仕事を変えるマインドフルネスセミナー




仕事を変える行動と「自分の心に対処する」というライフスキル、今この両方が必要です
気づきから意識して起こす行動や習慣をつくり、現実の仕事のやり方を変えていきます

世の中に、仕事を変えるメソッドや手法は溢れています。横文字で新しいメソッドが現れると多くの人が飛びつきます。
でも、それが実にならないのは何故でしょう。

忘れていたのは、「自分の心に対処する」というライフスキルです。
やることを決めた後は、「ポジティブに」という言葉で自分も相手も追い詰めていました。心の存在を忘れていました。

身体のケアが必要なように心のケアも必要です。
やることを決めたら後は根性で乗り切る、頑張る、常にポジティブにという発想を切り替え
その時の「自分の心に対処する」という発想が必要です。

これからは、「改善」など現実に仕事を変える行動と「自分の心に対処する」というライフスキル
この両方が必要になります。

このセミナーでは、「自分の心に対処する」ライフスキルとして、三つのしあわせに気づくこと
そして気づいて起こす行動と習慣についてお話しします。

仕事を変えるためには、三つのしあわせに気づくこと

マインドフルネス(気づき)は、仏教の八正道のひとつの「正念」です。グーグルやアップルなど多くの企業で福利厚生として社員研修に取り入れられています。しかしこの言葉だけだとと偏った方向へ進んでしまいます。意識の世界に逃げこんでしまいます。変わるためには気づきから学んだ行動と習慣が必要です。これがセミナーのテーマである「三つのしあわせに気づき、丁寧に今を生きる行動と習慣」につながります。

人には、三つのしあわせ(幸、倖、仕合わせ)があります

幸(自分を愛でる気づき)

「こうありたいという自分をあきらめて、こうなれない自分を明らかにする」
「自分より優れた人を見たときは、自分にもまったく同じ資質があることを思い出す」「人の振り見て我が振り直せの真意は、人を許し自分を自由にすること」

 こんな、自分を愛でる気づき を積み上げてください。

倖(人間関係からの解放)

「相手と自分は違うということに氣づき、理性によって共に歩む道を模索する」「会うべき人に出会ったことに感謝して、相手に思いを伝えて執着しない」「自分の中の隠したい部分(弱み)を認めれば、人との距離が縮まる」

これらは、 「人間関係からの解放」 と名付けた人間関係に関する気づきです。
 

仕合わせ(仕事のしあわせ)

「誰にも仕事というのはこれほど素晴らしいものと気づく瞬間がある」「自分がどんな意味や価値を求めて仕事をしているかを明らかにする」「誰のために、何のために、何故自分が、何をするか、具体的に整理する」

  こんな 社会との関わり方、仕事との関わり方 が自分を伸ばします。


しかし、気づき(マインドフルネス)だけだと偏った方向へ進んでしまう危険性があります。
意識の世界に逃げ込む危険があります。そのために、毎日の習慣や行動 を決めていきましょう。  


例えば・・・

用を雑にするから「雑用」になる

マザーテレサが修道院で若い頃、毎日他の修道尼の食事の配膳をしていました。「こんな雑用を…」と思ったそうです。その時、指導者の方から「配膳するとき、その方達の幸せを祈りなさい」と言われたそうです。ここから単純な配膳の時間も大切な祈りの時間に変わりました。
これは特別な話ではないと思います。「そこに意味を見つけるのは自分です」

「雑用」という言葉を聞くと「なんで私がこんなことをしなくちゃいけないの」「私にはもっとできる仕事がある」「こんなことは私のすることじゃない」と…こんな言葉が聞こえてきそうです。
そんなときはちょっと気持ちを切り変えてください。
最初から、「どんな仕事にも意味がある」と立派なことをいうつもりはありません。初めは誰でもその意味を発見できないものです。でも、その用を雑ではなく丁寧にしていけばそこに何かの意味を発見できるかもしれません。その時、自分にとって「雑用」が「意味ある仕事」に変わります。

だから、こんなことを試してください。

「どんなことも丁寧に丁寧に、そしてゆっくりやってみる」

人の悪口を言うと、自分自身が傷ついてしまう

誰かの悪口を言うのは、自分の悪口を言うのと同じ???

これははスピリチュアルな話ではなく、脳科学の中で証明されています。
私たちが日頃何気なく使っている言葉は、脳と体に大きく影響しています。例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。

だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になるそうです。つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し 自分も傷つき気分が悪くなります。 人をけなしてばかりいる人は、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。
そして、より人に対して攻撃的になります。自分が自分を無意識に攻撃している状態となるわけですから逃げようがありません。

「脳の特性を理解し、良い言葉を日常的に使うようにする」

「話せばわかる」「人は分かりあえる」のウソ

この言葉を妄信的に信じて行動すると、「なぜ、わかってくれないのか」と不信感や不満が芽生えます。 そしてその不信感や不満はやがて不信感や不満をもつ自分への罪悪感や嫌悪感に変わります。「簡単にはわかりあえない」という前提が必要です。

「どうやって自分を説明するか、表現するか」
「どういう言葉を使えば自分の気持ちが伝わるか」
「どうすれば相手を説得できるのか」

これを考えて、相手に言って、相手の言うことを聞いてみる。その中で、「重なるもの」を見つけて「価値」や「喜び」を生み出す。

「相手と自分は違うことに気づき、理性で共に歩む道を模索する」

これを行動に移してみてはいかがでしょうか。


毎日の習慣や行動と言っても難しく考えないでください。

「どんなことも丁寧に丁寧に、そしてゆっくりやってみる」
「脳の特性を理解し、良い言葉を日常的に使うようにする」
「相手と自分は違うことに気づき、理性で共に歩む道を模索する」

こんなことを新しい行動として起こしてみてはいかがでしょうか。
意識した行動はやがて無意識に出来る習慣となり、それが自分の「強み」になります。



その他、こんなお話もします。


#私の思う「一生懸命」とは、丁寧に今を生きていくことです
#私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです
#こうありたいという自分をあきらめて、こうなれない自分を明かにする
#誰でも「仕事とはこんなにすばらしいもの」と気づく瞬間があります
#自分を生かせる、自分も納得できる、無理のないマーケティング
#今、「下山の思考」を持つ時代になっています

「三つのしあわせ(幸、倖、仕合わせ)に気づき、丁寧に今を生きる行動と習慣」

 これがこのセミナーのテーマです。
気づいて習慣や行動を起こすことであなたの仕事が変わります。

講師からのご挨拶

鈴木 鉄也


気づきのマーケティングコンサルタント 中小企業診断士  1958年生

500件を超える顧客体験の気づきと自分を愛でるライフスキルを融合した企画コンサルティングで、顧客満足を実践する方、仕事の中で自分を高めたい、一生懸命を楽しみたい方に「顧客を主語にした顧客満足」の実践と自分の長所を生かした「なりたい自分」になるための処方箋をご提供しています。

■ 実績

ベンチャー支援センター相談員、行政機関研修講師、専門学校・大学等の講師。飲食関係・小売流通関連、自動車デイーラー関連、携帯電話販売関連での講演、飲食店の業務改善コンサルティング、結婚式場の集客支援コンサルティング、ホームセンター経営再構築支援、IT関連企業の営業支援コンサルティングなど。その他雑誌、各業界紙、企業社内報での執筆等。

■著書

著書「ちょっとの気づきであなたが変わる・仕事が変わる」(こう書房)

お問合せ

 
セミナーについてお問合せ下さい。その他セミナーについてのご質問もお待ちしています。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信



イーストコンサルティング


愛知県岡崎市丸山町上地畑45-1 
tel:090-8549-1162 mail:ts01@kizukim.net

website    気づきのマーケティング講座  http://ameblo.jp/kizukinoniiki