競合、アマゾンに勝てる店づくり
「メディア化高収益店舗」

売上37.3%ダウン2期連続赤字から利益1億5200万円にした黒字化のV字回復方法とは

V字復活の軌跡

(昔)
売上37.3%ダウン
2期連続赤字

✔市場の縮小
✔人口減少・過疎化・高齢化
✔モノが売れなくなっている
✔オンラインの台頭
✔業界ナンバーワン企業でも苦戦
      ⇓
債務超過に陥る
店舗の閉鎖・リストラを行い、なんとか営業を続けている

(現在)
最終利益
+1億5200万円

売上・利益とも底を打ち、復活
10年ぶりに新店舗の出店も行なった

なぜ地方のある店舗は、
売上37.3%ダウン
2期連続赤字から
V字復活したのか?

売るものを変えた

<ビフォー>
地域最安値を目指して、徹底的にモノの販売こだわっていた
<アフター>
サービスを中心とした販売へ変更

お客さんを変えた

<ビフォー>
地元のお客様全部を対象としていた。
<アフター>
自社に共感していただけるお客様を区別し優遇

お店を変えた

<ビフォー>
より多くのお客様に対応することが優先だった
<アフター>
ひとりひとりのお客様に丁寧に対応することを優先

債務超過に陥り、店舗を閉鎖に追い込まれ、リストラしながら、売上に悩む地方小売店の話し

創業30年を超える小売店
地元の人たちから愛されて順調に売り上げも伸ばしてきた。
父の代は、業績もうまくいって、店舗も拡大してきた。
わたしも、そのころ手伝っていたのでよく覚えている。
創業者の先代社長も引退し、今は、2代目であるわたしの出番
しかしである、、、
世の中の流れが変わった。
市場は成熟化し、われわれがいる地方は高齢化や人口減少となってきた。
そもそも業界一位の会社ですら、なかなか売り上げが確保できない時代。
その最大手も生き残りをかけて必死に安値攻勢をかけてきている。
さらに最近は、インターネットショッピングとの競争も激化してきた。
そのうえまた、モノがあふれている時代、ぜんぜん昔のようには売れない、、、

この激動の荒波に飲み込まれて、いくつかの店舗は閉鎖せざるを得なかった
さらに、断腸の思いだが、店員のリストラにも手を付けた
メインバンクの銀行とは、なんとか交渉をまとめたが
まだまだ債務超過で、金融支援中である。

果たしこのままどうすれば、、、

V字復活の打ち手は

サービス中心の販売

世界最安値が一瞬で検索される時代
過度な安売り販売から一線を引き、サービスを中心とした販売体制を行った。
これにより、大幅な原価率の改善が行われた

お客様の区別と優遇

自社のことを気にしていただけるお客様がしっかり把握できていなく、漠然とした地域のお客様に対応していた。
自店に共感頂けるお客様をきちんと把握し区別、そのお客様を優遇したところ客単価がアップした。

丁寧な対応

安売りで薄利多売ビジネスのため、多くのお客様をさばく必要があった。
しかしそれでは、自社の貴重な資源である店舗人員の最大限の活用ができていないと判断。
ひとりひとりへ丁寧な対応をしたところ、リピート率が向上し、口コミも発生し、新規お客様も増加

あなたもV字回復の第一歩を

いかがでしたか。
これはほんとうにあった、実際に支援した会社のお話しです。
こちらの内容に少しでも興味がある方は、ぜひ詳しい資料を手に入れてください。
あなたも店舗経営に悩んでいるなら、必ず価値のある情報です。
この資料を読んで、店舗経営の悩みから解放されましょう。
明るい未来を手に入れるには、「詳しくはこちら」を押してください。