高級料理包丁用砥石
高弟

美しく光り なめらかな切れ味を求めた先の
    感動を 全ての職人さんに伝えたい
商品詳細ページはこちら
高級料理包丁用砥石
高弟の特長
超微粒ダイヤモンド
誰もがご存知のようにダイヤモンドはあらゆる物質の中で最も硬く,摩擦係数が低く,熱伝導率が高い,極めて優れた砥粒材質です。さらに、超微粒ダイヤモンドが含有されております
研ぎ時間の短縮
 
一般的な砥石に比べ、驚くほどの切れ味を体感できます。


平面保持力

超微粒ダイヤモンドを採用しているため
通常の使用であれば砥石が簡単に減ることはありません。
あらゆる刃物にも
研ぐ刃物よって砥石の種類を使い分けなければいけない場合もあったかと思いますが、ダイヤモンド砥粒ではセラミックスの刃物でも研ぐことができます。
あらゆる刃物にも
研ぐ刃物よって砥石の種類を使い分けなければいけない場合もあったかと思いますが、ダイヤモンド砥粒ではセラミックスの刃物でも研ぐことができます。

美しく光り なめらかな切れ味を求め

ダイヤモンドは世の中のあらゆる物質の中で一番硬いと言われています。この”高弟”砥石はそのダイヤモンド砥粒の中でも超微粒ダイヤモンドを使用していますので、仕上がり面は非常に綺麗に仕上がります。また、従来人造砥石と比較すると約1/3~1/4の時間で研ぐことができ、切れ味、平面保持力、そして寿命の全てにおいて上回ります。


メーカーの㈱エフエスケー社は工業用砥石製造の有数メーカーであり、軸付砥石のシェアは国内トップ企業です。

高弟 極

最高級の仕上がりを追求した商品

全長200mm×横幅70mm×高さ20mm 砥石厚3mm

包丁以外の刃物にもご使用いただけます。

高弟 匠

お手頃な価格で汎用的な商品

全長180mm×横幅60mm×高さ20mm 砥石厚2mm

包丁以外の刃物にもご使用いただけます。

※写真は【極】の写真です。匠は木箱は付属されません。

豊富な粒度

#1000  荒仕上げ用・・・極 匠
#3000  中仕上げ用・・・極 匠

#5000  仕上げ用 ・・・極 匠

特注品
#400   超荒仕上用・・・極  #8000 超仕上げ用・・・極
#12000 超仕上げ用・・・極

よくある質問

Q
どのように使用すればいいですか?
A
安定した場所にて高弟を置き、水をかけながらご使用下さい。
Q
研ぎにくくなったり、砥石面が詰まった感じがした場合はどうすればいいですか?
A
目詰まりが出た場合は付属のWA(白)砥石で目立て作業を行って下さい。
その際も水をかけながら作業して下さい。
Q
目立て用の白い砥石がなくなってしまったのですが販売はしてますか?
A
弊社販売サイトにて受注製作品ですが販売しております。 →こちらへ
Q
型崩れなどで砥石面を平らに修正したい場合はどうすればいいですか?
A
砥石面の型崩れや片べりなどはWA砥石で修正は出来ませんので有償にて平面出し修正を
承っております。見積致しますのでお問い合わせ下さい(平面出し修正 ¥5000~)
※型崩れが激しい場合お受けできない場合が御座います。
Q
料理包丁用砥石とありますがそれ以外の刃物には使えないのですか?
A
刃物研ぎ全般にご使用いただけます。
高弟をご使用いただいているユーザー様の中には、美容ハサミ研ぎ師の方や大工さんも
いらっしゃいます。
Q
どのように使用すればいいですか?
A
安定した場所にて高弟を置き、水をかけながらご使用下さい。
商品に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
”高弟”ユーザー様の感想
今まで閉店後に時間をかけて普通の砥石で包丁を研いでいたのですが、このダイヤモンド砥石高弟を使い始めてから切れ味がとても良いので包丁を研ぐ時間が短くなり大変助かっています。また、研いだ仕上がりもとても綺麗で肉や野菜もスパッと切れるようになり大変重宝しています。
鉄板焼きGREE ROOM
オーナー
中畠洋平様
切れ味が凄く良いのでしょうね。余計な力を入れなくても研げますし、高弟で研いだ後に肉をきると、綺麗な断面に肉が切れるのでより仕事がはかどる感じがしております。最初は砥石が薄いと思いましたが、毎日使っていてもそんなに砥石が減っている感じがしないので、長く使えそうです。
鉄板焼き&飛騨牛料理 楽縁
オーナー
古田健一様
切れ味が凄く良いのでしょうね。余計な力を入れなくても研げますし、高弟で研いだ後に肉をきると、綺麗な断面に肉が切れるのでより仕事がはかどる感じがしております。最初は砥石が薄いと思いましたが、毎日使っていてもそんなに砥石が減っている感じがしないので、長く使えそうです。
鉄板焼き&飛騨牛料理 楽縁
オーナー
古田健一様