なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

精子提供ボランティア・精子バンクつばさ@関東

関東を中心に2021年より精子提供のボランティアをしております。男性不妊、女性同士のカップル、シングルマザー希望等の理由により第三者からの精子提供で妊娠を希望する方に協力します。
[更新情報]
8月17日 toiro.job様のホームページとインタービューを載せました。
8月15日 ホームページを作成しました。

「子供が欲しい」という思いに寄り添います。

無精子症による男性不妊や女性同士のカップル、シングルマザー希望等の理由により精子が必要な方に、ボランティアで精子提供いたします。

対応エリアは関東地方3県を中心に原則日帰りで移動できる範囲としています。
◎詳細エリア
東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、栃木、群馬あるいは名古屋の新幹線停車駅周辺など
精子提供は無償とし、交通費、滞在費等の実費のみご負担いただきます。まずはメールフォームからお問合せください。

提供ドナー

プロフィール

・ニックネーム:つばさ
・年齢:20代
・身体:172cm/体重65kg
・外見的特徴:一重、癖毛、その他はお問い合わせください。
・血液型:o型

居住地:東京近辺
職種:大学院生
提供しやすい時間帯:土日、祝日、夕方以降
学歴:国公立大学院在学

酒:ほとんど飲まない
タバコ:吸わない
アレルギー:なし
持病:なし
遺伝性疾患:父母、兄弟知る限りなし

ポリシー

提供条件

無償提供・実費負担
必要医療費負担:不可
妊娠出産費用援助:不可
認知:不可
親権:永久に放棄
養育費負担:不可住所氏名の公開:不可

◎お断りするケース
経済的に子の養育ができない恐れがある
育児放棄や虐待の恐れがある
家族やシッター等のサポートを受けられる環境がない
最低限の意思疎通ができない

近親婚対策

同じドナーで産まれた子供同士が成長して出会い、きょうだいと知らずに結婚することとなった場合、2人の子供は障害を持って産まれる恐れがあります。この近親婚を避けるため、次の対策をとります。

① AIDドナーの提供人数制限:10人

②生年月日、出生地、性別、出生体重などを管理し、子供の家族同士で共有してリスク回避を図る。

子の出自を知る権利

子供が生物学的な親を知る権利を尊重したいと考えています。
住所氏名等の公開を除いて、遺伝子検査情報の提供や面会交流など要望があればお応えします。
どこまで子供に関与するかは個別に協議させていただきます。

提供方法

年齢や方針に合わせて最適な方法を選択ください。

(1)シリンジ法

針のない注射器(シリンジ)で精液を膣内に注入し妊娠を目指す方法です。

◎手順
(1)個室等で採精カップに精液を採取
(2)採精カップの手渡し
(3)女性ご自身またはパートナーがシリンジで精液を注入
(4)腰を高い状態にして15分以上安静にする
(5)連続処置可能であれば手順(1)~(4)を繰り返す

◎主な費用
シリンジキット代(提供希望者側で用意する場合は不要)採精場所の利用料(ネットカフェ、ビデオ鑑賞室など。衛生面からトイレは極力避けたいです)

◎特徴
安価、簡易、短時間で実施でき、時間や場所の自由度が高いドナーとの性的接触が生じない
正しく処置すればタイミング法と同等の妊娠確率となる
人工授精とは異なり子宮に直接精液注入するものではない
精液が空気、光に触れることにより精子の生存率が下がる精液の温度管理、遮光対策を要する

(2) タイミング法

卵胞チェック、基礎体温法、排卵検査薬などで排卵タイミングを予測し、ドナーとの性行為により妊娠を目指す方法です。クリニックでタイミング指導を受けることをおすすめします。

◎ドナーの考え方
基本的にドナーからタイミング法を勧めることはありません着衣で行ったり、必要最低限の接触にしたりなど、具体的方法はご希望に応じます
◎主な費用
提供希望者の性感染症検査費ホテル代立地によってはレンタカー代
◎特徴
ヒトとして自然な方法である精液が外部に触れないため精子の生存率が高い
妊娠に役立つ膣分泌液の効果が期待できる
ドナーと性的接触が生じる
女性も事前の性感染症検査が必要時間、場所の制約が多く、コストが大きい

※提供者によっては無理にタイミング法を勧める方もいるそうです。提供希望者様が望まない限り、タイミング法を無理に勧めることはないのでご安心ください。

(3) 人工受精/対外受精

クリニックで受精を行う方法です。ドナーの生活パターンの都合上、クリニックの診療時間内に時間を割くことが難しいため、早朝に採精カップを手渡しするか、提供日を最低2週間前に設定するなどでしたら対応可能です。
クリニック紹介や、パートナー役を演じての通院付添はできませんが、匿名性が確保できる範囲で可能な限りの協力をします。クリニックとの交渉の仕方なども一緒に考えます。

(1)人工授精:洗浄、調整した精液を子宮に注入して自然妊娠を目指す方法です。費用:数万円/回
(2)体外受精:採取した卵子に精液をふりかけ受精させ、受精胚を子宮に戻し妊娠を目指す方法です。費用:数十万円/回
(3)顕微授精:採取した卵子に良好な精子1匹を直接注入して授精させ、受精胚を子宮に戻し妊娠を目指す方法です。費用:数十万円/回

自然妊娠の可能性が低い方は体外受精・顕微授精を早期に検討ください。

◎主な費用  クリニック受診料

◎特徴
受精率が高い。【確率】大 顕微授精>体外受精>>人工授精 
小ドナーとの性的接触が生じない精液凍結をすれば提供日を排卵日周辺に合わせなくていい
一度の提供で複数回分の精液を確保できる
提供場所、時間が非常に限定的保険適用外のためコストが最も大きい
クリニックによっては非婚カップルや独身女性は実施できない

オプション

お望みによって以下のようなお手伝いをすることができます。

(1) 連続でのご提供
以前、WHOの指針では精子提供は数日の禁欲期間があった方がいいと言われていました。
しかし、近年の研究では、30〜40分や2時間ぐらいでの短い禁欲期間での精子であっても、十分に有効であることが示されています。ある論文では、2時間おきに4回精子を採取した場合に、4回目であっても十分に受精可能な質の精子が得られることを報告しています。
お時間に余裕が有れば1日に複数回のご提供も可能です。

(2)男女の産み分け
男女の産み分けは100%可能ではありませんが、ゼリーを用いたりといったいくつかエビデンスがある方法が提案されています。
ご希望であれば、出来る限り協力させて頂きます。

(3)精子の採取の手伝い
FtoMの女性などで、ご自身が妊娠のプロセスに関わりたいと望まれる方がいらっしゃいます。
そうした場合は、精子の採取に立ち会っていただいたり、手伝っていただくことも可能です。

上記以外にもご希望が有れば、出来る限り答えさせて頂きます。

提供の流れ

(1)メールでのやりとり


まず提供への入口としてメールでやり取りします。精子提供を受けたい理由、ご希望の提供方法、場所、提供者の詳細プロフィールなど気になる点はとことんメールで解決します。提供に当たっての交通費等の実費の概算もここで行います。

(2)面談

対面で面談を行います。堅苦しくなく気軽にお話して提供者の人となりを感じていただければと思います。パートナーの同席可能です。ドナーの学歴の証明や各種検査結果通知書の提示も面談にていたします。もちろん面談後、提供を中止しても結構です。面談と提供を同日にすることも可能です。

(3)提供日程の調整

メールで提供タイミングの調整を行います。排卵予測のズレも生じるかと思うので、急な要望でもできるだけ都合つけるよう努力します。1周期に複数回提供も可能です。

(4)精子提供

希望の提供方法で実際の提供を行います。シリンジ法または人工/体外受精の場合、採精カップの手渡し等の方法で提供します。タイミング法の場合、ホテル等で提供を行います。

費用

提供は無償。実費負担あり。

提供に対する謝礼は不要です。
ただし、提供にかかる実費は提供希望者にご負担いただきます。
◎主な費用
・交通費
・滞在費(面談・採精場所の利用料、ホテル代など)
・用具費(シリンジ、採精カップなど)

Q&A

Q.1 精子提供を始めようと思ったきっかけはなんですか。

精子提供については、本を読んだり、ドキュメンタリー番組を見て以前から知っていました。
そうした中で、病院での精子提供は高額であることやレズビアンカップル、FtoMのカップルの精子提供には法的な整備がないことを知りました。
また、インターネット上での精子提供の方は、ある程度高齢な方(30代〜40代以上)の方が多い一方で若い提供者は極端に少ない状況です。高齢の精子の場合はさまざまな遺伝疾患などのリスクもあることから、自分が力になれるのではないかと思いました。
また、自分は学生であることから時間的な融通も効くことから提供を受ける方にもメリットがあると思いました。


Q.2 精液検査/性病検査は受けていますか? 

精液検査は、自然妊娠に問題ないとの所見です。性病検査は直近の検査ですべて陰性です。新たな性的接触があるごとに性病検査をいたします。


Q.3 産まれた子供を認知しますか?また、親権を要求しますか?

認知はいたしません。親権は永久に放棄します。また、妊娠中及び出産にかかるあらゆる経費及び養育費の負担は一切いたしません。ドナーの老後の扶養や介護の要求もいたしません。育児には関与しません。子の出自を知る権利については尊重する考えですが、具体的な方針は個別に協議させていただきます。


Q.4 住んでいる地域はどこですか?
東京、もしくは近隣の県に住んでいます。


Q.5 どんな容姿ですか?
身長や体重は平均的です。目は一重で、髪は癖毛です。その他詳細は申込みやお問い合わせいただいた方にのみお答えしております。


Q.6 1周期に複数回提供可能ですか?
可能です。


Q.7 1人目が産まれた後、2人目、3人目の提供も可能ですか?
可能です。 


Q.8 zoom等でオンライン面談は可能ですか?
原則対面で、面談はお願いしております。しかし、コロナ禍を考慮してオンラインでのビデオ通話による面談にも対応することとしました。個別にご相談させてください。

申し込み/お問い合わせ

相談だけでもOKです。

メールアドレス:stallion_tsubasa@yahoo.co.jpへ直接メールいただいても結構です。
またはインスタグラム、Twitter、Skype等のチャット機能でもやりとり可能です。
メール受信後、原則24時間以内に返信いたします。「@yahoo.co.jp」が受信可能になるよう設定お願いいたします。

メールアドレスに直接メールいただく場合、本文に可能な範囲で次の事項を記載願います。
ニックネーム主にやりとりする方の立場(提供を受ける本人、パートナーなど)
提供を受ける方の年齢提供希望エリア(東京、千葉、埼玉、茨城、その他)
希望する提供方法(シリンジ法/タイミング法/人工授精/体外受精)
提供希望する理由(男性不妊/LGBTQA/シングルマザー希望等)

お世話になっている方

toiro.job(代表:木島瑞歩様)

LGBTQの就職・転職支援サービス「toiro」

▼toiroサイト
https://www.toiro-job.com/

▼インタビュー
https://haredas.jp/toiro_mizuho_kizima_210813/