心を静かに、
音読タイム。

~高校入試古文~

さあ、古文をインストールしましょう、考えるよりも声に出して、出して、出して。やがて、みなさんの脳をジワジワと古文が浸してゆきます。みなさんの脳のストレージ残量、∞GBの可能性を信じて、Let’s サブリミナル古文 everyday!

古文も音楽と同じです!

「私は」「私が」「私を」・・・「を」「が」「は」のような助詞の使い分けは、みんな意識せずとも自然にできているもの。

本来の言語学習とは、理詰めで考えるよりも、大量に言葉をシャワーのように浴び続けることで自然にできるもの。慣れないジャンルの音楽のノリに馴染んでいくように、古文もそのノリに慣れれば読むのは簡単になります。

本ページの動画を駆使して、文章を暗誦できるようにしてください。その積み重ねで、自然と古典文法や重要古語、そして、古文独特の言い回しが頭にしみついていくでしょう。

注意事項

①まず、各ページの解説動画を見て、赤ペン青ペンを使ってテキストに作業を行います

②音読動画を再生し、テキストを見ながら文章を音読します。

③音読は、文章を完全に覚えきるまで続けます2日に1回以上の頻度でできるとよいでしょう。

慣れてきたら動画と一緒に読まなくてもよいですが、意味の切れ目、音読のリズム、仮名遣いなどに慣れないうちは、必ず動画とともに音読してください。
動画一覧