シミ除去ならピコレーザーがおすすめの理由とは?

毎日肌のお手入れを欠かさず行っていても、シミが目立ってくることがあります。スキンケアもある程度は効果が期待できるのですが、年齢の影響でお手入れが追い付かなくなり、シミが落ちにくくなってしまうでしょう。そのようなときに活用したいのが、ピコレーザーです。なぜピコレーザーはシミにおすすめなのか紹介します。

シミはなぜできてしまうのか?

・紫外線を浴びるとメラニンが生成される

紫外線を浴びると肌を守ろうとする働きから、メラニン色素ができます。メラニン色素は肌の代謝によって剥がれ落ちるため、紫外線を浴びたからといって必ずしもシミができるわけではありません。肌は約28日間で徐々に押し出されて排出されるので、このときにメラニンも一緒に押し出されます。肌のターンオーバーが正常であれば、シミができてしまうことはないのです。

 

・ターンオーバーが乱れるとシミができる

何らかの原因で肌のターンオーバーが乱れると、メラニンが肌に蓄積していき、シミとなって現れていきます。シミとは大量に蓄積したメラニンのことです。肌にシミができるようになったら、肌の代謝が落ちているため、何らかの対策をしなければなりません。

できたシミは消すことができるの?

・肌のターンオーバーを促す

できてしまったシミは完全に除去することはできません。しかし肌のターンオーバーを促すことで、シミを薄くすることはできます。ターンオーバーの乱れは加齢による影響や、睡眠不足、喫煙などによる活性酸素の影響などが原因です。日常生活で肌のターンオーバーが乱れる原因をできるだけ取り除きながら、肌の代謝を促しましょう。

 

・化粧品はメラニンの生成を防ぐ役割

美白化粧品にはビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分が含まれています。これらはシミの元となるメラニンの生成を防ぐもので、シミを完全に除去するものではありません。日常生活で使う美白化粧品は、シミの予防目的で使うものです。

・医薬品成分でシミを消す方法も

一般的に美白化粧品でシミを除去できませんが、医薬成分を使ってシミを除去する方法もあります。その代表例がハイドロキノンです。作用が強いことから以前は医師の処方がなければ使うことができませんでした。しかし、最近は化粧品にも使用することができるようになっています。

 

・レーザーでシミを消す

毎日のスキンケアでシミ対策に限界を感じたら、クリニックでシミを除去しましょう。レーザーによるシミ除去の施術は、エネルギーの力を使ってシミを破壊するものです。シミ消しのレーザーは、QスイッチレーザーやYAGレーザーなどが用いられています。しかし、これらのシミ除去レーザーは、痛みを感じやすくダウンタイムが長いのがデメリットです。

シミ除去におすすめのピコレーザーとは?

・短い時間で照射する方法

ピコレーザーは、「ピコ秒」と呼ばれる短い時間で照射します。ピコ秒はナノ秒よりも短い時間で、ほんの一瞬のみです。そのため従来からあるレーザーより痛みが少なく、より深い部分まで照射することができます。今までのレーザーでは除去が難しかった、色が付いたタトゥーの除去にも対応したレーザーです。

 

・小さな粒子も破壊する

ピコレーザーは短いパルス幅を使ったレーザーで、小さな粒子も破壊させます。従来のレーザーでは破壊する粒子が大きく、完全に消せない場合がありました。しかし、ピコレーザーなら従来のレーザーで砕いた大きさよりも、さらに小さい粒子へと対応する方法です。そのため、タトゥーやシミの除去もしやすくなりました。

 

・痛みが少ないレーザー

ピコレーザーは痛みが少ないレーザーです。レーザーの痛みは照射する時間に比例しやすいのですが、短い時間で済むピコレーザーは痛みが少なくなります。レーザーを照射したときに熱エネルギーが少なく、周辺組織への影響も極力減らせるタイプです。レーザーでシミ除去に興味があっても、レーザーの痛みが気になって施術できなかった方にも、ピコレーザーをおすすめします。

ピコレーザーは2種類の施術に対応

・ピコトーニング

ピコトーニングは短い照射でシミに対応する方法です。レーザーは照射時間が短いほど、シミによく反応します。レーザーはメラニン色素に反応する働きを活用しながら、シミやソバカスに対応することができます。熱ではなく衝撃派でメラニンを破壊するタイプで、従来からあるレーザーでは効果を感じにくかった方におすすめです。施術回数が少なくてよく、肌への痛みやダメージも減らすことができます。

 

・ピコフラクショナル

ピコフラクショナルとは高密度のレーザーを照射する方法です。レーザーを肌に照射すると、衝撃派により表皮に空洞ができます。空洞ができた部分はコラーゲンやエラスチンの生成が促され、若返り効果が期待できるでしょう。そのため、ピコフラクショナルはシワやたるみなどに活用されている施術方法です。従来のレーザーと比べて痛みも少なく、肌へのダメージを減らすことができます。

ピコレーザーが受けられるクリニック情報はこちらから確認できます。

まとめ

ピコレーザーはまだ新しいレーザーのため、クリニックによっては取り扱ってない場合があります。従来のレーザーより痛みや肌への負担が少なく、シミへの効果を求めるなら、ピコレーザーがおすすめです。ピコレーザーに対応するクリニックの情報を得ながら、自分に合うクリニックを見つけてみましょう。