ラウンドアップ(除草剤)は毒性がある?!安心して使用できるのか
特徴・安全性を徹底解説!

農業生産者の農作物や、一般家庭の住宅環境を守るために幅広く愛用されているのが、
除草剤の「ラウンドアップ」です。

使い勝手の良い農薬として高い評価を得ていますが、一部では「毒性が高いのでは?」
といった噂がささやかれているんですね。                

そこで今回は、ラウンドアップが安心して使用できる除草剤なのか、
特徴や安全性をわかりやすくご紹介します!

ラウンドアップとは

ラウンドアップは、今から遡ること46年前の1974年に、
アメリカの農薬会社である「モンサント社」が販売した商品です。 

除草効果が非常に高い上に、コスパの良いリーズナブルな点が高く評価され、
日本でも多くの人が利用するようになりました。

今では農業生産者はもちろん、一般家庭でも幅広く活用されています。

ラウンドアップの特徴

ラウンドアップには、「除草効果が高い」「販売価格が安い」といった
メリット以外にもいくつかの特徴が存在します。
まず注目したいのは、活性成分の吸収力です。
今現在販売されているラウンドアップは、散布から1時間経過していれば
雨が降ったとしても効力が劣る心配はありません。
従来までは6時間以内に雨が降ってしまうと、効力が劣る傾向にありましたが、
その点が大幅に改善されているんですね。
さらにラウンドアップは、季節を問わず使用することが可能です。
一般的に除草剤は、雑草の活性が高い春から夏に向けて散布することにより効果を発揮しますが、ラウンドアップなら気温の低い晩秋や早春であっても、高い除草効果を期待できます。
したがって、非常に使い勝手が良いといえるでしょう。

他にも、
・朝露が付着した状態の雑草に使用しても、除草効果を発揮する
・天気に左右されず、確かな効果を期待できる
このような点が、高く評価されているんですね。
また、ラウンドアップは安全性の高いアミノ酸系の除草剤となります。
小さなお子さんが居る家庭でも、問題なく使用することが可能です。

ラウンドアップはペットがいても使える?

ラウンドアップの安全性に関しては、上記で小さな子供がいても使用できる
「アミノ酸系の除草剤」だとご紹介しました。
しかし、冒頭でもお伝えしたように、安全性について一部で懸念の声が挙がっているのも確かです。

そこで、ラウンドアップはペットがいても安心して使用できる除草剤なのか調べてみたところ、「農林水産省登録」を取得していることがわかりました。
農林水産省登録を取得している商品に関しては、実際に動物を使用した臨床試験等が行われています。

急性経口毒性や、急性経皮毒性についてしっかりと検査が行われていますが、
その結果「薬物及び劇物には該当しない」という結果が出ています。
つまり、犬や猫といったペットがいる庭にラウンドアップを散布しても、健康に大きな被害を与える心配はないんですね。

ただし、1点だけ注意点があります。
その注意点とは、ラウンドアップを散布した当日は、ペットだけでなく人間も立ち入らないようにすることです。
庭にラウンドアップを散布した場合、翌日からは問題なく入ることができますが、当日は避けなければいけません。

また、万が一薬液が犬や猫といったペットに付着してしまった場合は、すぐに洗い流すようにしましょう。
おかしな動作を確認した場合には、念のためかかりつけの動物病院へ相談することもおすすめします。

このような注意点だけしっかりと守っていれば、ラウンドアップは安心・安全に一般家庭でも使用できる除草剤です!

正しい知識を    

ラウンドアップをはじめとする除草剤の多くには、「有害物質が含まれている」「毒性が高い」といった情報が飛び交っています。
 しかし実際には、正しく使うことにより誰でも安全に使用することが可能です。
むやみに怖がらず、ラベルに記載してある正しい方法で使用することを心がけましょう!