スターモバイル【スターサービス】
代理店ビジネスは稼げる!?稼げない!?

MVNO事業による携帯電話業界の変化

大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)が市場を独占していた携帯電話業界に大きな変化がありました。それが、国(総務省)が推奨するMVNO事業です。MVNO事業とは仮想移動体通信事業者のことで大手キャリアから回線を借りることで事業を運営するモバイル業者のことを指します。

従来、携帯電話は端末本体とSIMがセットで販売されているのは当たり前のことで消費者はそれを疑問に思わずに使用していました。また、端末の高性能化に合わせて毎月の携帯料金も高額化するのが当然の流れでした。

大手キャリアの月々の支払金額は平均すると9,000円。端末の値段が高い物を選ぶと1万円を超えることもあります。そこに通信費を抑えようと毎月のギガ数を減らして調整しようとすると通信費の追加購入で結果として高くなってしまったり、通信速度の低下でストレスを受けながら使わないといけない状況になることもありました。

しかし、このMVNO事業の参入により端末とSIMのセット販売のイメージが当然と言うイメージは無くなり、毎月の携帯代金を半額近くに節約できる格安SIMが一気に注目を浴びたというわけです。

ではなぜ格安SIMは安い金額で運営できるのでしょう?それは先ほど少し話をしたように大手キャリアから通信網を借りて運営することでランニングコストの削減、人件費の削減が可能になったからです。

また、格安SIMを使用しても大手キャリアの回線を使用しているため通信品質が落ちることなく通話可能で使い勝手も変わらないため、今後格安SIMは益々普及していくことが予想されます。

スターモバイルの代理店ビジネスとは!?

先ほど紹介したMVNO事業の普及に合わせて、モバイル会社は宣伝広告費を支払わなければなりません。でないと自社の製品が世間に知れ渡らないからです。

では何に対して払うのか。CM?ラジオ?違います。代理店(個人)です。

スターモバイルの代理店ビジネスを個人で展開することで会社は広告費用を出す必要はなくなります。なぜなら、代理店ビジネスをすることでインターネットを通じて会社の変わりに会社概要やプラン説明します。これが宣伝広告となるからです。また、SIMの販売も個人が行うので、会社は代理店が取ってきた契約内容に合わせてSIMカード発送などの手続きをするだけで済むため会社はここでもコストカットできるわけです。

これを一番に始めた会社がスターサービスの提供する「スターモバイル」なのです。

スターモバイルの代理店ビジネスのマーケティングは?

代理店ビジネスをする上で重要な項目となってくるのが、①市場規模、②ターゲット、③需要の3項目です。

⓵市場規模について
今や日本人の85%以上に普及している携帯電話(スマートフォン)です。日本の人口が約1億2600万人、回線数で言うと1億8000万回線。その中の85%というと1億5千万回線以上が市場規模となります。最近では固定電話を無くし、スマートフォンのみを使っている家庭も多くなってきました。固定電話費用の節約と非常時の連絡手段、情報を仕入れる手段として有効なためです。

ここから現在の格安SIMユーザー(約20%)を除いても1億人、以上という大きな市場規模を誇るため十分ビジネスとして狙っていけます。

②ターゲットについて
まずは普通に格安SIMに乗り換えたいという人は100%です。誰であっても使用に問題がないのであれば少しでも安く抑えたいと考えるはずです。

③需要
【ユーザー会員】
・代理店ビジネスを希望されない場合には他社との競合になるでしょう。その際のスターモバイルの優位性は「同一のギガ数であれば業界最安値」、「他社にはないかけ放題プランがある」ということでしょう。
他社より劣る点としては「携帯代金をもっと安く済ませたい」という人には向かないプランだと思います。

【代理店ビジネスの場合】
後程、比較対象を出しますが他社の代理店ビジネスより有利に始められます。理由は3つです。
・報酬プランが優れている
・初期費用が安い
・継続費用が安い

この3つがあれば代理店ビジネスを始めるには間違いなくスターサービスが有利でしょう。

スターモバイルVSペンギンモバイルVSエックスモバイル

スターモバイルとペンギンモバイルはライバル関係にあります。代理店ビジネスの先駆けとも言えるスターモバイル。それに筆頭して出てきたペンギンモバイル。新興勢力であるエックスモバイルを比較した際にどの会社が優位に始められるか見ていきましょう。

見出し

スターモバイルの場合
  ・初期費用:約2万円
  ・継続費用:7,500円/月
ペンギンモバイルの場合
  ・初期費用:45,000円
  ・継続費用:3,500円

エックスモバイルの場合
⓵店舗型の場合
初期費用:加盟金365万円+400万円(店舗費用)
合計:約750万円

②無店舗型
初期費用:加盟金350万円+14万円(管理費用)
合計:354万円
エックスモバイルの場合
⓵店舗型の場合
初期費用:加盟金365万円+400万円(店舗費用)
合計:約750万円

②無店舗型
初期費用:加盟金350万円+14万円(管理費用)
合計:354万円

スターモバイルVSペンギンモバイル

エックスモバイルは初期費用がかかりすぎるので比較対象から外して、スターモバイルとペンギンモバイルの代理店報酬を比較しましょう。
スターモバイル報酬プラン
代理店一人の紹介:3,000円/回
代理店3人の紹介:250円/日 7,500円/月
格安SIMユーザー2人追加:20%報酬UP(1回線あたり)
             最大30%まで報酬UP
ペンギンモバイル報酬プラン
新規代理店2人紹介:11,000円/1回
ユーザー2人紹介 :250円/月
    3人紹介 :480円/月
ペンギンモバイル報酬プラン
新規代理店2人紹介:11,000円/1回
ユーザー2人紹介 :250円/月
    3人紹介 :480円/月

スターモバイルの優位性

初期費用・継続費用・報酬の一部だけを見ても、スターモバイルは他社より勝っていると思います。長い目で見てもスターモバイルの優位性は明らかと思います。

現にスターモバイルは設立から1年で登録者数は1万人を超え、前会社であるクジラモバイル時代からも営業成績は120%を出し続けています。

スターモバイルは今がチャンス!!


今まで携帯電話というのは使うだけでしたが、今はその携帯電話を使って稼げる時代なんです。しかも先ほど述べたように代理店ビジネスを他社と比較してもその優位性は明らかなんです。つまり、スターモバイルが市場を独占できる可能性が高いということです。
 さらに、コロナウイルスで株価の暴落が起こる中、市場の反応は節約に意識が向いているのです。このような不況に左右されない数少ないビジネスと捉えたとき、長期的に見て安定収入を作るチャンスが目の前にあります。これを私自身はビッグチャンスと捉えています。むしろそう捉えない人の方が少ないです。この波に乗れば自然と結果がついてくるのは目に見えていますから。

また、今回の不況により副収入を作ろうとする意識が高まっているのも明確な理由です。それも在宅で出来る上にスマホ一つで収入を作ることができるビジネスは強みです。

今後、代理店ビジネスは注目を浴び、初期費用や継続費用の敷居が低いことからも参入者は多くなってくると考えられます。つまり他の人より早く参入することが成功への近道と言えるのです。

今、この世の中はコロナウイルスが蔓延しパニック状態です。でも同時にこれはチャンスなんです。
自粛期間中に何もせず時間を使うのはもったいないことです。
これを利用しない手はないと思います。
人は自分が本当にピンチな状況にならなければ動けない、いや、動こうとしないのです。そしてそのピンチは数年~数10年の間に来ます。それに備えられる人間は数少ないですが、備えることができる人間は安心して生活の質を保っていけるのです。

時間というのは皆に平等に与えられるものです。その時間をどう使うのかは自由です。
家族と過ごす・ゲーム・漫画などの趣味・睡眠・旅行。これらは当然の欲求なのです。

ではその欲求を叶え有意義な時間を作るものは何でしょう?私はお金だと思います。
・家族の生活を守るため
・自分の欲求を叶えるため
・旅行などで出来る範囲を拡げるため

何もお金が全てだと言っているわけではありません。しかし、お金がなければ有意義な時間を作れない原因となってしまうことは明確です。

これを良い機会と思い、必ず副収入を作っておかないと後悔する日が来ます。

ではその副収入を作るという選択はスターサービスで正しいのかを発表します。

スターモバイルは本当に稼げるのか!?

答えは間違いなくYES。成功する思います。

ここまで読んで頂いた方はほとんど確信に近づいていると思いますが、前述した通り市場規模・マーケティング・需要の3つが揃っているビジネスはそうそうないのです。

また、携帯電話に代わるものが普及しない限りはこの事業はなくなりません。なぜなら、時代が情報と簡易的な連絡手段を必要としているからです。

でも問題は誰でも成功するかどうか、という話になってきますね。
実際にスターモバイルのビジネス報酬プランというのはMLM(マルチレベルマーケティング)と呼ばれ、バイナリーという報酬プランを採用しています。このバイナリーの「バイ」は2という意味で、片方は他人の力で伸ばしていけるのですが、片方は直紹介を出さなければ報酬が出ない仕組みになっています。では紹介を出す方法はどうするのでしょう?あなたは集客媒体に何を選ぶべきなのでしょう?

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ブログなど様々な集客媒体や集客方法を誤ってしまうといつまで経っても結果がついてこないのです。

せっかく稼げるビジネスが目の前にあるのに指をくわえて見ているしかないという現実も待っているかもしれません。

では集客に口コミを使う場合はどうでしょう?

作業効率という意味ではネット集客にははるかに劣ってしまいますよね。

さらに街中での勧誘行為は条例違反に該当する場合もあり下手をすると逮捕される可能性もあります。

だから限りある時間の中で何を使ってどうやって稼ぐのかが重要なのです。

悩んでるあなたにスペシャルチャンス!

このサイトから登録頂いた方に限り、スペシャル特典を用意しました!!

【特典①】コミュニティーへの参加権利獲得!!
仲間と集客方法や情報を共有しながら有利にビジネスを勧めることができます。日々交流を図ることで苦手な部分を克服し強みを伸ばしていくことが可能です。

【特典②】SNSを活用したスマホ1台でできる集客方法のノウハウをプレゼント!!
実際に自分や仲間が体験した集客媒体やアプリを使用して短期間で成果があがるようにコンサルします。

【特典②】SNSの自動化ツールをプレゼント!!
SNSのフォロワーを伸ばすノウハウと共に今まで手動で行っていた面倒な作業を省き、集客に充てる時間を作れます。


是非、スターモバイルの代理店ビジネスをやってみたい。問い合わせをしてみたい方は友達追加をお願いします!