債務超過で融資を受けられる?

一般的に債務超過だと銀行からの融資を受けることができません。

私も債務超過だった時期に借り入れようと思いましたが、当然のように審査に通りませんでした。

全ての資産を手放したと仮定しても返済しきれない状態ですので、新たな融資が難しいのは何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。

金融機関からは、「この会社には借金を返済できる能力がない」と判断されてしまいます。

しかし、実は下記のように債務超過でも融資を受けられるケースはあるようですね。

  • 債務超過の状態を解消できるまでの期間が短くて慢性化していないと判断される
  • 路線価や固定資産課税評価額の価値が高い不動産を所有している
  • 直近で大きな利益が出ていて短期間で債務超過を解消できる確率が高い
  • 社長や代表者が個人で何かしらの資産を保有している
  • 合理性の高い経営計画書や事業計画書を銀行に提出できる

「資産<負債」という状況は会社にとって絶望的ですが、絶対に融資は不可能と言い切ることはできません。

債務超過の状態で資金調達するならファクタリング

私は上記で解説した条件が整っていなかったので、銀行からの融資は断られました。

そこで、債務超過の状態で資金調達したいと考えているのであれば、ファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングは借りない資金調達で、売掛債権の代金が支払われる前に売却して現金化できる方法です。

一般的に売掛債権の入金には1ヵ月~2ヵ月程度の期間がかかりますが、ファクタリングは即日で売却して資金を調達することができますよ

債務超過でどこからも借り入れができない時に役立つサービスというわけです。

審査に通れば債務超過でも資金調達ができますし、売掛金の未回収を避けられるというメリットもあります。

私が利用しているファクタリングサービスの日本中小企業金融サポート機構は、法人だけではなく個人事業主でもOKです。

2社間ファクタリングで売掛先の承諾を得ずに資金化できますので、今後の取引でマイナスの影響が出る心配はありません

審査から入金までの時間もスピーディーですので、事業資金が足りなくて会社が倒産するのではないかと悩んでいる時に本当に役立ちました。

債務超過だと新たな融資を銀行から受けるのはかなり難しいため、ファクタリングサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。