魔法の世界にて。

魔法暦945年、"魔結晶"と呼ばれる、異界の力、所謂魔力の源となる鉱石を発見した人類は、大きな発展を遂げた。
人は皆魔法を使い、魔結晶を組み込んだ強力な重火器や魔導兵器、様々な道具を造った。
人類の魔法の使用の影響は自然の生態系にも及び、魔法動物、通称セントと呼ばれる通常の生き物とは違う、特殊な能力や見た目を持つ生き物が現れ、セントを狩るヴェナンディという職業が新しく生まれた。
そして現在、世界は主に五つの大国に分かれていた。
クラーク王国、ストアキア大公国、レイナード帝国、アクアス合衆国、日翔国。
世界は穏やかに、しかし確実に乱れようとしていた。

クラーク王国

海に面しており、五大国家の中で最も人口が多い国。
魔導騎士団や最新の魔導兵器など、高い兵力を持つ。
治安が良く、商売が盛んで住みやすい一方、魔結晶の採掘量は非常に少ない。
魔法学校の中でも最高峰と言われるイルシリア魔法学校や、アッカンヤ中央学園など、学校施設が充実している。

ストアキア大公国

遥か昔、一人の大魔術師が海の中に、魔法障壁で大きな空間を作った。その空間を利用し出来たのがストアキア大公国である。
海の中にある国、と観光名所として有名で、毎年人口よりも多くの観光客が訪れている。多くの兵を持ち、国を囲む強力な魔法障壁によって陥落不可能の国、とも呼ばれている。

レイナード帝国

非常に高い兵力を持つ国。
強力な魔導騎士を作る為、教育に熱心であり、国で一番大きな学校であるラヴェトリス学園はイルシリアと並ぶ有名校で、高い能力を持った卒業生を毎年輩出している。新たな魔導兵器の開発を日々行っており、今まで数々の強力な魔導兵器を造っている。
好戦的で、今まで色々な国と戦争をしている。

アクアス合衆国

国土が広く、魔結晶の採掘量が世界で最も多い国。世界の年間の採掘量の6割を占めており、様々な国への輸出により非常に裕福な国である。
その為非常に発展しており、最新技術が様々な所に取り入れられた美しい街が広がっている。
国民も裕福な者が多く、治安も良い。


日翔国

魔結晶の秘密について書かれていると思われる石盤や遺跡など、様々な歴史的遺産が残っており、考古学の聖地と言われている。
宗教国家であり、『神の教えに従えば平和が訪れ、報われる』という教えのルトカ教が国教となっている。


魔結晶について

500年前に突如として現れた魔力の源、魔結晶。
魔導士達は魔結晶を常時身に付けている。
 魔結晶の発生理由や魔力については未だ解明されておらず、謎が多い。現在は、魔結晶を必要とせず、体内に魔力を宿した人間、レイントが関係しているのでは、と考えられている。
レイントは血筋が大きく影響し、現在レイントの家系は世界で十も無いとされる。

セントについて

魔法動物、通称セント。
人間の魔法の使用で、空中に排出される魔力を吸収した事によって突然変異を起こした生き物がセントである。
虫のセントのように小さなものから、山よりも大きなセントまで、様々な大きさの、様々な容姿をしたセントが存在する。
殆どのセントは気性が荒く、セントに壊滅させられた村や街も少なく無い。
それを防ぐ為作られたのが、ヴェナンディという職業である。
セントの中には魔結晶が存在し、セントを倒すと魔結晶だけが残る。其れを換金し、収入を得る仕組みである。
ソロで活動するヴェナンディも居るが、基本パーティを組んで活動する。

こんにちは、まずはこの世界観を読んで下さってありがとうございます。
私は主のレオナルドです。
この世界は、五大国家、魔法など、様々な要素がありますが、皆さんには出来るだけ自由に過ごしてもらいたいな、と思っています。
新しい小国や、組織を作るのも大歓迎です。
恋愛は推奨しています。カップルが出来たら私に報告して下さいね^^ 成り初心者さんも大歓迎です。

マナーを守り、皆で楽しく成りましょう!2017.9.15