が起点の
ブランドマネジメント


市場に直結したブランド戦略で
独自のポジションを確立、事業成長に貢献。

消費者を起点に設計されたブランド戦略とは、

ターゲット顧客に「こう思われたい」と描いた通りのイメージを浸透させること。
ブランド通して発信されるメッセージが商品とお客様の架け橋となり、ブルーオーシャンを築きます。

戦略構築~顧客体験を網羅した
ワンストップ・サービス


ブランディングの成功に必要不可欠なのは
戦略とデザインの一貫性


シュンビンでは、選任のデザイナーがプロジェクトにイチから参加し、戦略を深く理解したうえでブランドデザインを担当。
ブランド戦略に沿って、商品が消費者の手に届くまでのコミュニケーション・顧客体験を設計、ブランドストーリーを体現します。
経営戦略・マーケティング戦略に基づいた「ブランド戦略」を構築

プロジェクトの牽引役となり
ブランドが根付くまでをトータルプロデュース


カウンセリングからはじめる
ブランディングの一歩

こんなお悩み相談ください

  • 「ブランディング」の定義が曖昧で、効果を確信できずにいます。
  • 自社でどのように展開していくのか、イメージが描けません。
  • 長期的な指針がハッキリせず、判断に迷う
  • 外部のコンサルに任せるのは、正直不安。
  • 自社でどのように展開していくのか、イメージが描けません。
まだ構想段階だから、身近な人には相談しにくい・・・。
すべては会社や社員を大切に想うからこそ。

私たちは、そんな経営者様をサポートします。

お問い合わせはこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0120-931-670
050ではじまる電話は、 075-611-0188
受付時間 10:00〜17:00(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームに情報をご入力ください

ご相談者様の声

考えを整理できました

ブランディングの必要性を漠然と感じていたものの、なぜ必要なのか、どうなりたいのか、具体化され、考えを整理することができました。

指針となる考え方が得られました

消費者視点からのブランド戦略と一貫性のある接点構築・顧客体験の設計が、ブランディングを進めるうえで重要だと気づきました。

自社での展開イメージが描けました

課題や目的によってアプローチ方法が違うことを自社に近い具体例をもとにお話しいただけ、導入イメージがクリアに描けました。

長期的な発展に必要だと確信しました

今後の事業成長を考えるうえで、事業価値の本質を見極め、それを体現するブランドづくりが必要だと確信できました。

指針となる考え方が得られました

消費者視点からのブランド戦略と一貫性のある接点構築・顧客体験の設計が、ブランディングを進めるうえで重要だと気づきました。
数々のブランディング実績をもつプロデューサーが親身にお伺いします
ぜひ、御社の夢・構想をお聞かせください

実現に向けて一歩踏み出しましょう

今後の流れ

Step.1
問い合わせフォーム入力

相談フォームより、ご相談内容をお知らせください。
Step.2
弊社スタッフよりご連絡

ご相談内容についてお伺いさせていただきます。
現状の課題や構想に沿って、カウンセリング日程・形式、今後の流れを個別にご案内します。
Step.3
カウンセリング(無料)

「こうありたい」という理想や現状の課題など、御社の構想をお聞かせください。
カウンセリングを通して、御社にぴったりの解決策をみつけましょう。
Step.4
ご提案・お見積り
カウンセリングで伺った情報をもとに、御社へのサポートプランをご提案します。
事業成長にどんなブランド戦略が必要なのか
どのような協力先がベストなのか、ご検討ください

企業の未来に大きな影響をもたらす、ブランディング。
迷いなくご判断いただけるよう、ご検討期間も真摯にサポートします。

ご契約

プロジェクトメンバーの選定し、チームを結成。
御社の目指す姿・ビジョンを共有し、プロジェクトをスタートします。
最短2~3ヶ月
未来を担う商品が市場へ

本当のブランディングはここからです。
市場の反応をみながら、ブランドが浸透し、御社の成長基盤となるまで共に育てます。
Step.2
弊社スタッフよりご連絡

ご相談内容についてお伺いさせていただきます。
現状の課題や構想に沿って、カウンセリング日程・形式、今後の流れを個別にご案内します。

お問い合わせフォーム

以下、必要事項を入力のうえ送信をお願いします。
弊社担当者からご連絡させていただきます。

※同業者の方、営業目的のご相談はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

Shunbin(ロゴ挿入)

社名
事業内容

新規事業戦略コンサル
ブランド戦略コンサル CI・VI
パッケージデザイン・制作 Web制作・運用支援 
空間・建築デザイン 古民家再生 イベント企画

電話番号
075-611-0188
住所
京都本社
京都市伏見区横大路下三栖東の口町1-3
代表
津村 元英
設立
1947年
設立
1947年