コロナ禍を生き抜

発症・重症化は免疫力を
上げると防げます!
コロナに負けない
秘訣を伝授!

すぐ実践できる実用的内容
10人中9人が満足と回答
現役薬剤師が講師を担当
嬉しい無料メール講座
10日間の集中コース

こんなお悩みありませんか??

  • ネットでコロナ情報を読むと不安になる
  • 外出自粛でストレスが溜まる
  • マスク、手洗い以外のコロナ対策を知りたい
  • コロナのせいで太った
  • コロナで街を歩くのが怖い
  • 外出自粛でストレスが溜まる

学べること

  • 免疫力が低いと体の中で起きること
  • テレビでは教えてくれない
    新型コロナの真実
  • 免疫力アップのためのラクちん運動法
  • 免疫力アップのためしっかり眠る方法
  • 免疫力を下げないストレス対策まとめ
  • 免疫力アップのための摂るべき食事術
  • など
  • テレビでは教えてくれない
    新型コロナの真実
メール講座内容一部抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
厚生労働省が公開している
健康づくりのための身体活動基準・指針
では息が弾んで汗をかく程度の運動を
毎週60分おこなうことを勧めています

週1回60分でもいいですし
週3回に分けて20分ずつでも
OKです

ただし1つ注意点があります

適度な運動は免疫力を高めますが
やり過ぎは免疫力を下げます

スポーツ選手が大きい大会の後に
風邪をひきやすいのはこのためです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(免疫力アップのためのラクちん運動法より)

はじめまして
薬剤師こうへいです

コロナウイルスの世界的流行により
あなたの生活と健康が脅かされています。

世界のコロナウイルス感染者数は1.4億人を超え、
死者も300万人に上ります。

政府がどれだけ対応策を出しても
完全に抑え込むことはできていません。
ついに3度目の緊急事態宣言も出されました

つまり、あなたは自分の力で
コロナに立ち向かわなければなりません。

コロナに感染して無症状の人もいれば
重症化する人もいます。

この差を分けるのは『免疫力』です。

免疫とは外から侵入した細菌やウイルスを
撃退する自己防衛システムのことです。

免疫力が高いか低いかは
免疫を司る細胞の活性率を
血液検査で調べることで確認できます。

高い免疫力をつけることで、例え
感染したとしても発症や重症化を
防ぐことができます。

しかし、免疫力は加齢や生活習慣により
大きく低下しまうのが事実。

これ以上コロナで悲しむ人が
増えないように免疫力をアップさせる
方法をテレビで放送して欲しいですよね。

しかし、テレビは感染者数を報道する
ばかりで実際役に立つ対策は教えていません。

それならば薬剤師である私が
1人でも多くの人に正しい知識を
伝えようと思い、今回行動を起こしました。

あなたにお届けする「免疫力アップ講座」は
全10回10日間完成のメール講座となっています。

この講座が終わったとき
あなたはコロナに対抗できる方法を
手に入れています。

完全無料でありながら役に立つと好評のため
とても多くの皆さまに利用していただいてます。

今回は100限定でのご案内と
なっています。

講座内容にご納得頂けなければ
いつでも中止することができます。

コロナに負けない術を身につけるため
ぜひ「免疫力アップ」メール講座に
ご登録ください!

登録にかかる時間はたった20秒!

登録受付中!申し込みは下記のボタンから

参加者の声

医療従事者から教えてもらえる機会はなかなかないので、もっと早く受講したかったです。コロナ禍の中、自分が今後どのように過ごしていけばいいのか、具体的に教えてくれて役に立ちました。
60歳代 男性
毎日コロナの報道ばかりで不安に過ごしていました。講座内容は優しく分かりやすかったです。私でもその日からできることを学べて、コロナに抱いていた不安を無くすことができました。しかも、個人的に気になっていた健康相談にのってもらえてとても助かりました。こんなに濃い内容で無料はお得過ぎです。
50歳代 女性
毎日コロナの報道ばかりで不安に過ごしていました。講座内容は優しく分かりやすかったです。私でもその日からできることを学べて、コロナに抱いていた不安を無くすことができました。しかも、個人的に気になっていた健康相談にのってもらえてとても助かりました。こんなに濃い内容で無料はお得過ぎです。
50歳代 女性

今だけ特別企画開催!

薬剤師があなたの
健康相談に無料でお答え!
手順は簡単
メール講座に登録するだけ
メール内で質問の仕方を
ご案内します


講師あいさつ

薬剤師こうへいです。世の中はコロナのせいでたくさんの人が生活や健康の影響を受けています。そんな中、コロナに対して間違った知識が拡散されているケースが少なくありません。大切なのは誰がその情報を発信しているのかということ。この講座では私が根拠あるデータを元にして話をするので安心して学ぶことができます。ぜひ受講ください