妊婦さん向け
(マタニティ)

妊娠・出産はライフステージの中でも女性のカラダの変化の大きいイベントです。初めての妊娠・出産はわからないことだらけ。
たくさん心配なことや不安なことも多いかと思います。

また、経産婦さんは、私も経験しましたが上の子の育児をしながらの妊娠となると身体的にも精神的も辛い状況も多々出てくることがあります。

そんな中で、理学療法士の視点で正しく妊娠期における過ごし方をお伝えしていきたいと思います。

カラダの痛み(腰痛や骨盤痛・恥骨痛など)を予防していければ、出産後のカラダのダメージを和らげることにもつながります。
正しい知識で快適な妊娠生活が送れますように。

妊婦さん向け情報

妊娠中の肩こりや腰痛や骨盤痛、尿もれありませんか?
妊娠中は体も心もホルモンも変化します。
妊娠中の身体に現れてる症状は今までのあなたの身体の使い方や
姿勢などの影響も受けている可能性があります。
整体(コンディショニング)では痛みの緩和と姿勢や動作のアドバイスを行い、快適なマタニティライフを応援します。

妊娠中のあお向け寝の注意点

大きくなってきたお腹で…「あお向けで寝ると苦しい」いう方。
それは…
『仰臥位性低血圧(ぎょうがいせい ていけつあつ)』という症状かもしれません。

妊娠中、特にお腹の大きくなる後期にあお向け(天井を向いて寝ること)で寝ると…
*めまい *発汗 *吐き気 *手足のしびれ などの症状がでることを言います。

なぜ症状が出るかというと…
大きく成長したお腹の赤ちゃんと羊水のために子宮はかなり大きく、重くなります。

その大きくなった子宮が、あお向けで寝ると
心臓に帰る前の血管である下大静脈を圧迫して血管がつぶれて、血液量が減少してしまうからです。(水まき用のホースをグッと踏まれているような状態)
下大静脈は、体の中では背骨の前右側を走行しています。

もし、上向きに寝て、気が遠くなっていく…や
先ほどあげたようなめまい、発汗、吐き気、手足のしびれなどの症状があれば、
すぐに左側を下にして横になってください(左横向き)

こうすることで下大静脈の圧迫がとれて、症状が緩和されます。
もし、それでも症状が緩和しない場合はすぐに医療機関に相談しましょう。

だからと言って、ずっと左横向き寝たほうがいいという訳ではありません。
左だけしか向けない…というのも色々と弊害(骨盤痛など)が出てこない訳でもないので、右を向いたり…どんな姿勢も取れたほうが良いとは思います。

妊婦さんも体を休めることも大事ですが、症状の有無にはご注意ください。

妊娠中の運動について

ママと胎児の条件
1)後期流産・早産の既往がないこと。
2)偶発合併症、産科合併症がないこと。
3)妊娠で胎児の発育に異常が認められないこと。
4)妊娠成立後にスポーツを開始する場合、原則として妊娠12週以降であること。
5)スポーツの終了時期は、異常が認められない場合には特に制限しない。
環境
1)暑熱環境下で行うものは避ける。
2)陸上のスポーツは平坦な場所で行うことが望ましい。
3)高地の低酸素環境下での運動は順化していない場合は避ける。
4)減圧環境は避ける。
スポーツ種目
1)有酸素運動、かつ全身運動で楽しく長続きするもの。
2)腹部に直接的な外傷を与えるものや落下リスクのあるもの、
  接触による外傷性リスクの高いもの、過度な腹圧がかかるものは避ける。
3)妊娠16週以降では、長時間仰臥位(あお向け寝)になるような運動は避ける。
メディカルチェック
<個人でスポーツを行う場合>
1)スポーツを行なっていることを産科主治医(かかりつけ医)に伝えること。
2)スポーツ前後に心拍数を測定し、終了後には子宮収縮や胎動に注意すること。
3)体調の変化に十分に注意すること。
運動強度
1)心拍数で150bpm以下、自覚的運動強度としては「ややきつい」以下が望ましい。
2)連続運動を行う場合には、自覚的運動強度としては「やや楽である」以下。
実施時間
1)午前10時から午後2時までの間が望ましい。
2)週2〜3回で、1回の運動時間は60分以内とする。
参照:日本臨床スポーツ医学会産婦人科部会『妊婦スポーツの安全管理基準』
環境
1)暑熱環境下で行うものは避ける。
2)陸上のスポーツは平坦な場所で行うことが望ましい。
3)高地の低酸素環境下での運動は順化していない場合は避ける。
4)減圧環境は避ける。

プロフィール

國吉 めぐみ

女性のためのコンディショニングrasi-ku 代表

▪️保有資格
*理学療法士(米国理学療法士協会認定女性医学コース 産前産後Ⅰ,骨盤底Ⅰ修了)
*福祉住環境コーディネーター2級
*美ラク抱っこスペシャリスト
*抱っこ紐検定1級アドバイザー
*月経血コントロールヨガインストラクター
*食欲コントロールダイエットアドバイザー

【実績】
2018年5月 宮古島子育て支援センターみーや
「産後ママ講座」講師
2018年11月 MAMA&BABY SMILE FES @MIYAKOJIMA    主催
2018年11~12月 宮古島市民講座「子宮美人ヨガ講座」講師
2018年11月 暮らしを素敵にLabo主催「アラフォー・アラフィフ・アラ環女性のための骨盤ケア講座」講師
2018年12月 「家庭で伝える性教育」主催
2019年6月 一般社団法人日本ママヨガ協会
              「抱っこ紐検定リリース」制作チーム
2019年6月  中高生女子アスリートのコンディショニングセミナー「中高生女子アスリート向け」「女子アスリート指導者向け」主催
2019年12月 宮古島市民講座「尿もれ予防教室」講師
2020年2月 宮古島市介護予防「宮国地区生きいき教室:尿もれ予防教室」講師
ご予約の空き状況についてお気軽にお問い合わせください
会社名 女性のためのコンディショニング rasi-ku
創業者 國吉 めぐみ
設立年月 2017年11月
会社住所
沖縄県宮古島市平良字西里772-12 1A
会社住所
沖縄県宮古島市平良字西里772-12 1A

女性のためのコンディショニング rasi-ku

沖縄県宮古島市平良西里772-12 1A
tel:090-7464-8546 mail:rasiku2017@gmail.com
公式LINE ID:@kdq4252w