日々の料理はあなたにとって楽しみですか?
それとも苦痛ですか?

seasoning recipe

冷蔵庫にある食材で毎日がくるくるまわる
定員になり次第募集終了となりますので
今すぐご確認ください

個別オンライン相談会の受付をします


こんなお悩みありませんか?


  • 「今日のご飯何にしよう」と毎日献立に悩んでしまう
  • 料理は嫌いじゃないけど、毎日のご飯づくりを苦痛を感じることがある
  • 毎日料理はしているのに、味が決まらないず、自分の料理に自信が持てない
  • いつもバタバタとご飯の準備をして、料理を楽しむ余裕がない
  • 本当は手作りしたいけれど、外食や総菜、冷凍食品やインスタントに頼ってしまう
  • レシピを検索に時間が掛かり、何を作ったらいいか選べない
  • レパートリーを増やしたいけど、何度も料理教室に通う時間もないし、どうしたらよいか分からない
  • 家族の好みに合わせて作ることが出来ず、喜んでもらえない
  • 料理は作れるけど、栄養や家族の健康が気になる
  • 家事と仕事の両立で特に料理に不安を感じている
  • 買い物をしても材料を余られたり、腐らせたりしてしまう
  • 料理は嫌いじゃないけど、毎日のご飯づくりを苦痛を感じることがある

シーズニングレシピを実践した方から頂いた
よろこびの声を一部ご紹介します


小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

「家族のためにおいしいごはんを作りたい!」
でも毎日の料理が苦痛


改めまして、塚本万智と申します。

私は現在、個人向けに家庭料理のサポートを行っています。

以前はABC cooking studioという料理教室の商品開発部門でレシピ監修、またスタジオにて接客サービス、運営管理、料理・パン・ケーキの講師など教室運営に関する仕事を幅広くしていました。

仕事でも食に携わってきた私は「毎日おいしいご飯を“笑顔”でつくれるお母さん」になれると自負していたんですよね。

ところが・・・いざ家庭を持つと「今日は何にしよう。」「子どもにはいいものを食べさせたい」「夫にも晩ごはんをつくって待っていてあげたい」でもめんどうだな、またご飯の時間・・・もう作りたくない・・・日々のご飯づくりにストレスを感じ、そんな自分に嫌気がさして悲しくなったころがありました。

これまでたまにする料理は純粋に楽しかったのに、毎日毎日繰り返す料理は1日中頭どこかで悩み、楽しめなくなっていました。

義務感でイヤイヤ作ると、家族にもそれが伝わる・・・喜んでもらいたいはずなのに、一生懸命つくったからを押し付けるようにして、さらにやる気がでない。「こんなにイライラしたり憂うつになるなら一層のこと外食や総菜の方がマシ!」と頼ってみるものの罪悪感も感じ、益々へこむ。

「これまで私がやってきたことが、なんで役に立たないの?」
「あんなに頑張ってきたのに・・・私が学んできたことって一体なんだったのー?!」
と自分が培ってきたプライドが、日に日に萎んでいくのを感じました。

その一方で、管理栄養士を取得して、7年も料理に関わる仕事をして、料理講師までしていた私でもこんなに大変に感じてしまうのに「そこまで料理熱がないママだったらなおさらじゃないかな。」と思い

「なぜ毎日の料理はこんなに大変なのか?」その原因を探って見ることにしたのです。
 
すると、毎日する料理とたまにする料理には決定的な違いがあったのです。

どんな食材からでもおいしい料理が作れる
”調味料の黄金比”が私を救ってくれた


たまに作る料理は、作りたいレシピを探して材料を揃えればいいけれど

毎日の料理は
冷蔵庫にある食材をうまく組み合わせないと、上手くまわりません。

冷蔵庫に残っている食材をうまく使いまわすとなると、いつもれしぴ通りという訳にもいきませんよね。でもレシピをベースに考えると、材料や分量が変わると味が変わってしまいおいしくできなかったり・・・一方でレシピ通りに作ろうとすると、うまく材料がまわらず余らせて腐ってしまったり、余分に買い物に行くことになったり・・・

そこで発想を変えてみることにしました。
レシピからではなく「冷蔵庫にある食材の組み合わせ」から、何をつくるか決めていくことにしたのです。

そこでたどり着いたのが「調味料の黄金比」!
黄金比は味つけを調味料の比率で考えることで、料理人の世界ではあたり前のように使われています。
例え食材や具材が変わろうとも調味料の比率は変わらないから、黄金比を使えば味つけに迷いなく、安定したおいしい料理がつくれるのではと思い付き、実践しました。
この味つけの黄金比を使うことで、具材の分量に左右されず、材料や組み合わせが変わっても、安定したおいしい料理に仕上がります。

一般的な料理教室では、肉じゃがやしょうが焼きといったメニューが決まっていてそれを上手に作れるように毎回のレッスンが構成されていますが、料理人の世界では食材からメニューを決めていくのが一般的。メニュー名のない「まかない料理」がおいしいのは、調味料の比率をベースに作っているからなんですよね。

”黄金比”はおいしさへの最短ルート

黄金比が簡単なのは、素材の味を活かしたシンプルさにあります。
食材にない味の要素を補うのが「味つけ」です。その要素を足してあげるだけで、おいしさは一気に引き立ちます。
最低限の味つけをするのがおいしさへの近道。そのベースになるのが黄金比なのです。

黄金比はそれだけでも、少ない調味料で色々な料理がつくれますが、さらに調味料を加えると、バリエーションは無限大です。

この黄金比を家庭で使い始めたことでこのようなことが起こったのです。
レシピをみなくとも、おいしい料理が作れるようになり、自分の料理への自信が持てた
料理を楽しむ心の余裕ができた
毎日献立に悩む時間・料理の時間が減り、自分の時間持てるようになった
毎日献立に悩む時間・料理の時間が減り、自分の時間持てるようになった
冷蔵庫の食材を余すことなく、新鮮な状態で使い切れるようになった
義務感から作ることが減り、家族との食卓に笑顔が自然と増えた
食事が整い、ダイエットや肌荒れの悩みからも解放された
食事が整い、ダイエットや肌荒れの悩みからも解放された
「黄金比」は時間が無くても、冷蔵庫にある食材だけでもおいしい料理が作れる!大丈夫!と誰もが思える存在です。家族のよろこんでくれる料理がいつも簡単に作れるという自信が、キッチンに向かう気持ちを前向きに、料理
を楽しむ余裕を生んできれたのです。

では「黄金比」を知るだけで誰でもおいしい料理がつくれて、毎日の献立に困らなくなるのか?と言うとそうではありません。

”黄金比”を知るだけで解決できたのは
「料理の基本」を身に付けていたから


黄金比を使うだけで解決したのは、私が10年間かけて料理の基本を身に付けていたからです。

同じレシピを見て作ってもおいしくできない、肉がかたくなる、魚の臭みがのこる、パサパサするそんな経験ありませんせんか?レシピを利用するにはある程度の知識と技術が必要です。
それが料理の基本と言われるもので、その基本(コツ)には理由があります。

みずからゆでる?お湯からゆでる? ふたをする?ふたをしない?それぞれに科学的な裏づけがあるのです。
この「なぜ?」「どうして?」という裏づけまでを身に付けることで、応用が利きどんな料理もおいしく作ることができるのです。

料理の基本と裏づけまではレシピに書かれていません。中には書かれているものもありますが、
レシピが長くなり難しいを思われることを避けたり、前提として書かれることが多いのです。

料理は奥が深く学び始めるとキリがありませんが、毎日の料理で必要な基本と裏づけはそんなに多くはありません。

無理にレパートリーを増やそうとするよりも、応用できる「黄金比」と「料理の基本」を身に付けることが、料理をつくり続ける鍵なのです。



毎日の料理を工夫するための「時短」や「作り置き」レシピもネットを検索すれば山のように出てきます。

時短レシピは作業そのものは時短になっていても、
レシピを探したり、レシピを読みながら作ることで時間が掛かったりトータルで見ると時短と言えるのか疑問でした。レシピの中には時短なのか手抜きなのか・・・簡単だけどおいしさは後回しに感じるものもあります。

作り置きはすぐに食べられる安心感はありましたが、料理する時間がずれているだけで、まとまった料理する時間をどこかで取らなければならない。いつまでも心と時間に余裕を持てずにいました。

しかもレシピを利用するにはあるの知識や技術が必要なうえ、欲しいものを探す検索能力や時間、レシピを読む余裕も必要です。

私自身様々な料理教室に通い生徒として通い、その回数は150回以上、金額にして200万円を超えます。人が飽きることなく食事をするには少なくとも2週間分1日3食×14日=42食分のレパートリーが必要だと言われています。そのために料理教室は料理だけで42回通いました。

料理教室だけではありません。日々の食事はおいしいだけではなく、根本的に生きる為、成長の為に必要な栄養素を満たすことが必要です。管理栄養士の資格以外にも、健康に関する資格や乳幼児などの食事についても学びそんな経験を通して料理や栄養について基本を体得していたからこそ、本当に必要なもの、必要でないものを選び実生活で活かすことができました。

しかし本当に必要だと感じる方は、家事に育児、仕事ととても忙しく、何度も教室に通ったり、時間を掛けて学ぶことが難しい方が多いのではないかと、私自身家庭を持って感じたのです。

そんな私だからこそ家庭料理に必要なものを何度も教室に通うことなく、お伝えできるのではないだろうか?

そんな気づきから生まれたのが、誰でも味が決まる厳選した黄金比と私が培ってきた料理の基本、
そして栄養学を加えた、シーズニングレシピ実践講座です。



毎日の料理の苦痛から解放されて自分と家族の心も体も笑顔になる
シーズニングレシピ実践講座とは?


味の仕組みが分かり、無限にレシピを広げる「黄金比」×本質的な「料理の基本」×栄養学
=家族の心と体が笑顔になり、毎日の料理が楽しくなる「シーズニングレシピ実践講座」

私の○○を受けてくださっている方からは
「目の前の家事に追われて感じられなくなっていた、本来の料理の楽しさを取り戻すことができました。」
「シーズニングレシピのレッスンは、無駄なく実践できるところが良さだと思っています。」
このような声をいただいています。

何か1品自慢の料理を作れるようになりたい、趣味で料理を楽みたいのであれば、あえて黄金比を応用したり、
本質的な料理の基礎や栄養学を身に付ける必要はないと思います。

ですが、もしあなたが長く家族との食卓を楽しみながら大切にしたいのなら・・・
毎日の料理を苦痛に感じることなく進んでできるサイクルつくる方法を身に付けるべきです。
その為には「黄金比」と「料理の基本」はその未来をぐっと近いものにしてくれます。

食事は毎日のこと、ずっと続くことがからこそ、
家族のためにも自分自身のためにも日々の料理を楽しくする人生を送ってください。

講師プロフィール

塚本 万智

1989年岐阜県生まれ。

同志社女子大学管理栄養士専卒業後、ABCcookingstudio(株)入社。

法人事業部、商品開発部を経たのち、スタジオ運営に尽力。
商品開発部ではメニューの開発 法人顧客様へのメニュー開発、撮影、紙面媒体のレシピ監修などに携わり、0からレシピや商品が生まれる過程の虜になる。
スタジオでは授業を受け持ちながら、通学サポートや通い方プランの提案、接客営業、売上管理の他、衛生管理や食材の手配などスタジオ運営に関する業務に幅広く携わりました。自分自身がそうであったように、料理を通して人の表情が変わり、人生が豊かになる姿を直に目にする。
プライベート2度の出産を経験。将来は「家族の為においしいご飯を毎日笑顔でつくりたい」と思っていました私ですが、いざ家庭を持つと、毎日の料理に義務感を覚え苦痛に感じてしまう自分に嫌気がさす。また子育てをする中で、「ママが心身ともに健康で笑顔でいないと家族を幸せにすることは難しい」と強く思う。自分のためにも家族のためにも、毎日ご飯をつくる時間を楽しむため、日々の料理の回し方に目を向けるようになる。

黄金比を実践したことで料理に向かう足取りが軽くなる。また長年悩んでいたダイエットや肌荒れも改善し、毎日の食事の大切さを再確認。

時を同じくして復帰後もスタジオ運営に携わるが思うような結果が残せず、やり場のない気持ちを抱え、これから自分はどう生きたいのか?を見つめ直した結果これからは「家庭と自分の人生をあきらめない女性のサポートがしたい」と7年間働いた大好きだった会社を退職し、独立。

現在は料理教室を運営を中心とした、家庭料理のサポートを行う。
体をつくるための実践的は栄養学と、毎日の生活がまわる具体的な調理技術が強み。



講座の6つの特徴


1「黄金比」から味の仕組みを知り自身で味を決められるようになる
日々の料理には食材をうまく組み合わせて自分でおいしく作れることが料理を楽に、楽しくするための近道です。
自分で想像しおいしく作る力を身につけていけるよう設計しています。
2料理の基本が身に付く
レシピの工程には必ず裏付け(理由)があり、それを知ることでどのような料理にも応用することが出来ます。
3家庭料理に必要な栄養学
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
43ヵ月間の個別フォロー
講座だけでなく、自身のスキルとして身に付けて頂くには、家庭での実践が必要です。家庭での実践を含めてフォローしていきます。
5月2回のレッスン+コンサルティング
料理に関することはもちろん、食事の内容や便秘、むくみなどのお悩みや子どもの食事の悩みもご相談頂けます。食生活は心身に深く関わっているものです。料理だけではなく、生活全体を見つめるきっかけにして頂けばと思います。
また料理の苦痛には様々な要因があります。根本的な解決から、料理本来の楽しさを多くの人に感じて頂ける状態へサポートいたします。
6仲間との出会い
料理や食事・家事の悩みはそれぞの家庭の問題であり、気軽に相談するできる人がいないため、案外孤独なものです。そこで同じ悩みを持った方との横のつながりを大切に励まし合える環境をご用意しています。また人と食事を囲み楽しい空間は、また家庭の食卓へ向かう力もくれるものです。
6仲間との出会い
料理や食事・家事の悩みはそれぞの家庭の問題であり、気軽に相談するできる人がいないため、案外孤独なものです。そこで同じ悩みを持った方との横のつながりを大切に励まし合える環境をご用意しています。また人と食事を囲み楽しい空間は、また家庭の食卓へ向かう力もくれるものです。

カリキュラム


毎日の料理の悩みから解放される!
本質的で実践的な料理を学ぶためのカリキュラム

レッスン1
おいしさの仕組みと5つの「黄金比」
・料理の上達に必要なたった一つのこと
・おいしさと味について
・黄金比と調味料
・「焼く」「炒める」の解説/肉・魚の下処理の基本
★黄金比①(8品)の使い方
レッスン2
食材と黄金比の組み合わせ方
・うま味とだしについて
・メニュー(レシピ)の組み立て方
・「煮る」の解説/野菜の切り方の解説
★黄金比2(5品)黄金比4(2品)の使い方
レッスン3
黄金比と料理の基礎を身に付ける
・献立の立て方
・「煮る」「茹でる」の解説
★黄金比3の使い方(7品)
レッスン4
バリエーションの広げ方を知る
・黄金比のバリエーションを広げる+α調味料と考え方
・調味料の種類
・「揚げる」の解説
★黄金比4(2品)黄金比5(5品)の使い方
レッスン5
料理をより楽しいものへ
・盛り付けについて
・とっさの栄える盛り付け
レッスン4の課題より1人1品おひろめ会
★黄金比+α(4品)の使い方
★黄金比4(2品)
レッスン6
食事の質を高めよう
・糖質について/料理で使う甘味の種類
・脂質について/良い油とは/油の種類と使い方
・たんぱく質について/効率の良い組み合わせ
・ビタミン・ミネラルの役割
・老化を防ぐ食事・調理法
★「蒸し煮」について/体質改善・リセット・アンチエイジングによい食事6品
レッスン2
食材と黄金比の組み合わせ方
・うま味とだしについて
・メニュー(レシピ)の組み立て方
・「煮る」の解説/野菜の切り方の解説
★黄金比2(5品)黄金比4(2品)の使い方

選べる2つのコース


スタンダードコース

講座に通えない方へ!
オンライン受講


シーズニングレシピ実践講座を受けることで、得られる結果


  • 食卓で家族の会話がはずみ、自然と笑顔になります
  • 家族が「ママの料理が一番おいしい!」と思ってくれるようになります。
  • 料理への苦手意識がなくなり、自分の料理に自信が持てるようになります。
  • 外食や総菜、コンビニ、冷凍食品やレトルトの調味料をネガティブな理由で選ぶことが無くなります。
  • 忙しくても、時間が無くても、心に余裕を持ってご飯の支度ができます。
  • 材料を余らせることなく、新鮮な状態で使い切れるようになります。
  • 自分の食事の軸ができ、毎日の料理や食生活に悩むことが減ります
  • 子どもとキッチンに立つ機会が増えます。
  • 献立に迷う時間や、料理に掛ける時間が減り、自分の時間が持てるようになります。
  • 家族のためにおいしい料理つくり、笑顔と健康を守る使命感を満たすことで、自分の人生の充実度が増します。
  • 1日3度あるご飯の時間が楽しいものに変わり、家族との関係も深まります。
  • おいしいだけではなく、生きる為・成長の為・活力を維持するために必要な栄養素を摂れる、大切な家族の健康にを考えた料理がつくれるようになります。
  • 家族が「ママの料理が一番おいしい!」と思ってくれるようになります。
シーズニングレシピ実践講座

個別オンライン説明会を開催!

zoom(テレビ電話)でシーズニングレシピ講座のサービスを
丁寧にご説明します。
オンライン説明会では1対1という誰にも干渉されることのない環境でお話刷ることが出来るため、
人前では少し恥ずかしくて言えないようなことも話しやすい環境で、大変ご好評いただいております。

どのような雰囲気でお話をするのかというと、このような感じです!
ご覧いただければ分かると思いますが、堅苦しい説明会という雰囲気ではなく、気軽にお話しができる環境ですのでご安心ください。
オンライン説明会の時間ですが、お1人様、約60分となっております。
シーズニングレシピ講座を実践することで、今抱えている悩みや問題をどのように解決することができるのか具体的にお話することができるので
日々の料理を変えられそう!ワクワクしたとご感想いただいています。

ぜひ今あなたが抱えている悩みをいつまでも心の奥にしまっておくのではなく、これをきっかけに打ち明けて前に進んでください。
Step.1
当ページの申し込みフォームから申し込みを完了します。
Step.2
個別にメールさせていただき、日時を決定します。
Step.3
指定日に個別オンライン説明会を開催(60分程度)
Step.2
個別にメールさせていただき、日時を決定します。
シーズニングレシピ個別オンライン説明会はzoomというアプリを使って行います。
こちらからお送りするリンクをクリックするだけで通話できるようになりますので設定などは一切不要で気軽にビデオ通話をすることができます。
小見出し

個別オンライン説明会の
参加費

今回募集している個別オンライン説明会ですが、少しでも多くの方にきっかけを与える事ができればと思っているので、参加費は一切いただきません。
完全無料でご参加いただけるので、ぜひ、個別オンライン説明会にお越しください。

シーズニングレシピ実践講座は
こんな人にオススメです!


  • 毎日の献立・料理の悩みから解放されたい方
  • 毎日の食卓から、家族の笑顔と健康に貢献していきたい方
  • 長く家族に愛される食卓をつくっていきたい方
  • 忙しい生活の中でも、食事を整えたい方
  • 自分を犠牲にすることなく、家族のために料理をしたい方
  • 毎日の食卓から、家族の笑顔と健康に貢献していきたい方
  • 今の家事に不満や悩みがあり、一度時間を作って見直したい方
  • どんな料理にも応用できる、本質的な料理の基礎を身に付けたい方
  • レシピ本やネットを検索しなくとも、料理がささっとできるようになりたい方
  • おもてなしや凝った料理ではなく、一生使える家庭料理を身に付けたい方
  • 毎日の食卓から、家族の笑顔と健康に貢献していきたい方

さらに!個別オンライン説明会参加者に
特別な特典をプレゼント!


ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

残り枠わずか!

シーズニングレシピ実践講座
個別オンライン説明会
本ページからお申込み頂くと塚本万智が発行する個別説明会用メール(無料)に代理登録されます。登録されたメールアドレス宛てに個別相談の詳しいご説明とスケジュール確認をお送りします。
お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取り扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールの配信の他、お客様へのご連絡の目的でのみ使用します。

Q&A


Q.持ち物は何ですか?
A.エプロン・ハンドタオル・スリッパ・筆記用具です。万が一忘れてしまった場合には、予備を準備しておりますのでご安心ください。
Q.レッスンの定員は何名ですか?
A.レッスンは最大4名までの少人数制です。それぞれの方に合わせて進めていきますのでご安心ください。
Q.どうしても出席できない回があるのですが、フォローはありますか?
すべてを受講することで効果が得られるように設計されています。やむを得ない事情を除き、原則全ての回にご参加いただきたいのですが、欠席された回は別日に個別開催しフォローいたします。
Q.講座の受講を考えているのですが分割払いなどはご対応いただけますでしょうか?
A.はい!銀行振込一括払い・クレジットカード一括払い・クレジットカード分割のお支払いが選択できます。最大〇(24)分割まで決済のご対応をしておりますのでご安心ください。
Q. 分からないことや聞きたいことがあった時はどのように対応してくださるのでしょうか?
A. 困ったときはいつでもオンラインで質問可能です。合計3ヶ月間の密着サポートで徹底的に疑問・不安を解消します。
Q. 個別オンライン説明会で強引なセールスをされるのではないかと不安なのですが・・・
A.仮に強引にセールスをして無理やりお申し込みいただいたとしても、ご本人にやる気がなければ結果は出ませんので、強引にサービスを販売することに何のメリットもありません。
私もお一人お一人に真剣に向き合いたいと、この仕事にエネルギーを注いでいます。
Q. zoomを使ったことがないのでうまくお話できるか不安なのですが、設定など難しいのでしょうか?
A. zoomは弊社からURLをお送りしますのでそのURLをクリックしていただければ、すぐに通話を開始することができます。
もし、うまくいかなくてもしっかりとサポートさせていただきますので安心してお申し込みください。
Q.受講していることが公になるのは控えたいのですが…
A.講座申し込みから卒業後まで、受講生のプライバシーを守ります。 個人が公に特定されないよう配慮いたしますので、安心して参加してください。
Q.どうしても出席できない回があるのですが、フォローはありますか?
すべてを受講することで効果が得られるように設計されています。やむを得ない事情を除き、原則全ての回にご参加いただきたいのですが、欠席された回は別日に個別開催しフォローいたします。
Q.お昼の準備は必要ですか?
A.講座当日は、試作したものを皆さまでいただきます。 何種類も作りますので楽しみにされて下さい。
Q. 料理初心者なのですが、そんな私でも大丈夫でしょうか?
A.全然大丈夫です。初めてのことは時間がかかりますが、やれば必ずできます。
むしろ本質的な料理の基本を知っておくと、他の料理教室で珍しい料理を習ったり、新しいレシピに挑戦することもより楽しめます。
Q.どうしても出席できない回があるのですが、フォローはありますか?
すべてを受講することで効果が得られるように設計されています。やむを得ない事情を除き、原則全ての回にご参加いただきたいのですが、欠席された回は別日に個別開催しフォローいたします。

シーズニングレシピ実践講座は
個別オンライン説明会に参加された方のみが
対象となります


シーズニングレシピ実践講座の個別オンライン説明会は、色んな方に参加をしていただいて、少しでも今の状況から変わる事ができる!

という事に気づいてほしいので、基本的にはどなたでもご参加できますが、ご受講は誰でもウェルカムという訳ではありません。

シーズニングレシピ実践講座はただの料理教室ではなく、本質的なものに価値を見出し自分と家族を幸せにしていきたいと思う人のためにある!と私は思っています。

なので今の募集期間だけしか案内をしていませんし、個別オンライン説明会では本気で人生を変えたいと思っている人にしかご受講を案内していません。

今の状況から抜け出したい!
と心の底から思っているなら、ぜひ、個別オンライン説明会にご参加ください。

残り枠わずか!

シーズニングレシピ実践講座
オンライン説明会
本ページからお申込み頂くと塚本万智が発行する個別説明会用メール(無料)に代理登録されます。登録されたメールアドレス宛てに個別相談の詳しいご説明とスケジュール確認をお送りします。
お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取り扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールの配信の他、お客様へのご連絡の目的でのみ使用します。

追伸


会社員時代、ABC cooking studioの世界中に笑顔の溢れる食卓をという企業理念のもと
商品開発やスタジオ運営に携わってきました。

私たちをつくる日々の食事つまり家庭料理のきっかけを生む仕事、
そして食を囲む時間をたくさんの人と共有できる仕事は私にとって「天職だ」と思っていました。

そんな私に転機が訪れたのは、2度の出産・復職。家族にもおいしいご飯を毎日作ってあげたい気持ちがるのに、料理に義務感を覚え、日に日に苦痛に。イヤイヤ作る料理は誰もおいしく食べてくれません。
家族で囲む食卓は、忙しい日々の中でほっとできる場所であるはずなのに、私にとっては毎日やってくる憂うつへと変わってしまったのです。


忙しい日々の中でキッチンに立ち
「大切な家族のためにおいしいご飯を作ってあげたい」というママの純粋な気持ちを応援したい。

一番身近な家族を幸せにしながら、自分自身も幸せになってもらいたい。

食の本来持つよろこびを心から感じられるお手伝いができたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

塚本 万智