前橋で注文住宅を建てる方が知っておきたいこと

前橋で注文住宅を建てたいと考えているなら、住宅づくりの基本的なことからチェックしてみましょう。家づくりは何もわからないという方は、基本的な情報収集から始めると、失敗が減らせます。建て主が覚えておきたい家づくりの基礎をまとめてみました。

■メンテナンスに影響する
サイディングの選び方

・サイディングは4種類

以前の住宅といえば、モルタル仕上げが一般的でした。今では住宅構造の上から張ることができる、サイディングが多く使われています。サイディングは窯業系、金属系、木質系、樹脂系の4種類があります。今では窯業系と呼ばれる、セメントと繊維質を使ったものが主流です。

・サイディングは塗り直しが必要

家を建てるときに外装にサイディングを選ぶなら、再塗装のことを理解しておきましょう。サイディングはある程度耐久性のある塗装が施されていますが、一生持つわけではありません。日がよく当たるところでは劣化しやすく、数年で塗り直しが必要なこともあります。多くの場合10年ごとに再塗装が必要です。

・新素材のサイディングもチェック

近年では耐久性がアップしたサイディングも登場しています。10年に一度の再塗装だと、100万円くらいの費用がかかるので、コストダウンしたい方もいるでしょう。最近のサイディングは30年保証のものも出ているので、耐久性がアップしています。

■家づくりで注目したいカウンターキッチン

・今注目のフラット対面式キッチン

今までの主流となるカウンターキッチンは、ステップ対面式カウンターキッチンです。ダイニングに対して天板が高く立ち上がっているので、手元が見えにくくなっています。最近では開放的な雰囲気の、フラット対面式キッチンが人気です。立ち上がる壁がなく、キッチンの天板をそのままテーブルにも使うことができます。

・家族が参加しやすいキッチンになる

フラット対面式キッチンは、フルオープンになっているので、家族が参加しやすいキッチンになります。今では共働きの家庭も多いため、料理や後片付けは家族みんなで行いたい場合もあるでしょう。オープンになっていれば、遮る物がなく料理をしている人が孤立しません。配膳を子どもに楽しんだり、後片付けをみんなで一緒にやったりできます。

・油や水のデメリットを解消する工夫

フラット対面式キッチンは人気なのですが、その代わり油跳ねや水の音が気になる方もいるでしょう。油跳ねが気になる方は、コンロ周りだけ壁で覆うことで解消しやすくなります。シンクも水の音が出にくいタイプが出ているので、比較するようにしましょう。

■価格に影響する延床面積について

・延床面積とは

家を広くしたいなら延床面積を広くしなければなりません。しかし、延床面積が広くなれば、当然建築価格も高くなってしまうので、費用に制限があると限界があります。建築価格が高くなれば固定資産税にも影響するため、床延面積に含まれない部分を活用して、部屋を広くする考え方があります。

・リビング繋ぎのバルコニー

バルコニーは外壁から2m以下までなら、延床面積に含めません。外壁から2mまでの広さは、設置してみると意外と広く、リビングと隣接することで部屋が広くなったように感じられます。リビングの開口部を広くすれば、窓を開けると一部屋のように使えるでしょう。

・趣味の部屋にできるロフト

ロフトは天井の高さが1.4m以下で、ロフトを設置する部屋の半分の広さであれば、延床面積に含まれません。ちょっとしたスペースでも趣味の部屋にすることもできるので、部屋数を増やしたい方は設置を考えてみましょう。スペースが小さくても立派な書斎変わりにもなります。

■建築費用に必要な費用の違い

・1,000万円台の家

できるだけ建築費用を抑えたいと考えているなら、1,000万円台の家を目指してみましょう。若いカップルが家を建てるときなど、住宅づくりに費用をかけられない家庭で選んでいます。建物はシンプルで、大量生産でコストを減らせる規格住宅で多いタイプです。

・2,000万円代の家

予算が2,000万円まであがると、オプションを追加したり、住宅設備をグレードアップしたりできます。予算内に収めようとすると全ての希望を叶えることはできませんが、一部の希望は取り入れることができるでしょう。家族で家に求める希望が明確になっているなら、2,000万円台を想定しましょう。

・3,000万円台の家

3,000万円台となってくると、通常の設備よりワンランクアップできます。ビニールクロスを漆喰に変えたり、無垢材のフローリングに変えたりできるでしょう。自分たちの好みが明確なら、3,000万円台まで予算を持っておくと、自由度が高くなります。

■注文住宅が建てられる工務店のメリット

・自由度が高い設計が可能

ハウスメーカーは規格住宅を得意とするのに対し、工務店は1家庭ごとに自由度の高い設計が特徴です。創作家具を作り上げたり、住宅建材を天然素材に変えたりなど、それぞれの家庭ごとにプランニングしてくれます。希望が多い家庭は、最初から自由設計が可能な工務店がおすすめです。

・アフターメンテナンスが充実している

工務店は自社で大工を抱えているところもあります。そのため、ちょっとした手直し程度なら、無料で対応してくれるところもあります。工務店の多くは住んだ後もお付き合いできる対応を重視しているところが多いので、将来的なリフォームも一貫して依頼しやすいでしょう。

・当たり外れがある

工務店は自由設計とアフターサービスが売りですが、理想の家が建てられるかは、その工務店の対応の良さによって変わります。理想の家のためには、その工務店が得意とすることを理解する必要があるでしょう。品質に関してもバラバラのため、事前に確認しておいてください。

前橋の工務店で注文住宅を建てたい方は、リンクをクリックして情報を確認してみてください。

■まとめ

前橋で注文住宅を建てようと考えているなら、住宅づくりの基本的なことをチェックしておいてください。家づくりは難しく考えず、理想の家を建てられるパートナーと協力して進めていきましょう。何でも相談できる工務店なら、細かい部分にも対応できる可能性があります。