我が子をもっと理解したい!
〜子どもの行動からのメッセージ・
            そしてお母さんのホンネ~

「我が子を知りたい」我が子を理解するとは?
ばななせんせい お話会
5月16日㈰10時

「自分の子どもが理解できない」
「子どもの気持ちが分からない」

そんな相談を ばななは めっちゃ受けてきました。
特に多かったのは4つ。
①子どもをどう褒めたり叱ったりしたらいいの?
②忘れ物、宿題をやらないときにどう対応したらいいの?
③友達や先生との関係が歯がゆいんです。
④学校や塾に行かないんです。
この4大質問について 「どう対処したら…」 ぼくも むっちゃ研究しました。
観察、対処、経過観察を重ねました。
教育現場に23年間、お母さんの相談業務を7年間やってきました。
子供達とも、お母さん達とも関わったからこそ分かったことがたくさんあります。
そのことを一つ一つの質問に照らし合わせてお答えします。

そして、僕自身の経験も。
ぼくの子どもが小さい頃、 友達のカウンセラーに相談したことがあります。
その時に 「そもそも、あなた自身の気持ちをわかってるの?」 って逆質問され、
何も答えられずヘコんだことがあります。

子どもの気持ちや行動の前に
【自分の気持ちが分かってなかった】んです。
例えば、叱ることについて。
自分が悲しくって叱っているのか、
自分の中に子どもの成長が見えたから背中を押すために叱っているのかでは
ぜんぜん違います。
子どもを変える第一歩は自分の気持ち、
つまり【ホンネ】を知ることも大切だとぼく自身の経験から思っています。

そのお悩み解決します!

このお話し会に参加すると

育児や子育てのよりよい方法を知り、
子育てを楽しめるようになります。

子育ての悩みを解消したい方は、
子育てのストレスを軽減できます。

子どもともっと仲良くなりたい方は、
親子で楽しく暮す方法がわかります。

子育てでの自分のホンネを知りたい方は、
自分の中にある子育ての罪悪感やモヤモヤを解消できます。

講師紹介

ばななせんせい
元小学校教諭。
子どもの自尊感情の低さにびっくりして「かかりの時間」「自分科」を考案。
子どもがお母さんが大好きで、お母さんに承認されたくって頑張っていることを知り、お母さんに「あんたらしいって言いなさい」と提案する。
しかし、お母さんたちはさらに「自分嫌い」だと知る。
そこでお母さん、そのご家族に「かかりの時間」「自分科」を行う。
2014年より大人を子どもの頃に引き戻すお話会、自己発見セミナー「あり方スクール」「ばなな塾」を400本近く開催。
大人が子どもの頃を思い出す場作りが上手。
「小学校3,4年生が本質」を地で行く子ども心満載のおっさん。
日本を一つのクラス(暮らす)に日本中の家族の幸せを願い、大好きな奥さんと共に活動している。
著書
教室は小さな宇宙
教室は小さな宇宙
画面の前で皆さんにお会いできることを
ココロから楽しみにしております。

詳細

【日程】 5月16日(日) 10時~12時
【参加費】 2000円
【場所】 zoomを使用 
※参加される方には申し込み後IDをお知らせします
【定員】 50名
【場所】 zoomを使用 
※参加される方には申し込み後IDをお知らせします