広島大学 産学連携推進部 
アントレプレナー教育部門

第7期ひろしまアントレプレナーシッププログラム

超高齢化社会の問題をチャンスに変えよう!
肯定的アプローチで
厄介な医療費問題👹の突破口を探る!

このプログラムを通して身につく力

  • ネガティブなイメージと隣り合わせである“課題”や“問題”をポジティブにとらえるスキルを身につけます。
  • 関係者へのインタビューを通してインタビューの手法を学び、問題の本質を探るプロセスを体得します。
  • 問題解決に向けて自らが問いを立て、それに対する解決策をインタビューやアイデアを組み合わせて作り上げるプロセスを体得します。

スケジュール


DAY1 2月15日 10:00 ~ 17:30
ガイダンス、ワークショップ
DAY2 2月16日 10:00 ~ 17:30
ワークショップ、ヒアリング、専門家講義
DAY3 2月17日 13:00 ~ 19:30(予定)
ワークショップ、ヒアリング、専門家講義
DAY3 2月17日 13:00 ~ 19:30(予定)
ワークショップ、ヒアリング、専門家講義
DAY4 2月18日 
グループワーク(フリータイム)、メンタリング
DAY5 2月19日 
グループワーク(フリータイム)、メンタリング
DAY6 2月20日 10:00 ~ 13:00
最終発表会、ふりかえり
DAY6 2月20日 10:00 ~ 13:00
最終発表会、ふりかえり

様々な利害や要素が複雑に絡み合い、解決の糸口が見つからない社会問題を”wicked problem”と呼びます。
これは、直訳すると”厄介で意地悪な問題”と訳されます。
超高齢社会が急速に進む日本では、医療費が高騰しています・・・。
これは、人の命と直結する、まさに色々な矛盾をはらんだ
”wicked problem”です。

今年はこれを第7期ひろしまアントレプレナーシッププログラムのテーマとし、独特なアプローチを使いながら、こういった社会課題の突破口を探っていきます。ステークホルダーを巻き込み、課題をポジティブに捉えて問いを立てるAppreciative Inquiry (アプリシエイティブ・インクワイアリー、A-I)という手法を学び、チームに別れて医療費問題の解決策を検討していきます。

申し込み締切↪ 2月10日 23:59


対象者


  • 医学や医療制度に興味がある人
  • 具体的なアイデアはないけど世界を変えたいと思っている人
  • ソーシャル・アントレプレナーシップ(社会起業)やサステイナビリティーの実践方法を体験したい人
  • 色々な学学年、学部、研究科の人と協働してみたい人
  • ちょっとおもしろそうと感じた人
  • 具体的なアイデアはないけど世界を変えたいと思っている人

講師


広島大学 産学連携推進部 アントレプレナー教育部門
牧野 恵美 准教授
 川瀬 真紀 客員准教授

※その他ゲスト講師 順次更新予定

募集人数


20名(先着順)

受講料


¥30,000
※ EDGE-NEXT IDEAコンソーシアムに所属する大学の
学生、大学院生、教職員は無料

IDEAコンソーシアムについてはこちらをご確認ください。
https://www.jst.go.jp/shincho/program/doc/edge-next/kyushu_ol.pdf

問い合わせ


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

このプログラムは、次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)の一環として実施します。