自分の心に対処するためのライフスキル
ワークセミナー のご案内

感情をコントロールして振り回されない自分になるために

ライフスキルは自分の願望を実現したり、自分らしく生きるための「技術」です

世の中に、仕事を変えるメソッドや手法は溢れています。
横文字で新しいメソッドが現れると多くの人が飛びつきます。

でも、それが実にならないのは何故でしょう。


感情に振り回されない人は ❝適応力❞ が高い

感情に振り回される人は、「心が弱い人」ではないか? そう考える人は多いと思います。

対して、ビジネスパーソン、アスリート、芸術家、音楽家など、あらゆる分野にで自分の
パフォーマンスを最大限に発揮する人、いい人間関係を築ける人、自己実現をしている
人には1つの共通点があります。

それは、心が強いというよりも、❝適応力❞ が高いということです。
めまぐるしく変わる状況や環境に上手に適応していける人だけが、自分の持っている潜在能力を
発揮し、高いパフォーマンスを維持できるのです。


パフォーマンスとは、そもそも何でしょう?

パフォーマンスとは、主に2つの要素から成り立っています。
1つ目は、「何をするのか」という行動の内容
2つ目は、「どんな感情で行うのか」という心の状態です。

パフォーマンスを決定づけるこの2つの要素には、脳の2つの機能が深く関わっています。
それが、「認知機能」と「ライフスキル機能」です。
脳の「認知機能」が行動の内容を決め、「ライフスキル機能」が心の状態を整えていくのです。
ライフスキルとは、自分の願望を実現したり、自分らしく生きたりするための「技術」を指します。


忘れていた「自分の心に対処する」というライフスキル機能

私たちは、やることを決めた後、「ポジティブに」という言葉で自分も相手も追い詰めていました。
自分の心の存在を忘れていました。

忘れていたのは、「自分の心に対処する」というライフスキル です。

身体のケアが必要なように心のケアも必要です。
やることを決めたら後は根性で乗り切る、頑張る、常にポジティブにという発想を切り替え
その時の「自分の心に対処する」という発想が必要です。


私たちは、毎日の生活の中で自分のくせに気づくことはあまりありません。
でも確実にくせはあり、身体は元々とはほど遠い硬さになっています。

心も身体と同じです。
何が正しい、間違っているという考えではなく
心の筋力をつけながらやわらかな発想を取り戻したいものです。

そのための ライフスキルとしての行動や習慣 についてご案内していきます。

 

セミナーでは「自分の感情に気づく練習」、心の見える化から始めます。
感情に気づく力を養い、怒りや不安、焦りを感じる時はどういう時か見つめられるようにします。

一見して私たちの感情は、身の回りに起きる出来事によって決まってくるように思います。
しかしこれは大きな間違いで、感情を生み出しているのは実は自分自身なのです。

起こった出来事に対し自分が意味づけし、この意味づけに応じた感情が生まれています。


意味づけにとらわれた心はなかなか変えることはできません。

しかし新たに起こす行動で自分の心に対処することができます。
これが自分の心を整えるライフスキルとなります。

意識して起こした行動は、やがて無意識な習慣となります。


セミナーでは実行したライフスキルの具体的な行動とその時の感情を記録します。
それを整理することで表に現れるパフォーマンスを高めていきます。

自分の心に対処するライフスキルを高めることで「なりたい自分」の姿に近づくことができます。

どんなライフスキルがあるのでしょうか

どんなことも丁寧に丁寧に、そしてゆっくりやってみる

用を雑にするから雑用になる

マザーテレサが修道院で若い頃、毎日他の修道尼の食事の配膳をしていました。その時、「こんな雑用を…」と思ったそうです。その様子を見た指導者の方から「配膳するとき、その方達の幸せを祈りなさい」と言われたそうです。ここから単純な配膳の時間も大切な祈りの時間に変わりました。これは特別な話ではないと思います。「そこに意味を見つけるのは自分です」
「雑用」という言葉を聞くと「なんで私がこんなことをしなくちゃいけないの」「私にはもっとできる仕事がある」「こんなことは私のすることじゃない」と…こんな言葉が聞こえてきそうです。そんなときはちょっと気持ちを切り変えてください。最初から、「どんな仕事にも意味がある」と立派なことをいうつもりはありません。初めは誰でもその意味を発見できないものです。でも、その用を雑ではなく丁寧にしていけば、そこに何かの意味を発見できるかもしれません。その時、自分にとって「雑用」が「意味ある仕事」に変わります。  

だから、こんなことを試してください。 
「どんなことも丁寧に丁寧に、そしてゆっくりやってみる」

「自分がどう思われているか」ということを考える時間を減らす

「自分がどう思われているか」ということを考えてはいけないではありません。徐々に減らしていくんです。物理的に考える時間を減らしていきます。思っている時間を見つけたら、別の新しいことや楽しいことを思う時間に当てていきます。自分にあまり強い規制をかけてはいけません。その上でお互いの人格は否定しない。感情は仕事についてくるものとあきらめ、思いを手放す。「相手は私ほど私のことは気にしていない」、こんなことにも気づけると楽になります。行動を起こしながらその時の感想や新たな発見を記録していきます。

さらに 「嫌われててもいい」 「軽蔑されてもいい」 「笑われてもいい」 「馬鹿にされてもいい」 「見下されてもいい」

って思えるようになると、どんどん楽になっていきます。

人を許すことで自分を自由にする

「人の振り見て我が振り直せ」の真意

 人の振りで気になることは、実は自分もしてきたことです。この時、過去にしてしまった自分を許すとともに、気づいた自分をほめてあげること、そして目の前のその人も、いつか「気づく」と「許し」の心で見守り続けること。
なぜ、「許す」必要があるのか?反省して自分に規制をかけると、人への批判が強くなる。周りは不愉快な振る舞いをする人だらけとなり、いつも一番不愉快な思いをするのは自分です。そして、どんどん自己規制が強くなり自由を失う。人を許さないことは、自分自身を不自由にすることとイコールなのです。

「人を許すことで、自分を自由にする」  こんな自分の幸せを考えてみましょう。

・どんなことも丁寧に丁寧に、そしてゆっくりやってみる
・「自分がどう思われているか」ということを考える時間を減らす
・人を許すことで自分を自由にする

まずはこんなライフスキルに取り組んでみましょう。
取り組んだ時の具体的行動や感想の記録を残し結果見えてきたものを新たに「実践ノート」に残していきます。
そうすると、自分の心のくせや意味づけしていることに気づきます。

例えば、私はこんな心のくせを持ち、意味づけをしていました。

・相手に対してすぐに劣等感を持ってしまう
・自分が相手より優秀でないといけない
・いつも悪い方向に考える
・人の悪い部分を探してしまう癖がある

すぐに直そうとせず、まずはこんな心のくせや意味づけに気づいてください。

これらは相互に関連しています。一度にすべてのスキルを身に着けることはできません。
ゆっくり時間をかけて取り組んでください。


発見できた自分の心のくせや意味づけもプラスの行動に置き換えることで新たなライフスキルとなります。


「いつも悪い方向に考えてしまう」心のくせがあるなら、それを悪者とせず、すぐに直そうとせず、
「否定的な思いが浮かんでも、それに焦点を合わせない」という新しい行動、ライフスキルにして
具体的な行動を起こしていきます。

 

またここでもその行動や感情を記録することで新たな発見があります。
まずは自分にとって重要なライフスキルを三つ程度選択し実行に移してください。

これらは私のライフスキルです。ライフスキルは個人によって違います。
自分の気になる感情を引き起こす具体的な出来事があればその経験を使います。
そんな出来事に気づかない場合は、日頃自分が感じていることを出発点とし、
探索すべき自分のライフスキルとします。
また自分の強みや価値観、経験も考慮して選択するのも一案です。


ライフスキルセミナーのポイント

1.心が弱いのではなく、「自分の心に対処する」という発想を持つ
2.自分の感情に気づく練習(心の見える化)
3.自分のつくった意味づけに気づく(心のくせに気づく)

4.今、自分に必要なライフスキルを選ぶ
5.ライフスキルを高める行動と習慣
6.自分の心のくせと絡み合う意味づけを発見する
7.ライフスキルを認知脳に生かすことで現実を変える


目的は、知識を得て、心の状態の変化を体感し、実践して思考する
そして、得た体感や実践をセミナー参加メンバーと共有することです

セミナーパターンを選択できます

A.自分の心に対処するライフスキル 導入(知識優先)セミナー(半日)
B.自分の心に対処するライフスキル ワークセミナー(2日間)
C.自分の心に対処するライフスキル ワークコミュニティ(継続型)

詳細はご相談ください。

お問合せ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

講師プロフィール

気づきのマーケティングコンサルタント 鈴木 鉄也
中小企業診断士 1958年生

mail    ts01@kizukim.net
500件を超える顧客体験の気づきと自分を愛でるライフスキルを融合した企画コンサルティングで、顧客満足を実践する方、仕事の中で自分を高めたい、一生懸命を楽しみたい方に「顧客を主語にした顧客満足」の実践と自分の長所を生かした「なりたい自分」になるための処方箋をご提供しています。

■ 実績ベンチャー支援センター相談員、行政機関研修講師、専門学校・大学等の講師。飲食関係・小売流通関連、自動車デイーラー関連、携帯電話販売関連での講演、飲食店の業務改善コンサルティング、結婚式場の集客支援コンサルティング、ホームセンター経営再構築支援、IT関連企業の営業支援コンサルティングなど。その他雑誌、業界紙、企業社内報での執筆等。

■著書
著書「ちょっとの気づきであなたが変わる・仕事が変わる」(こう書房)