ジルコニア製インプラントなら安心。
金属アレルギーの人にお勧めのインプラント

 金属アレルギーの場合、インプラント治療ができない、と言われていましたが、
昨今ではジルコニア製インプラントなど、金属アレルギーが起こらない素材が使用できるようになり、
金属アレルギーの人でもインプラントができるようになりました。
金属アレルギーでも安心してインプラント治療ができる方法を紹介しましょう。

■金属アレルギーはなぜ起こる?

ネックレスや指輪、ピアスなどが原因で、赤く腫れあがってしまったり、皮膚がただれてしまったり、かゆみが出てしまったりする症状を金属アレルギーといいます。金属アレルギーは女性だけではなく、男性にも起こる症状です。特に夏など汗をかきやすい季節は、時計をしていると腕がかゆくなったりすることもあるでしょう。それは時計に使用されている金属が原因かもしれません。

・金属アレルギーが起こる仕組み

唾液や汗などを伴い、金属が肌に接していると、金属はイオン化し肌から体内に浸透して体の中のタンパク質と結合します。何度も金属イオンが浸透すると、免疫システムが機能して金属を「異物」と認識して、アレルギー反応が出るのです。

・いつ起こるか分からない金属アレルギー

アレルギー症状が起こるかどうかは、個人の金属に対する許容量によります。金属に触れることで、すぐに症状が出る人もいれば、何度も同じ金属に触れることで、数年経ってから起こることもあります。年齢も関係なく、ある日突然発症することもあります。

■歯科分野での金属アレルギーの危険性

歯科治療においても、銀の詰め物や銀歯によって、アレルギー症状が起こることがあり、インプラントにおいても、金属アレルギーの場合は注意が必要です。

インプラント治療では、歯の根っこの役割を担う人工歯根と、人工の歯を取り付けるアバットメントという部品に、金属を使用します。今まではチタンを使用するのが主流でした。チタンはアレルギーを起こしにくい金属とは言われていますが、稀に金属アレルギーを引き起こすことがあり、懸念されていました。

そのため、現在ではチタン製ではなく、ジルコニアなど金属ではない素材を使用する歯科医院も増えています。

■金属アレルギーを持つ人への対処法

金属アレルギーの疑いがある場合は、アレルギー検査をします。主に行われるのがパッチテストです。金属で作った試薬を1~2週間程度体に貼り、アレルギー症状が現れるかどうかを確認するテストです。2日後、3日後、7日後にチェックし、金属アレルギーがどうかを判定します。

歯科金属アレルギーは、歯の詰め物などに使われた金属が原因で、口の中だけでなく全身に症状が出てしまうことがあります。インプラントに使用されるチタンでは、ほとんど症状が出ないと言われていますが、ニッケルや亜鉛などが含まれる金属が原因で、アレルギー症状を起こすことがあります。

金属製のアクセサリーや時計のベルトなどで皮膚がかぶれたり、かゆくなったりしたことがある場合は、発疹や湿疹などを起こしやすい人は、医師に相談することをおすすめします。

■金属アレルギーを起こさない素材

インプラントに使用されるチタンに対するアレルギーを持っている人もいます。また、チタン以外でも、コスト削減のためや、加工しやすくするため、材料の中に不純物などを混ぜて作っている場合もあります。そのような不安を取り除くには、金属アレルギーを起こさない素材を使用することで、アレルギー症状を避けることができます。

インプラントによく使用されるチタンは、硬度が高く、人の体との親和性もあり、骨と結合しやすいという特徴があります。チタンの表面には酸化膜があり、金属アレルギーの原因となりイオンが溶け出しにくいため、アレルギーの心配はほとんどないとされています。ただし、金属であることに変わりなく、チタンに対するアレルギーを持つ人もいます。

そこで、金属アレルギーの場合、金属ではないセラミック、特にジルコニアを使用することで、アレルギーを起こす心配がなくなりました。

ジルコニア製インプラントは、金属アレルギーの心配をせずにすむほか、さまざまなメリットがあります。ジルコニアは硬度が高く、耐久性に優れ、欠けたり、割れたりする心配がありません。また、審美性に優れ見た目も自然できれいです。変色もしないため、歯茎が黒ずむということもありません。

ジルコニア製インプラントや金属アレルギーに関する情報をもっと知りたい場合は、こちらのサイトをご覧ください。

■まとめ

金属アレルギーは他人事ではありません。今までアレルギー症状が出なかった人でも、突然皮膚がかぶれたり、かゆくなったりすることがあります。また金属アレルギーの疑いがある場合は、医師に相談し安全な方法でインプラントをした方がいいでしょう。ジルコニアインプラントはすべての歯科医院で行っているわけではないので、心配のない治療をしてくれる歯科医院を選びましょう。