完済済みの過払い金を請求する際に気を付けること
安心して任せられる人気の過払い金請求事務所をご紹介します

借金を完済済みの方が過払い金請求をする際の注意点について

過払い金請求を考えている方の中で請求した場合にどのようなデメリットや失敗があるのか気になる方もいるのではないでしょうか?
過払い金請求についての注意点を事前に知っておいて損はないので、過払い金請求のデメリットや失敗についてお話させていただきます。

過払い金請求のデメリットや失敗のひとつとして、抱えている借金がある状態、つまり借金を返済中の方の場合は、過払い金請求を行うと信用情報機関に情報が登録されてしまうことが挙げられます。
情報が登録されてしまうと新たに借り入れができなくなったり、クレジットカードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったりするなど、デメリットが発生します。
ですから、借金を完済していない状態で過払い金請求を行う場合は注意が必要だと言えます。

逆に、借金を完済した後に過払い金請求を行う場合は信用情報機関に登録されることはないですが、もし完済したつもりになっていて、よく確認したらまだ借金が残っているケースもあるので、事前にチェックするようにしましょう。
特にクレジットカードにおけるキャッシング枠は返済していてもショッピング枠が返済できていない場合があるので要注意です。

また、完済後の過払い金請求だとしても、請求先の金融業者を新たに利用してお金を借りることは出来なくなりますので、これは完済後とは言っても過払い金請求をするデメリットだと捉えることができます。

中には過払い金請求をご自身で行おうと考えている方もいるかもしれませんが、デメリットや失敗のひとつに内緒で借金をしていた場合でも、書類などが自宅に送られてくることがあり、家族に知られてしまう恐れがあることが挙げられます。
素人では困難な手続きも多く、過払い金をしっかりと回収するためには弁護士や司法書士などのプロに任せるのが最適だと言えます。

過払い金請求には時効があるので、借金を返済してから数年経過している方は過払い金請求に強い実績が豊富な事務所を見つけて手続きを依頼するようにしましょう。
すでに時効を迎えていたではあきらめるにあきらめきれません。払いすぎた利息を取り戻すためにもなるべく早く行動に移すようにしましょう。