目の下のたるみ施術は
失敗しないの?

年齢を重ねるごとに目の下のたるみが気になっている場合は、施術を考えていないでしょうか?しかし失敗するリスクを考えると、なかなか行動に起こせない方も多いと思います。どのような施術があるか紹介します。

目の下がたるむ原因とは?

・筋肉の衰え

目の下がたるむ原因のひとつが、筋肉の衰えです。目の周りには筋肉があり、眼球を支える役割があります。しかし加齢により筋力が低下すると、目の下がたるみます。また目の周りの筋肉を使う機会が少ない方は、年齢を重ねなくてもたるみやすいでしょう。

 

・張り成分の減少

目の周りの肌を支える役割は、肌の張り成分も関係します。肌内にあるコラーゲンやエラスチンは、肌の張りを保ち、目の下のたるみ予防にも役立っています。ところが加齢や紫外線の影響でコラーゲン・エラスチンの生成力が衰えると、目の下がたるんでくるのです。

目の下のたるみを解消するセルフケア

・目の周りの筋肉を使う

普段から目の周りにある筋肉を使う機会が少ない方は、意識して動かしましょう。目を八の字を描くように動かすだけでも、目の周りの筋肉が刺激できます。またまぶたやおでこを抑えながら、目の周りの筋肉を動かすようにしましょう。

 

・張り生成成分を使う

美容液などを使って、コラーゲンやエラスチンを肌に補いましょう。年齢的に張り成分が不足している方におすすめの対策です。アイケア専用の美容液は、肌の張りをアップする成分が含まれています。

 

・メイクでカバーする

目の下のたるみが気になっている方は、メイクを使えば即効でカバーできます。コンシーラーやハイライトなどを使って、目の周りを明るくしましょう。影ができているとたるみが目立ちやすいので、色を使ったカバー方法がおすすめです。

目の下のたるみを改善する施術方法

・脂肪除去

目の下のたるみが気になっている場合は、たるんでいる部分の脂肪を除去しましょう。皮膚の一部を切開して、脂肪を除去し、たるんでいる部分を縫い合わせて解消させます。切開は目立たない場所でおこないます。

 

・注射で張りを出す

施術の中には、メスを使わない方法もあります。ヒアルロン酸を注射で注入する方法は、成分を足して肌の張りをアップさせます。時間が経つと吸収されますが、人体に影響がない成分を使うため、リスクは最小限です。

施術で失敗を減らす方法

・皮膚を切開しない方法を選ぶ

目の下の脂肪を除去する方法の中には、メスを入れない方法もあります。経結膜脱脂法なら、切らない施術のため失敗を減らすことができるでしょう。下まぶたの裏側からなので、傷跡が目立ちません。表面にできる傷を減らした方におすすめです。

 

・ヒアルロン酸注入からやる

ヒアルロン酸は時間とともに吸収されていくため、失敗のリスクがありません。時間が経てば元に戻ります。最初から皮膚を切開する方法を選択するのではなく、軽度の症状ならヒアルロン酸注入から試しましょう。効果が得られなくなってから、切開する施術を選んでも遅くはありません。

 

・脂肪注入の方法も

目の下のたるみの原因は、年齢的に脂肪が減少したことも原因として挙げられます。脂肪除去だけでなく、脂肪注入の方法も検討しておきましょう。自分の脂肪を入れる方法で、目元をふっくらさせたい方におすすめです。最近体重が減り脂肪が落ちた方も、脂肪注入が向いています。

失敗を減らすクリニックの選び方

・話しやすいドクターを選ぶ

美容クリニックは、クリニックで選ぶのではなくドクターで比較しましょう。話しやすいドクターがいるクリニックなら、ささいなことでも相談できます。親身になって聞いてくれると感じるドクターを選びましょう。ドクターの相性が良いクリニックは、仕上がりの希望までしっかり伝えられるメリットがあります。

 

・希望を押し付けない

目の下のたるみを改善したいといっても、どのような仕上がりになりたいかは人それぞれです。ドクターが特定の施術方法を押し付ける場合は、避けるようにしましょう。幅広い施術も提案してくれるクリニックなら、失敗のリスクを減らすことができます。1つの施術に拘らず、複数の方法で比較しましょう。

 

・受付の対応で比較する

美容クリニックがどのような基準で対応しているのか、受付の様子でもわかります。院長のレベルが高ければ、当然受付スタッフの対応もよくなるでしょう。笑顔で話しかけてくれる、清潔感がある、困ったことに対応してくれるスタッフがいれば、安心して任せられます。

目の下のたるみ失敗予防は、下記リンクからご覧ください。

まとめ

目の下のたるみを改善したい方は、クリニックをしっかり比較しましょう。
医師の腕がいいクリニックなら、安心して任せることができます。
医師との相性も施術の質に関係してくるため、
複数のクリニックでセカンドオピニオンを受けるのもおすすめです。