八王子で丁寧な葬儀に
定評がある会社とは?

葬儀は生きている人が故人にできる最後のことです。生きている人の自己満足だと言う人もいますが、故人を最大級のもてなしで見送りたいと言う気持ちは決して悪いものではありません。今回は、八王子で丁寧な葬儀をしてくれる会社について紹介していきましょう。

葬儀会社の選び方

こちらでは、葬儀会社の選び方について見ていきましょう。葬儀は誰もが通る道でありながらも身近なものではありません。どんな選び方をすればいいか見ていきましょう。

 

・アクセス

家族葬の場合は参列する人だけでいいのですが、一般葬儀などでは参列者も多くなります。そのため、斎場までの道が分かりやすいかにも注目しなければいけません。分かりにくい場所であっても、送迎バスが出るなどのサービスがあれば問題ありません。

 

・設備の充実

葬儀の際には会食スペースも必要となります。他の人の葬儀の参列者とバッティングすることがないかなどにも注目してください。バッティングが悪いわけではありませんが、あまり気持ち的に良いものではないので避けられるならば避けたいものです。

 

・スタッフの質

設備などが良くても、スタッフの質が悪ければ後味の悪い葬儀になってしまいます。葬儀という大切な場であることを分かってくれているか、分からない部分などはサポートしてくれるかしっかり見極めてください。

葬儀の種類

昔は一般葬儀が当たり前でしたが、時代の流れと共に葬儀のスタイルも変わっています。こちらでは、どんな葬儀の種類があるのかを見ていきましょう。

 

・一般葬儀

昔から当たり前に行われているタイプの葬儀です。参列者の数も多いので、喪主の負担は比較的大きいです。葬儀会社によっては、喪主の負担が軽減されるようにサポートをシッカリしているところもあります。

 

・家族葬

家族、もしくは親しい人のみで行うタイプの葬儀です。少人数で行うので、喪主の負担はほとんどありません。近年は家族葬を行う家庭が多くなっています。ただ、葬儀に参列したかったのにできなかった、という親戚同士のトラブルも発生しているようです。家族葬にする場合は、その旨を親戚や故人の友人などに伝えておきましょう。

 

・社葬

会社で行う葬儀です。一般の方であれば、あまり関係はないと言えるでしょう。会社の経費で行われるので金銭的な負担がほとんどありません。一般的には会社の社長や会長などのトップが亡くなった際にお紺われます。

葬儀に関する疑問点

こちらでは、葬儀に関して誰もが知っていそうで知らない疑問点について見ていきましょう。ある程度マナーとして知っておいてもいいのではないでしょうか。

 

・喪主は誰がするべき?

喪主といえば一家の大黒柱や配偶者などに限られると勘違いしている人もいます。基本的に、喪主は誰が行っても構いません。〇〇がするべき、という決まりごとはないので安心してください。

 

・喪主の服装

喪主が男性の場合、葬儀は正式喪服を選びましょう。エナメルのような光沢のないものを選んでください。お通夜の場合は略式喪服で構いません。女性の場合は洋装の場合は略式喪服と正式喪服に大きな差はありません。ただ和服の場合は黒無地で染み抜き五つ紋となります。略式喪服の場合は黒無地の着物であれば問題ないようです。

 

・お布施の相場

お布施は気持ちで構わないと言われていますが、相場はあります。お坊さんに読経をお願いする際のお布施は10万円から15万円と言われているのです。気持ち程度で、とは言われますが相場よりも離れた金額を渡さないようにしましょう。
八王子で丁寧な対応の葬儀会社について

こちらでは、八王子で評判が良い葬儀会社について見ていきましょう。葬儀会社に悩んでいる人は候補のひとつにしてみてください。

 

・溝口祭典

大人数でも少人数でも対応可能な斎場を所持しています。八王子で100年以上の歴史を持つ老舗であり、葬儀に関するプロフェッショナルと言ってもいいでしょう。多摩地区ナンバーワンに選ばれた実績もあります。

 

・千の風八王子

貸切葬に対応している会社です。家族葬向けのコンパクトな斎場などを多く所持しています。家族葬を検討している人におすすめです。

 

・サン・ライフ

家族葬や一般葬儀に対応している葬儀会社です。個室タイプのアンチ部屋などもあるので、プライベートな空間で面会が可能です。遺族や故人のことをしっかり考えてくれる会社と言ってもいいでしょう。

八王子にある他の葬儀会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

八王子にはさまざまな葬儀会社があります。
そのどれもが故人を丁寧に見送ってくれる会社ばかりです。
葬儀の規模やアクセス面から選んでもいいでしょう。
まずは、葬儀会社の強みや対応の丁寧さなどを見極めることをおすすめします。
故人にとって最後だからこそ、後悔のない会社選びをしましょう。