大阪の美容外科の
口コミや評判について見てみよう

メスを使う美容手術などは、治療してもらう医師の技術などによって差が大きく出ます。そのため、少しでも評判の良いところで治療してもらいたいと思うのは当たり前です。今回は美容外科でできる治療や失敗しないためのコツ、大阪でおすすめの美容外科について紹介していきます。

〇美容外科でできる治療内容

美容系クリニックは多くあるため、美容外科がどんな治療ができるのかわからない人もいるのではないでしょうか。こちらでは、美容外科でできる治療内容について見ていきましょう。

・目元の治療

美容外科でできることとして、知名度が高いのが二重整形などではないでしょうか。一重や奥二重の人が目元をぱっちりさせたい時に美容外科へ通います。メスを使わない治療もありますが、目を大きく見せたい人、バランス良い仕上がりを求める人はメスを使う切開法がおすすめです。

・若返り治療

若がえり治療と言っても、さまざまなものがあります。フェイスリフトなどの切開法、糸によるリフトアップのフェザーリフト、ヒアルロン酸などを注入する方法などさまざまです。治療内容によってダウンタイムなども異なるため、豊富な知識を持つ医師に治療してもらうことが求められます。

・脂肪吸引

吸引管を使い、脂肪細胞を吸引してボディラインを整えるのが脂肪吸引です。痩身治療としても知名度が高く、手軽に痩せたい人におすすめされています。一般的なダイエットと異なり、リバウンドする可能性が低い特徴も持っています。経験の浅い医師の場合は、思わぬトラブルに見舞われる可能性もあるので実績豊富な医師に治療をしてもらいましょう。

〇美容外科で失敗しないためには?

美容外科で失敗しないためには、クリニック選びが大切です。しかし、クリニック選び以外にも重要なことがあるのは知っていますか? こちらでは、失敗しないためのコツについて見ていきましょう。

・自分の希望をまとめておく

美容外科に来院しても、医師に判断を任せてしまう患者がいます。医師はカウンセリングで話を聞いた上での提案しかできません。患者がどんな希望を持っているのかをしっかり話さないと適した治療を提案できないのです。そのため、自分の悩みや希望などを来院前にまとめておくことで、しっかり希望に沿った治療を提案してもらえます。

・医師の実績を調べておく

クリニックの知名度だけで決める人もいますが、クリニックにはさまざまな医師がいます。評判が良いクリニックでも経験の浅い医師に当たってしまえば、失敗の可能性が出てきます。そのため常駐している医師の実績や経験なども調べておく必要があるのです。美容外科を来院する人の中には、前もって医師の実績を調べて医師の指名ができるかを問い合わせる人もいるようです。

・アフターフォロー

美容外科はメスを使う治療が多いため、ダウンタイムも長引く場合があります。中には腫れや赤みが引かない人も出てくるでしょう。そんな時に頼りになるのが美容外科のアフターフォローです。異変などに迅速に対応してくれるかを調べておきましょう。

〇大阪で口コミ評判の良い美容外科

こちらでは、大阪で口コミ評判の良い美容外科について見ていきましょう。各クリニックにどのような特徴があるのかも紹介します。

・ヴェリテクリニック

高い技術力に定評があるのがヴェリテクリニックです。細かなニュアンスで変わってしまうデザインも患者の希望通りに仕上げる繊細な技術を持っています。他のクリニックで失敗した施術の修正治療にも実績が豊富な美容外科です。

・あさひ美容外科

関西エリアで20年以上の実績を持つ老舗美容外科です。昔ながらの手法を大切にしている傾向があります。わきが治療に定評があり、独自開発の「あさひ式皮下組織乖離法」を目当てに来院する患者も少なくありません。

・ジョウクリニック

医師がカウンセリングから施術、アフターケアまで一貫して行う特徴を持っています。口コミ評価も高く、脂肪吸引や脱毛、フェイスリフトなどさまざまな治療で満足したと答える患者が多くいるのです。特に「サーマクールCPT」の人気が高く、ジョウクリニックならではの施術法と言っても過言ではありません。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

大阪で人気の美容外科情報はこちら

〇まとめ

大阪は良い意味で美容系クリニックが多いです。しかし、それゆえに「どこに通えばいいの」と悩む人も少なくありません。各美容外科では得意とする治療などがあるので、自分の悩みに応じて来院する美容外科の候補を決めていくのがいいでしょう。基本的に美容外科はさまざまな治療ができますが、その中でも得意とするものがあります。得意とする分野であれば、患者の満足度が高い効果が期待できるのではないでしょうか。悩みを取り払うため、きれいになるためにクリニック選びに妥協はしないようにしましょう。