マウスピース矯正のメリットや注意点について

矯正中に「矯正しています」的な強調をすることに苦手意識を持たれていたのが、矯正治療です。ただ、マウスピース矯正が注目されるようになってから、そういったストレスから解放される人も増えてきました。今回は、マウスピース矯正のメリットや注意点などについて紹介していきましょう。

マウスピース矯正の基礎知識

マウスピース矯正は「インビザライン」とも呼ばれる透明な矯正器具を使うものです。透明なマウスピースをつけることで、目立たないまま治療が可能となり、自分で取り外しもできるようになりました。こちらでは、マウスピース矯正の基礎知識について見ていきましょう。

 

・通院頻度が少ない

マウスピース矯正であれば、一般矯正治療よりも通院頻度を抑えることができます。そのため、仕事などで通院時間を捻出することに苦労していた人も気軽に矯正治療ができるようになったのです。

 

・症状によっては難しい

すべての人にマウスピース矯正が可能なわけではありません。歯の状態や症状によっては、マウスピース矯正が難しい場合もあるので注意しましょう。まずは、医師に検査と診察をしてもらいましょう。

 

・ドクターの腕次第

マウスピース矯正は手軽なものという認識があります。患者にとっては手軽ですが、ドクターの技術に左右されがちな矯正方法でもあるのです。そのため、クリニック選びは慎重に行わないといけません。

マウスピース矯正のメリット

こちらではマウスピース矯正のメリットについて見ていきましょう。矯正方法に悩んでいる人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

・目立たない

マウスピース矯正の最大のメリットと言えば、やはり目立たないことでしょう。透明なマウスピースを使うので、パッと見ただけでは矯正治療をしているように見えないのです。

 

・手入れしやすい

マウスピース矯正は自分で取り外しが可能なので、手入れをしやすいのもメリットです。ワイヤー矯正とは異なって、歯の手入れをしやすくなります。取り外しが可能だからこそ、しっかり歯のケアなどもできます。

 

・対応症例数が多いクリニックもある

クリニックにもよりますが、マウスピース矯正の症例数が多いところも少なくありません。そのため、安全にマウスピース矯正をすることができるのです。

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正はメリットが多い矯正方法ですが、注意点もあります。こちらでは、どんな注意点があるのかを見ていきましょう。

 

・紛失の可能性がある

取り外しの可能性があるので、取り外した時に「あれ?」となってしまうこともあります。外出中に取り外すことは滅多にないかもしれませんが、紛失のリスクがゼロではないことも覚えておきましょう。

 

・治療期間が長くなる

装着時間が短いと歯が動きません。そのため、使用状況が悪いことで治療期間が伸びてしまうことは多いようです。取り外し可能だからこそ、違和感を覚えてマウスピースを装着していない時間が長くなる人もいます。

 

・長期安定性については不明確

マウスピース矯正は比較的新しい治療方法です。そのため、ワイヤー矯正のような安定性などは不明瞭となっている部分があります。ワイヤー矯正のように、時間をかけてさまざまなケースを見てきたケースとは異なるようです。

マウスピース矯正クリニックの選び方

マウスピース矯正治療を検討している人は、慎重なクリニック選びかが重要です。こちらでは、どんな部分に注目して選ぶべきかを見ていきましょう。マウスピース矯正に対応していないクリニックなどもあるので「矯正歯科だから大丈夫」という考えは避けてください。

 

・実績

マウスピース矯正の実績が豊富かどうかに注目してください。実績が豊富ではないクリニックで治療をしてもらうと、失敗のリスクもあるからです。失敗のリスクを避けるためにも、実績は重視しましょう。

 

・評判

クリニックの評判も調べておくことをおすすめします。ただ、インターネットでは誹謗中傷のようにデマを真実であるかのような書き方をする人もいます。逆に、評判が悪いのに良い評判ばかり、という書き方をする人もいるのです。そのため、ひとつやふたつの口コミ評判を鵜呑みにするのは危険です。総合的な評価で見極めるようにしてください。

 

・スタッフの対応

いくら腕が良くても、スタッフの対応が悪ければ満足できません。丁寧な対応をしてくれるクリニックかどうか、分からないことはしっかり説明してくれる医師かどうかも見極めてください。

マウスピース矯正について他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

マウスピース矯正は多くの人に利用されています。
そのため、以前よりも対応クリニックが増えている傾向があるのです。
矯正治療で目立ちたくない人は、マウスピース矯正を検討してみてはいかがでしょうか。