年収3億円女子大生メンターの教え


ー プロローグ ー

今日も外回りの営業か…
行きたくないなぁ…

仕事してるふりして
どうやってサボろうかな。

いつか宝くじ当てて、
早くこんな会社辞めるんだ。

毎日そんなことを考えていました。

朝早くに朝礼に出て、
営業会議を終えると
ホワイトボードにウソの訪問先を書いて

「行ってきまーす。」

車通りが少ない木陰に車を止めて、
数時間営業のノウハウ本や
自己啓発本を読む。

努力しないでうまく行く方法がないか、
そんな魔法をいつも望んでいる
ダメ人間。

自分はできるやつだと信じていながらも、
なかなか行動が続かない。

本を読んでなんとなく
モチベーションが上がって
よし、仕事をするぞ!と思っても
その気持ちは一瞬だけ。

すぐにまたどうやってさぼろうかな?

そんな毎日を繰り返していたある休日、
大学時代のOBが集まる機会があった。
青山のオシャレな
レストランバーで、久しぶりの面々。

懐かしい話と共に、
お互いの仕事の話で盛り上がる。

先月の給料これだけなんだぜ?
やってらんねーよな。
おまえんとこは休みが多くていいよなー
オレも転職しようかなー。

そんなくだらない会話が飛び交う中、
ふと窓の方に目をやると、
一人の可愛い女の子が
ちょうどナンパされている瞬間だった。

こんな子とやれたらいいのにな…

そんな下衆なことを考えていると、
声をかけていた男があっさりスルーされ、
彼女が一人になった。
これはチャンスかもしれない!

と声をかけると、
意外にも彼女はニコニコと
楽しそうに話してくれる。

日々のキャバクラ通いも
無駄じゃなかったな、
自分の会話もなかなか
イケてるんじゃないの?

そんなことを思いながら
彼女のことを観察すると、

キラキラした大きな目、
モデルさんのような小さな顔に
男を惹きつけるスタイルに、
すいこまれるような笑顔。

それだけじゃなくて、
どことなく気品もある…

どうも普通の人とは違う
オーラがあるなぁ

彼女によく思われたくて、
自分は将来、起業して、
大きな人間になりたいんだと
ミエを張った。

すると、彼女がふと、
私に向かってこう聞いてきた。



へー、すごいじゃん。

なんで
今すぐしないの?

いつするの?

いつ、やりたいから、
やるに変えるの?

何が原因で今は
そうなってないの?

うっ。

答えに詰まっていると、彼女は続ける。


どうしようもないね、
あなた。


そんな風に
ウソついてばっかりで、

毎日楽しい?
  ビクンとした。

身体中が熱くなって
ムカッとする気持ちと共に
自分の中にある本質に触れられた気がして、
心臓のドキドキが止まらなかった。

悔しかったから、
思いっきり見栄を張って、
自分はすごいんだということを見せたい。

だけど、どんな嘘をついても
彼女には見透かされる。

そんな気がしてやめたんだ。

自分の弱さを見せるのは
とても嫌だったけど、
思い切ってプライドを捨ててみた。

ウソつこうかと思ったけど、
正直に言います。

じつは、君の言うとおり。

本当は自分はどうしようもないやつで、
よくなりたいって思うんだけど、
どうしたらいいか分からないんだ。

君はなんだか他の人と
違って見えるけど、
普段は何をしている人なの?


話を聞くと彼女は
元々モデルをやりながら
銀座の高級クラブで
働いていることが分かった。

クラブに来る大物たちとつながって
その人たちからいろんな人生勉強をして、
ビジネスを立ち上げたり、 投資を覚えて
22 の若さで 7~8 億円の資産を作ったこと。

その資産を 1 円残らず
貧しい国に寄付をしたこと。
(後日その証拠の新聞記事も見せてくれた)

彼女の話のすべてが自分とはケタが違う、
今までに出会ったことのない人種に、
あまりのすごさに、圧倒された。

素直にこの子と関わりたい…

成功の秘訣を教えてもらって
自分の人生を変えたい…

そう思って、勇気を振り絞って切り出した。
自分がこれから
何をすればいいか、
良かったらアドバイスを
くれないかな?

っていうか、

で、
弟子にしてくれませんか?

悔しいけど、年下に向かって敬語を使った。

「いいわよ」

あっさりすぎる答えに戸惑いながら
何も言えずにいると、
彼女は続けてこう言った。

「じゃあ、とりあえず 50 万円ね」

は?金取るのかよ…
本でも、セミナーでもなく、
商品を買うわけでもない。

ただの人にそれだけの
お金を払ったことは、
今まで一度もない。

答えに詰まっていると・・・
「はい、ざんねーーん」 と、
彼女は真顔で言いはなつ。
あなたの今までの人生は、
 すべて今までの選択の結果によって
決められてるし、決断が
人生の
良し悪しを決めている。
 
でも、あなたは
その判断力、決断力、両方を
ここぞという時に使えなかった。

 それがあなたの
今の現実をつくってるのよ。
 
普通なら、
一度逃したチャンスは
 二度と戻ってこないわ。

 だけど、あなた、
自分の弱さと向き合ったから
もう一度だけチャンスをあげる。
 
私に100 万円払うことで
 あなたに成功のチャンスが巡ってきます。
 
 さあどうする?


お、おい!!
金額上がってるぞ!

でも、迷ってる暇はないし…

「お願いします!!」
「はい、合格ー」

彼女は子供っぽく笑いながら
50 万円という金額は本気よ。

でもここで覚えておいてほしいのは、
ちょっとの決断が遅れるだけで
あなたはものすごいチャンスと
利益を逃すことがあるっていうこと。

成功しなきゃ50 万円の無駄遣い。

だけど、これまでキャバクラに
払ってきた お金よりも
何百倍も有意義なはずだ。

そう自分に言い聞かせて
気持ちを落ち着かせた。

あとから聞いた話だけど。

大きな金額を払うことは、
それだけ自分に対しての
コミットメントができ、
行動する力が増すからだったから。

その時は気づかなかったけど、
今考えても、あれ以上に
リターンの大きかった投資はない。

その後も何十万円もするセミナーにも
教材を購入したりもしたけれど、
彼女の授業ほど本質をついていて
結果が出るものはなかった。

彼女はさらに、
弟子入りの条件として、
以下の3つを挙げた。

●すべてを素直に受け入れ、すぐに実践すること

●授業、行動のすべてを記録して、次の時代を担う人に伝えること

●すべての責任が自分にあると思うこと



この 3 つを言い渡され、
絶対に守ることを条件に
半年間の修行が始まった・・・

【第1章】心のブレーキをはずす魔法

毎週火曜日の朝 8:00

都内のある高級ホテルのラウンジ。
それが彼女と会う日程と場所になった。

休みの日の朝早く。

しかも、住んでいるのが水戸だから、
そのホテルまで行くのには
6 時の電車に乗る。

これだけでも、今までの人生から
考えたら ありえないことだった。

都内屈指のホテルのラウンジには
朝早くからビジネスマンが行き交っている。

そこにいるだけで、
なんだか高級な人間になったような
そんな錯覚に陥った。

挨拶と雑談もそこそこに、
とつぜん彼女が切り出した。

行動したい時に、行動できない、
続かないことってあるじゃない?

その原因ってなんだかわかる?
モチベーションかしら?
本当にやりたいことが見つからないから?

行動して失敗するのが怖いから、
かな…

彼女は私の答えを無視して
次の質問をしてきた。

じゃあ、世の中のほとんどの人が
お金持ちになれなかったり、
夢を叶えられないのは何が原因だと思う?

人間関係とかパートナーシップが
うまくいかない人も多いじゃない。

その原因はわかる? 

立て続けに質問されて、
頭は真っ白。

じつは、今までの質問の答えの根本は、
多くの場合「あることが原因」なの。

それはね…
あ、その話の前に…

と、 そこまで話して
彼女は話題を変えた。

じゃあ、人生を変える
大きな力って何だと思う? …

これは覚えてるぞ!
け、決断の力?

「はい、当たりー。」

ほとんどの人間は、決断するには
材料が必要だと思ってるの。

お金さえあればできるのに、とか。
時間さえあればできるのに、とか。
人脈さえあればできるのに、とか。
自信があれば…とかね。

でもね、ほとんどの場合それは逆。

じつは決断が先なのよ。

決断をするからお金が集まる。
決断をするから時間を作るようになる。
決断をするから応援者が現れる。

そういうことなの。

例えば、あなたは私から
成功するための ノウハウとか
考え方を学ぼうって決断したよね?

そしたら、何が起きた?

決断したから私と今ここにいるの。

もちろん、すべてが決断通りに
行くとは限らない。

だけど、決断からすべてが
始まっているのは確かよね?

東大を出ていたり、
東大に入っている人は
なんで東大に入れたの?

東大に入ろうってどこかで決断したからよ。

ディズニーランドに行った人は、
どうしてディズニーランドに行けたのかしら?

それはね、「行く」って
決断したからに他ならないのよ。

あなたが今の会社で働いているのも、
どこかで、会社に入ろうって
決断して選択したから。

じゃあ、成功して豊かになっている人は?

どこかでそうなろうって、決断したから。

とっても単純でカンタンなことだけど、
これに気づいていない人が多すぎるの。

本当誰だって毎日毎日
決断を繰り返しているのにね。
じゃあ、なんで
お金持ちになろうって
そういうことに関しては
みんな
なかなか決断できない
んだと思う?
お金持ちになる人って
どういう人が多いのかな?

なんであなたは中途半端な人間なの?

ーーくそう。一言多いんだよ。
それが分かってりゃ
今ごろこんなレッスン受けてないし。ーー

わ、分からないデス・・

いいわ、じゃあ今日は初めてだし、
お互いの身の上話しでもしよっか。

ーあれ?質問の答えは?ー

うちの思惑を無視して彼女は話し始めた。
私の家族は両親とお姉ちゃん。

私の両親は私が赤ちゃんの頃
大きな交通事故に巻き込まれて
死んだみたい。

お姉ちゃんは実の子で、私は養子なの。

小さい頃から、私のことを
もらってくれた両親は
お姉ちゃん以上に
私のことを可愛がってくれた。

それはもしかしたら、
いつか私が本当の子供じゃないことを
気にするんじゃないかと
気を遣ってくれたからかもしれない。

でも、一番すごかったのは
両親はいつでも私たちに向かって

「あなたたちには無限の可能性がある。
どんな時でも できると信じて
思いっきり行動しなさい。大丈夫だから」

って言い続けてくれたことかな。

本当にいくら感謝してもしきれないわ。

私は、今の両親にこれから先も
ずっと幸せで いて欲しいから、
自分が心から幸せでいられるように
たくさん努力してきたんだ。

こいけんは家族とは仲いい?

そう聞かれて、
久しぶりに家族のことを考えた。

そして、あまり人に
話したことのない話をした。

じつは、母親とは
中学の時から仲が悪いんだ。

最近はほとんど口をいないこともないし、
2年も実家には帰っていない。

反抗期という訳じゃないけど、
深く話すこともまったくない関係だった。

小さい頃、悪いことをして
怒られる時はいつも決まって母親だった。

おとんは 7 年前に亡くなってる。

けっこう固い仕事だったのに関わらず
自由人だし社交的で友達も多かった。

家の食卓でもいつふざけて
くだらないダジャレばかり。

尊敬はしていたけど、これまた
あまり深い話をしたことはなかった。

妹は、自分やおとんと違って
外に出たがらない。

いつもテレビを見ていて
どちらかというと内向的だ。

そんな妹を見ていると
イライラする時もあった。
そんなことを伝えると、彼女は
「ふーん、幸せな家庭だね」、
と笑って言った。

幸せ?

あんまり家族が一丸となっている
状態を経験したことがなかったから、
そんな風には考えられなかった。

でも、それがどうかしたのさ?

早く、もっと成功するための
すごい方法とかを教えて欲しいんだけど…

彼女はそんな私の思惑を
無視してこう言った。

じゃあ、あなたに一つ課題を出します。

確かこいけん、
もうすぐ誕生日だったよね?

うん。

じゃあ、次に会う時までに
誕生日があるから、
誕生日に自分の母親に直接会って、
「今までごめんなさい」と
「産んでくれてありがとう」を言ってきて。
は!? え!?

なんだよその課題!

そんなことよりも、
早くお金持ちになる方法とか、
ビジネスを立ち上げるノウハウを
勉強しにきてるんだぞ?

ていうか、
おかんにそんなこと
言えるわけないじゃん・・

そう言おうとしたけど、
彼女への弟子入りのルール 1

【どんなことでも
素直に受け入れて実践する
 】

っていうのを思い出してぐっと我慢した。

はい、分かりました…

じゃあ、次回は
再来週の火曜日、またここで。

今日あなたにした質問に
答えも考えておいてね。

必ず、なにがあっても実践すること。

そういって、彼女は「ごちそうさま」、
と言って伝票を置いて去っていった。

こら、金払ってけよ… 


【第一の課題】

親に会って今までの
ありがとうを伝える
そうして、自分の誕生日を迎えた。
その日は朝から雨だった。

会社から一日休みをもらい、
実家のある京都に来た。

久しぶりだ。

大学で一人暮らしを始め、
会社に入り、
そこでもずっと一人暮らし。

実家に帰るのは久しぶりだった。

昼過ぎ京都の駅についたが、
家に向かうのは足が重く、
「まずは腹ごしらえからだ」と、
自分に言い聞かせてカフェに入った。



今までごめんなさいと
産んでくれてありがとうか



もう、言ったことにして
帰っちゃおうかな。

こんなに仲が悪いのに、
そんなこと言えるか?

だいたい、そんなこと言わなくたって、
自分はどんなことでもするし、
できる男なんだ。

そんな風に言い訳ばかりが
頭に浮かぶ。

思い腰をあげて夕方前、
ついに実家へ向かった。

懐かしい場所。

ここは元々は大好きだった
おばあちゃんの家。

毎年新幹線でおばあちゃんの家に
行くのが楽しみだった。

なのに、今はここに来るのが
こんなに足が重いとは。

思い切ってチャイムを鳴らす。

出かけてていませんように…

ここまで来てまだ決心がつかない。

がちゃっとドアが開いて
おかんが顔を出す。

「あら、どうしたの?
今日は誕生日なのに、京都に仕事?」

そんなわけないじゃん
と思いながら家にあがる。

普段あまり会っていないからか、
思ったよりも長く話すことができた。

仕事の調子はどう?
結婚するような相手はいるの?
自分は最近こんなことをしているとか。
おばあちゃんは施設に入ってるけど、
とりあえず元気だとか。

久しぶりにおかんと
こんな話をした気がする。

でも、ふときづくと気まずい沈黙。

時計をみるともう19時だった。

20時過ぎの新幹線に乗らないと
水戸には帰れない。

もう、いい加減言うしかない。

一生で一番勇気を振り絞った
時だったかもしれない。
  お、おかん、
本当に今までごめん。

冷たくしたし、
ひどいことも
たくさん言って。







う、産んでくれて
ありがとう。



この家に生まれて
本当に良かった。

おかんの子供で
本当に良かったよ。

あ、ありがとう。






なかなか言葉にならなかったけど、
言葉にするうちになぜだか涙が溢れてきた。

泣くつもりなんて全くなかったし、
適当に言うだけ言ってすぐに
逃げようと思ってた。

だけど、いつのまにか、
おかんも泣いてる…

びっくりするくらい涙が出た。

でも、それと同時になんだか
心が軽くなったんだ。

おかんも、しきりに
「ありがとう」と繰り返した。
結局、新幹線には間に合わず、
夜行バスで帰った。

家の外に出ると、何時の間にか
雨もあがって 綺麗な星が見えた。

それから先、世界の景色が
明るくなったきがして、
すべてのことに感謝が
できるようになったんだ。

もう、自分のやりたいことを
我慢するのはやめよう。

自分が思った通りに、幸せになろう。

もっともっと自由になって
豊かになって、
親に本当の恩返しをしよう。

純粋にそう思うことができた。

ここから、壮絶な修行と、
起業への長い道のりが始まったんです。

長いのでつづきは
ここに書いておきますね。