なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

施工管理技士になるには必要なことをチェックしておこう

これから施工管理技士になりたいと考えているなら、施工管理技士になるにはどのようなことが必要なのか確認しておきましょう。国家資格で受験資格も細かく決められているため、試験を受けられるように進めていかなければなりません。できるだけ早く施工管理技士になる道をチェックしてみましょう。

施工管理技士とは

・現場を管理する仕事

施工管理技士は、建築現場を総合的に管理する仕事です。工程管理、安全管理、品質管理も行う必要があります。大きな現場になってくれば多くの人が関わり、工程も多くなるので、施工管理技士の仕事は欠かすことができません。スムーズに作業を進めていき、安全で質の高い仕事をするために必要な人材です。

・国家資格を取得する必要がある

いきなり施工管理技士になれるわけではなく、国家資格を取得して始めてなることができます。施工管理技士にも種類があるので、それぞれ条件を満たさなければなりません。施工管理技士では、土木、建築、管工事、電気工事、造園などの分野で求められています。現場で管理技術者として働くには、1級を取得する必要があるでしょう。

・現場でのスキルアップに必要

現場で専任技術者として働くためには、1級または2級の施工管理技士の資格が重要となってきます。そのため、建築業界で出世したいと考えているなら、資格取得が早道でしょう。資格を取得しておけば転職にも有利となるので、スキルアップのために資格取得を目指す方も多いです。

施工管理技士の試験内容

・基準点以上の獲得が必要

施工管理技士の試験は、基準点以上を取得すれば必ず合格できます。そのためには勉強も必要となってきますが、基準点がわかっていれば勉強もしやすいでしょう。一般的に施工管理技士の合格ラインは、60%の正解率だといわれています。このレベルの知識を得られるよう、勉強を進めていきましょう。

・試験はマークシート式

施工管理技士の学科試験は、全問がマークシートです。4択のマークシート式となっているので、ある程度の知識を習得していれば答えられるはずです。正確な答えを知っている必要はなく、幅広く知識を得ている必要があります。4択の中には必ず正解があるので、受験者も選びやすいでしょう。

・実務試験に実技がない

学科試験を合格すると二次試験として実務試験に進みます。実務試験には実技はないので、比較的進めやすいと感じるでしょう。実技とは実際に作業することですが、実技がなく紙の上で試験をする方法です。さらに応用しながら回答する内容だと考えておきましょう。

試験の申込方法について

・施工管理技士の主催

施工管理技士の試験を主催しているのは、建築機械施工技士、土木施工管理技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士では、それぞれ異なります。管轄となる団体を確認してから、受験内容を確認しておきましょう。各ホームページでも試験内容の詳細が公開されています。

・試験の申込方法

主催している団体がわかったら、それぞれのホームページで申し込み方法を確認してください。インターネットでそのまま申し込めるものもあれば、郵送での申し込みが必要な場合もあります。受験料の支払いは、クレジットカードや銀行振り込みなどが利用可能です。申込書の提出と、受験料の支払いで申し込みが完了します。

・受験場所

施工管理技士は、主要都市のみの受験だけのことも少なくありません。主要都市に住んでいる方なら問題はないと思いますが、地方に住んでいる方は会場までの交通費なども確認しておきましょう。受験時間に間に合わないようなことがないよう、時間に余裕を持って移動してください。

施工管理技士の勉強方法

・独学

書店にある参考書や過去問などを利用しながら、自分で勉強することができます。参考書を読んで理解したら、過去問で実際に解いていきましょう。一定の正解率が出るようになれば、安心して受験に挑むことができます。

・通信講座

通信講座でも多数の受験対策内容があります。独学で勉強する方法がわかりにくい方は、テキストと問題集がセットになった通信教育がいいでしょう。添削サービスも付いているので、どの部分が苦手なのか客観的にわかりやすくなります。

・講習会

会社によっては施工管理技士の資格取得に力を入れているところもあります。講習会を実施している会社なら、自分で勉強した部分を見なおすことができるでしょう。的確なアドバイスを専門家からしてもらうことができるので、時間の短縮にもなります。

施工管理技士になるための疑問

・女性でもなることができるのか?

施工管理技士は試験を受けるための条件はありますが、年齢や性別を限定しているわけではありません。試験を受けるための実務経験が必要なので、40歳以上の方が多いです。女性でも実務経験があるなら試験にチャレンジできます。

・給料アップになるのか?

資格を取得すれば、確実にキャリアアップになります。施工管理技士は現場で求められている人材で、人材も少ないことから、給料アップは見込めるでしょう。

・派遣でも働けるのか?

施工管理技士になった人の中には、特定の現場にこだわらず、派遣で多くの現場で働く人もいます。多くの経験を得たいと考えているなら、派遣という働き方もありです。

施工管理技士になるには、下記のリンクでも確認できます。

施工管理技士になるには、こちらから

まとめ

建築現場でもっとキャリアを積みたいと考えているなら、施工管理技士の資格取得を目指してみましょう。実務経験を得ていることが受験を受けられる条件のため、詳しく確認しておいてください。現在は人材が減ってきているので、現場でも求められている資格です。