下肢静脈瘤の特徴や
大阪でおすすめの治療クリニック

下肢静脈瘤と聞いて「どんな病気?」と疑問に思う人もいるでしょう。今回は下肢静脈瘤の特徴や大阪でおすすめの治療クリニックについて紹介していきます。どんな症状があるのかに見ていくので参考にしてみてください。

下肢静脈瘤の基礎知識

こちらでは、下肢静脈瘤の基礎知識について見ていきましょう。どのような特徴がある病気なのかを知ることで、しっかり早期治療に努めてください。

 ・命の危険はない

下肢静脈瘤は良性の病気なので、命の危険があるわけではありません。病名の雰囲気などから命の危険があると勘違いする人もいますが、そういったことはないので安心してください。ただ、むくみや足のだるさを感じることで日常生活に悪影響が出る場合があります。

 ・重症化することもある?

下肢静脈瘤は稀に重症化する人もいます。ほとんどの場合は湿疹ができる程度に収まるのですが、更に悪化することで皮膚がやぶれる潰瘍ができることもあるのです。ここまでになると放置はできないので、早めに医療機関で診てもらいましょう、

 ・足のだるさが発症のサインになる

下肢静脈瘤はなかなか気づかない人も多いです。日常生活に影響が出るようになってから、医療機関に通う人がほとんどと言えます。ただ、下肢静脈瘤の発症サインは足のだるさなどで原因が分からないだるさを感じたら下肢静脈瘤を疑いましょう。

下肢静脈瘤はどんな人が発症する?

こちらでは、下肢静脈瘤を発症する人について見ていきましょう。どんな人が発症するかを知っておくことで自分でも予防に努めることができるのではないでしょうか。

 ・遺伝性

明確にはされていませんが、下肢静脈瘤は遺伝的な問題で発症することもあるようです。両親共に下肢静脈瘤を発症していた場合、その子供も90%発症するデータが残されています。そのため、両親が下肢静脈瘤を発症している人は注意しましょう。

 ・妊娠

妊娠している時はホルモンの影響でさまざまな症状が出てくる人がいます。下肢静脈瘤もそのひとつであり、ホルモンの変化によって静脈が柔らかくなってしまい、弁が壊れやすくなる人がいます。そういった人たちが発症しやすいと言われているのです。

 ・立ち仕事が多い人

立ち仕事であまり動かない人は発症しやすいと言われています。当てはまる職種の代表格として調理士や美容師などがあります。1日10時間以上立ちっぱなしの人は重症化しやすいと言われているので気をつけましょう。

下肢静脈瘤を予防するためには?

下肢静脈瘤は人によっては発症しやすいものですが、予防方法がないわけではありません。発症リスクが高い人は予防に努めるようにしましょう。

 ・ふくらはぎマッサージ

加齢によって筋力が低下するのは当たり前のことです。しかし、筋力が低下するのを放置するのは良くありません。下肢静脈瘤は筋力の衰えが原因の場合もあるので、ふくらはぎマッサージをすることで筋力低下防止をしましょう。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど重要な部分であり、血流に関して大切な役割を担っています。

 ・食生活の見直し

近年は食文化も発達していることから、食事のバランスが崩れがちな人が多いです。下肢静脈瘤の原因に「肥満」もあるので、普段から肥満にならないよう食生活の改善も心掛けてください。

 ・生活習慣

生活習慣の改善も下肢静脈瘤を予防する大切な方法です。特に、睡眠時間が不足することによって免疫力が低下して病気になりやすくなります。身体の衰えも睡眠不足は引き起こすので、良質な睡眠、適度な運動など生活習慣の改善にも努めましょう。

大阪で下肢静脈瘤の治療実績が豊富なクリニック

大阪には下肢静脈瘤の治療クリニックが多くあります。こちらでは、発症した時に候補に入れておきたいクリニックについて見ていきましょう。

 ・なんば坂本外科クリニック

なんば坂本外科クリニックでは日帰りで受けられる手術が特徴的です。日帰り手術だけではなく、他の治療方法も取扱っているので患者に合わせた治療が可能です。患者が「早く治療すればよかった」というような治療を心掛けてくれます。

 ・ハルカス川崎クリニック

院長は心臓血管外科を専門にするドクターです。血管に関する専門医であることから、安心して下肢静脈瘤の治療も任せることができます。カウンセリングなども丁寧で、院長自体の人柄が患者からも高い評価を集めています。

 ・ラジオロジークリニック扇町

血管内治療や超音波を得意としている医師が在籍しています。下肢静脈瘤の治療方法については豊富なものがあり、患者に合わせた治療ができるのも魅力のひとつです。

大阪で下肢静脈瘤の治療ができるクリニックについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

大阪にはさまざまな治療クリニックがあります。
各クリニックで得意治療などが異なるので慎重な選び方をしましょう。
なかなか決まらない時は、今回紹介したクリニックを候補に入れてみるのもおすすめです。