花と薬草の、ゆかりさんの思いを届ける不屈のプロジェクトプロジェクト
花と薬草@プロジェクト
ma-ri@ba2.so-net.ne.jp
脊髄損傷、入院そして、歩ける様になるまで
15年の軌跡を聴く。ゆかりさん基金
新しい時代の関係性を作り、人のつながりを作りたい。


障害を持っていても仕事が出来る、闘病中であっても、人の為、世の中のためになりたい。 

その気持ちは健常者であっても変わりありません。特に障害を持つ以前、病気の発症前には、
懸命に働いてきた方の、絶望、そして尚且つその絶望があるからこそ、それを乗り越えて生きてきたその勇気、
生きて人の役に立ちたいという、表現欲求の大きさを、私は 、一人の女性と接する事で感じてきました。

私は整体及び体ほぐし歴7年のセラピストです。プチ起業の活動の途中で
15年前に乳癌発症から脊髄損傷になり、寝たきりの状態から今では歩ける様にまでなった、
不屈の精神の持ち主、ゆかりさんに出会いました。

ある意味、お金が介在しなくても2人の中で、
私がゆかりさんの家に訪問する時間は充実したものでした。

それでも、経済事情で訪問の回数が減るようになっていきました。
関わり方を変えていかなければ。

私が自分に必要だった質問は、「この関係性を続けるべきか、やめていくべきか?」ではなく、

「どの様にこの関係性を続けていけるのか?」だった事に気がつきました。

この関係性とは、ゆかりさんという個人との関係性だけではなくて、
私にとっては亡き母や、友人との関係性でもあったのです。
ゆかりさんにとっても、亡くされた最愛の方や、

人生で関わってきた方との対話でもあると思います。

そして、2人のそんな輪が、1つ2つと増えて、大きくなっていく様な、そんな波紋を広げて行きたい。
そういう気持ちでこの基金を作りました。

プロジェクトについて


人と人、人と自然が共存出来る未来を作りたい。

私は、3年前に母を病気で失いました。
そして昨年乳癌だった友人が亡くなりました。

癌や治療の難しい病気に、家族や友人がなってしまう事は、悲しいことですが、現在珍しい事ではなくなってしまったのではないでしょうか?

自分自身、他人事ではありません。
新薬の開発が待たれる声も強く、
早期発見の検査を進める方も多いですが、

一方で、
抗生物質の副作用、
抗ガン剤治療の副作用が問題になり、

職業柄、東洋医学について学ぶ機会もあったため、
食事療法などの自然療法をどなたにもお勧めしたい思いもあります。
しかしご本人の意志に任せるしか無く、
それも命に関わる事です。
主に自然療法は、予防や、緩和として奨励されます。

このことは、ある療法の賛否で終わらせるものではなく、
自然の力は、人と人を繋げる
言葉ではない、思いであり、特定の対象者だけにとどまらない、
地球や、地球に暮らす人類への愛なのではないかと思うのです。

曲がりなりにも、心身のケアをさせていただいてきて
思う事があります。

人は自分の意志でしか治癒していくことはありません。

整体では、治療という言葉を使う場合もありますが、
私たちは手を添えサポートするだけで、

果てしのない人の痛みや喜びの
海にただただ寄り添うしかなく、
海と大地の境界線に立ち続ける事であるし、
癒しは、理屈ではなく、そこの位置にたった時に
自然と起こる、清々しい風のように思えるのです。

一人の懸命に生きようと表現する人と関わる中で、
私は、自然と人がどの様に共存できるか、
人と人が、お互いの考えを越えて、
全く違う体験をシェアする事で、
見えてくるものがある

そんな思いを心に、マッサージや、
月1回の有志の方たちによる、自然栽培の野菜料理
食事会で、ゆかりさんと関わって来ました。

抗ガン剤治療の苦しみ、
けれど、この治療をやめてしまったら、
どうなるかわからない。

周囲が見守り、お話しを聞くしかない。
どういう状況にあっても、
表現をあきらめない人の姿は花の様に感じられます。

自分は孤独だなあと感じ、生きていくのが辛いと感じる時、
ふと道の脇に咲く花や、木の枝、空を見上げる時に、
何も言わないけれど、心を癒される時、
私たちは自然と対話をしていると思うのです。

障害を持っていても、闘病中であっても、その状況の中で
夢を実現し、幸せに生きる。
それは人と人、人と自然が共に生きる、
健幸、すなわちウェルネスビーイングなのではないでしょうか?

まず始めに、ゆかりさんの講演会を実現する活動を始めました。ご関心お持ちの方、まだまだ協力者が必要な状況です。一緒に何かやりたいわーという方、お待ちしております。

ゆかりさんの声は、Facebookやブログなどで順次公開していく予定です。

最後の方に近日中に立ち上げて参ります、基金のお礼についての案を幾つか記載致しました。デザイン、ギブトの内容を、このプロジェクトに賛同して下さる方にお願いして計画中です。

クラウドファウンディングにて公開の際には、どうぞよろしくお願い致します。

ここまで、道草大好きなセラピストからのメッセージでした。ここまでお読みいただいた事に、心から感謝を申し上げます。

三枝まり

プロフィール
1963年2月17日生まれ
幼少時虚弱体質、少々自閉症を食事療法、アートなどで改善。40代より整体、リフレクソロジーを仕事とし、自分の使い方を発見するメソッド、アレクサンダーテクニークを学ぶ。
プチ起業の模索中、自然栽培の野菜の食事会でゆかりさんと出会う。

ブログ
https://ameblo.jp/amisoamiso02

フェイスブックページ
@marimoneza






こんなプロジェクトを応援して下さる方を募集しています。
ゆかりさんの講演会目指して、お礼を準備中です。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
家族や友人でケア出来る、
手当てと、
リフレクソロジーの
ワークショップ

4回参加券10000円

単発参加券 3000円


マッサージ、整体などを受ける必要のある方は多いと思います。ただ、本当に辛い時、またそんなに辛くない時も、一番近くにいる安心できる人が、優しく手を触れる事が出来るのは、
大切な事です。

4回に渡って、施術においての手の当て方や、
意識の置き方、状態の観察を、
手足、顔、頭などのツボや経絡にも触れながら、
お伝えしたいと思います。



ニュースレター、花のメッセージを毎月
お届けします。

3000円

薬草茶やアロマグッズなど、
自然のエネルギーが一杯セレクトの
プレゼント

5000円

ニュースレター➕セレクトギフト
あなただけのメッセージカード付

10000円

ニュースレター➕セレクトギフト
あなただけのメッセージカード付
10回定期便

50000円








ゆかりさんの講演会ご招待券

公演と、シンポジウム、歌、
非暴力コミュニケーションワークショップ、
など計画しています。

5000円
ゆかりさんの講演会ご招待券

公演と、シンポジウム、歌、
非暴力コミュニケーションワークショップ、
など計画しています。

5000円