IROAS(イロアス)で魅力的に彩られる世界

まるで映画のような素晴らしい世界を現実に。

映画を鑑賞していると、人生の縮図のように感じられる場合があります。気持ちを高揚させて、すばらしい感動を与えてくれる映画は、生きる力を与えてくれるといっても過言ではありません。映画のなかでもハリウッド映画は、一本の映画を観ただけで人生を一回まったく新たに追体験したかのような満足感を与えてくれる場合があります。
実は背景に、ある種の技法的な法則が存在しています。技法的な法則とは、IROAS(イロアス)と呼ばれています。その言葉の意味は、勝利の女神です。旅は冒険と言っても良いでしょう。勝利の女神が描かれているハリウッド映画はファンタジーの世界が多いですが、日常生活を丁寧に描いている恋愛や、さらには人間の極限状態を描いている戦争の世界も多いです。どのような世界であっても、その世界観を壊すことなく、技法的な法則が活かされているのが特徴です。

どのような世界であったとしても、まずは普段の暮らしが存在しています。家族と共に暮らし、友人と楽しみ、時には喧嘩をしたり、スポーツで競い合ったりしながら日常生活を送っています。日常生活とは、明らかに一線を画するものが訪れると、状況は一変します。状況の変化が、気持ちにも大きく影響します。戦争であれば、兵隊として召集がかかる状況です。祖国や愛する家族を守るために志願する場合もありますが、戦争は非日常の代表的な状況です。


IROAS(イロアス)のポイントは三つあり、それが、別離、試練、帰還です。別離が意味するのは、人との別れもありますが、大きな意味合いとして考えると、日常生活との別れを意味します。今までの暮らしであり、ついさっきまでの世界です。
戦争反対の立場から入隊を拒絶したい人もいますし、家族が戦争に加担するのに反対の場合もあります。すぐそこに迫っている新しい別世界に対しての拒絶現象です。
この拒絶は乗り越えられて意、新しい世界にいざなわれます。軍隊の制服に憧れを抱くものも、銃や砲弾、刀剣などの武器に興味を示すひともいます。未知なる戦闘への好奇心と狂気が区別できない人もいます。いずれの場合も、いま目の前にある暮らしとは決別させられることに変わりありません。戦争ならば、兵隊として招集されて、軍隊に入隊する過程です。家族や恋人、友人たちと別れて、新たに軍隊での生活が始まります。 

軍隊での生活は、それまでの日常生活と比較すると、異世界に匹敵する状況下です。
軍隊での生活は、日常生活とは異なる規律に支配されています。軍隊での日々そのものが試練ですが、本当の厳しい試練は戦闘のなかで体験していきます。試練は段階を踏んで、次第に過酷なものに変化します。
変化の過程では、自分との戦いが出現する場合もあります。敵と味方が入れ代わってしまう場合さえあります。変わらない仲間もいます。厳しくも賢い上官や、頼れる仲間が存在し、最終的に本当の敵との決戦に挑んでいきます。本当の敵に戦い勝利すれば、勝利の美酒を得られます。勝利の美酒が、魅力的な異性に酔いしれる出来事を意味する場合も多いです。勝利の美酒は、報酬と定義できるのが特徴です。傭兵であれば金銭的な対価を得るものです。


現実の戦争と、ハリウッド映画での戦争は、必ずしも同じとは限りません。ノンフィクションとして描かれる映画であれば、事実を基にして製作されますが、あくまでもエンターテイメントとして製作されるのであれば、戦争を題材としながらも、ある種の冒険譚として語られるからです。
なので、試練の描かれかたも、勝利の女神としての仕上がりになっています。勝利の女神に仕上がっているかどうかは、ストーリーの構成あるいは脚本の構成で明らかです。
試練の段階的な表現は、味方との交友があり、敵との対面があり、実際の戦闘があり、武力の差を思い知らされる現実があります。意見の違いから反目してしまう味方もいますし、一度は敵として戦いながらも同盟を締結して力強い味方に変わる場合もあります。
あらゆる場面で、心の葛藤も発生します。自我との向き合いは、自分の弱さを突きつけられる意味合いもあるため、自分にはない大きな力への憧憬が生まれます。自分にはないが、どこかにある力です。それが新しい武器を開発する技術者や科学者であったり、超能力を扱える天才だったりします。ファンタジーであれば、魔女との遭遇と言っても良いでしょう。


IROAS(イロアス)では、現在の力では倒せない敵との戦闘の前に、すぐれた賢者との出会いが示唆されています。賢者は魔女の場合もありますし、仙人の場合もあります。戦争であれば、優れた軍師と言えます。どんなに腕力のある兵士でも、やせて弱弱しい兵士に常に勝てるとは限りません。軍師の存在があるからです。優れた軍師は、知略を尽くして、自分たちよりも圧倒的に屈強な敵を倒す戦略を計画できるからです。
戦略の計画は、時として謀略の場合もあります。深謀な策略をめぐらして、頭脳戦に及ぶ場合もあります。いずれにしても、自分よりも強い敵を倒すのが、戦闘の目的であり、遂行すべき任務です。


遂行すべき任務が困難な場合には、思いも寄らない策によって現状が打開されていきます。敵の敵は味方という理論です。厳しい規律を身につけ、仲間と共に戦闘に挑みます。IROAS(イロアス)では、厳しい規律によって鍛えられた心身が自分たちを守ることが描かれ、厳格な上官の意志が自分のなかに定着していることも描かれます。
厳格な上官とは、父なる存在と言っても良いでしょう。反発しながらも、いつしか自然に身についている父からの教えが、子の成長を証明してくれます。父との同化と表現される場合もあります。上官の遺志や魂を受け継ぐ兵士もいます。本当の敵との最終決戦に挑むときには、多くの人たちから寄せられた知恵や期待で、実際に強く成長しています。


IROAS(イロアス)に基づく戦争映画では、必ず勝利して帰還します。勝利の凱旋は、類い稀な報酬と言っても良いでしょう。けれども本当に重要なのは、戦争を勝ち抜き、生き残り続けてきた兵士たちが、大きく成長している点です。
先頭を通じて鍛えられた腕力、知力、霊力、すべてが形のないものであったとしても、明らかに以前とは異なる目つきや目の色、表情に表れています。なにげない仕草でも、かつての弱弱しい兵士とは一線を画するものだと感じさせる描かれ方となります。戦闘の激しさから、銃弾に倒れる場合もあります。剣により斬られる場合もあります。勝利の女神では、死からの復活も表現されます。
九死に一生を得る、というのが現実の戦争における状況です。奇跡的な生還は感動的です。哀しい戦争が描かれているのに感動できるのも、勝利の女神として世界が描かれているからです。


別離、試練、帰還という変遷を経ることで、かつての日常生活に戻るはずなのに、なにかが違って見えるのも特徴です。ぐるっと一回転して、出発点に帰還しているのに、終着点には違った世界が見えてきます。

どんなに厳しい状況も、人を成長させてくれます。
どんなに優れた知恵も、これみよがしにひけらかされるわけではありません。勝利を獲得した人を歓迎してくれる人たちは、表面的な凱旋に華やいで酔いしれているように見えるかもしれませんが、かつて別れた家族や恋人、友人たちとの再会は、どんな報酬よりも素晴らしい輝きに満ちているのだと気づかせてくれます。最初の別離は、素晴らしい再会となる帰還への入り口だったと気づきます。

IROAS(イロアス)で人生を明るくできる

人間は嫌なことがあったり、悪いことがあると、それが続いてしまうような嫌な予感を持つことがあります。二度あることは三度あるということわざがあるように、確かに悪いことが続いて落ち込んでしまったことがあるという経験を持つ人は少なくありません。

しかし実はそれは悪いことが1度は起きても、その後、再び起きるのではないかと恐れるあまり、悪いことにばかり目が向いてしまうからです。
実際には悪いことが起こった後に、良いことが起こっているのにも関わらず、それを目や脳、意識が見逃しているだけだといえます。悪いことが続くと、それを解決したり改善するために、誰かに頼ってしまったりすることがあります。
適切な道に導いてくれるのであればよいですが、不安なところにつけ込まれないようにする注意が必要です。

そしてIROAS(イロアス)の法則を知っておけば、そんな心配は必要ありません。
IROAS(イロアス)の法則とは、人生には3つの大きな流れがあり、1つ目が試練の道、そして2つ目が誘いへの拒絶、最後が厳しい試練を経て帰還というものです。
このIROAS(イロアス)の法則を知っておけば、不安で気分が落ち込んでいたときは、1つ目の試練の道に差し掛かっていることが理解できます。そしてその不安な状態から抜け出そうとするときには、自分の心に迷いが生じたり、外野から様々なアドバイスがあります。

不安から抜け出すために良い方法であれば問題ありませんが、悩みが心の中に巣くっているときには判断力は鈍ってしまいがちです。
そこでIROAS(イロアス)では、誘惑を拒絶する力が必要だと考えています。誘惑に誘われても、突っぱねることができれば、再び試練を乗り越えて帰還できることができます。
そうすれば悩みを乗り越えたことになるので、人間として成長できたことになります。誘惑に負けないようにするためには普段から謙虚な心を持って過ごすことが必要です。
人間として成長できれば、周囲からの信頼を得ることができますし、自分にも自信を持てるようになれるので、人生をより明るく過ごすことが可能です。

IROAS(イロアス)で優しい強さを学ぶことができる

誰に人生にも程度の差はありますが、様々な困難が待ち受けています。同じ悩みであっても、人によっては些細なことだととらえることができる場合もありますし、深刻なものだと受け止めることもあります。
過度に物事を深刻に受け止めてしまうと、気持ちが沈みがちになってしまい、心の病を患ってしまうことがあります。特に現代の日本人は真面目な考え方を持つ人が多く、それによって経済は発展し、治安の良い生活を維持することを可能にしています。

一方で、真面目すぎる反面、疲れを感じる人もいます。物事は深刻に受け止め過ぎてもいけませんし、軽く扱ってもいけませんから、そのちょうど良いバランスで受け止めることが必要です。
ただ、悩みを適切に受け止めるためには、柔軟な強さが必要になります。弱い心の持ち主であれば不安に押しつぶされることがありますし、強いだけの心の持ち主は他人の心の痛みに気付けない鈍さを持つことになります。

そこで、優しいけれと強いという心を持つことが大事になりますが、そんな心を持つ方法としてIROAS(イロアス)を学ぶことが有効だといえます。
IROAS(イロアス)とは、ある種の法則であり、その法則の中には別離と試練、帰還という3つの要素が含まれています。

実は人生における不安や悩み、トラブルなどはこの3つの要素に当てはめて考えることができるので、IROAS(イロアス)の仕組みを知っていれば、どんな辛いことであっても乗り越えることができます。
現在の日本は平和ですが、数十年前までは外国と戦争を行っていました。戦争に負けた後、家族と離れ離れになったり、死によって永遠の別れになる人達もいました。
復興するためには物もなく、何から始めればいいのかわからずに人々は右往左往する激しい試練にさらされました。しかしそこで諦めることをせず、一人一人が前に向かって進んだことによって、平和という時代に帰還をすることができました。
このようなことからわかるように、戦後の混乱の中でも、IROAS(イロアス)の法則を忘れなければ、人間は困難を乗り越えて新しい世界に羽ばたくことができます。

幸運も不運も実は平等に訪れるのがIROAS(イロアス)

ヒューマン映画やドラマを見ていると、不運に満ちた人の人生や幸運ばかりが訪れる人生を目にするのではないでしょうか。どうせ一生を生きていかなければならないのであれば、人生はいいことだらけの方が幸せな人生を送れるのではないかと、誰もが思うことでしょう。

実は幸運も不運も誰にでも平等に訪れるのがIROAS(イロアス)の法則です。

重要なのは、自分がどう考えることができるのかがIROAS(イロアス)にとって最も重要なことだと言っても良いでしょう。

たとえば世界が戦争で滅びそうな状況でも、そこにいる人の考え方で不運だと考える方もいれば逆に幸運だと考える方もいるかもしれません。大変な状況下の中で、どんな逆境でも、プラスに好転させていく考え方や思考のプロセスが、その人を幸せに導いてくれるのです。

戦争で世界が滅びそうな悲惨な状況では、多くの方が不運だと考えることでしょう。しかし、逆に、これで、もうすぐ戦争が終わり、生き残ることができれば、世界を明るく変えることができると極端なプラス思考ができる方こそ、どんな状況でも人生を好転させ幸せに生きていく力を持ち合わせているのです。

人は人生の中でどうしようもなく辛い状況を何度か味わいます。そのまま、自分は不幸だと思いながら、生きていく人もいれば、ピンチこそ最大のチャンスだと思って前向きに生きていくことができる人ほど、幸運をつかむことができます。

IROAS(イロアス)の法則は、学ばなければまったくわからないという方もいれば、逆に一部の人生の成功者は、学ばなくても元から自然に身についている人もいます。

歴史の中の多くの成功者は、IROAS(イロアス)の存在自体知らないという方も多いのではないでしょうか。しかしこうした存在は知らなくても、様々な人生の経験を経て、身につけていく人もいれば、すでに小さな頃から身につけている人もいます。育った環境や育てられた親によっても、違いが出てくることでしょう。

IROAS(イロアス)を自分から引き寄せる積極性が大事

日本では日常生活を描いた映画やドラマが多いですが、欧米などではダイナミックで感動を呼び覚ますような内容の作品が多い傾向があります。
特にハリウッド映画などでは、勧善懲悪の作品も多いですし、美しい女性が大変な困難に見舞われても最後は幸せになるハッピーエンドが好まれます。日本でも海外の映画は人気であり、特に女性の場合は最後は幸せになるハッピーエンドの映画を好む傾向があります。
その理由として、映画の中に世界を、自分に当てはめて夢を見ることができるからです。映画と現実は違うと考えがちですが、実は現実にはドラマティックな要素が沢山あります。

例を挙げてみると、結婚というのは人生においてドラマティックな出来事の代表だといえます。昔は恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が多かったですが、今では恋愛結婚の方が多くなっています。
そして婚活をしている人達も、顔合わせをしてすぐに結婚を決めるわけではなく、相手の様子を知ってから結婚にたどり着くので、結果的に恋愛をしているのと同じことです。そのため人生にはドラマティックな出来事が多いといえますが、中には恋愛にしり込みをしてしまう人もいます。

自分から積極的に行動をせずに、頭の中だけで物事を完結してしまうと、IROAS(イロアス)という勝利の女神に微笑んでもらうことはできません。
それは恋愛だけでなく仕事や人間関係にも同じことで、誰かに嫌われることを怖がってしまえば、自分をアピールすることができないので注目してもらうことすらできません。

実生活で注目をされないのであれば、IROAS(イロアス)に微笑んでもらうことは難しいので、まずは自分をアピールすることが大事です。
アピールするといっても、会話をしているときに相手の話を遮って自分の話をするというものではありません。
相手を尊重しながら、まずは流されない自分の意見を持つことが必要です。
自分とは何かということを冷静に見つめ直せば、良いところを見つけることができ自信を持つことになりますし、悪いところは改善しようという気持ちを持てるようになります。
そうなると自然と人間として魅力的になり、IROAS(イロアス)に微笑まれて、映画のような素晴らしい人生をおくれるようになります。

IROAS(イロアス)を知ることが幸福への道

人は誰しも悩みを抱えており、自分ひとりでは解決できないことも多いです。人生の深淵は突然現れて、人間を深い悩みの中に突き落とします。ですがしっかりとIROAS(イロアス)の存在を認識することができれば、様々な問いに対して的確に対応することが可能となり、人生の意味を問い直すことができます。
基本的に人生に大切なポイントは3つあります。
その中でも一番大切な愛について、深く知りたいのであれば、しっかりとIROAS(イロアス)についても知らなくてはいけません。

IROAS(イロアス)は言語を超えた完璧な存在で、宇宙の仕組みや神々の教えを説く存在です。愛は人にだけ宿る魂ではなく、すべてのものに宿るという考えが、昔から存在しています。もちろん不可知論的な解釈によれば、正しい論説組むことは可能ですが、古より伝わる各種の文物には、そのことがしっかりと記されています。
また時間的な存在も愛を全面的に肯定しており、実際ギリシャに伝わる神々の寓話にも、そういった記載が数多く残っていることで有名です。愛は人によるものではなく、また神々だけに宿る魂でもありません。宇宙や数式など人間を上回るすべてのものにおいて存在しているのです。そのためそれらの存在を常に意識して、自分の中に存在させておくことが、人生を幸福に保つ大切なポイントです。

IROAS(イロアス)はすべての存在を肯定しており、なによりも純粋な形で形而下に現れます。そして人間に問を与えて、試しながら実態に近づいていきます。もちろん世界的な情勢や問題にも影響があり、実際数多くの形而下の事象に対して、直接的な関与を行ったという歴史が残されています。
IROAS(イロアス)を正しく知るためには、安定的な聖心が必要で、絶対になにものにも揺るぎない聖心を保たなくてはいけません。誰からも影響されない強い霊を構築するためには、自分自身と徹底的に向き合い、依存しないことが大切です。

IROAS(イロアス)の法則で幸せな結婚をする

自分の周りはみんな結婚をしているのに、自分だけ結婚できないと焦りだしてしまいます。慌てて婚活をして相手を見つけようとしますが、そういう時はうまくいかないことが多いです。たとえ結婚したとしても結婚生活も長続きしないでしょう。

IROAS(イロアス)の法則を知っておけば、あわてて婚活をしなくても素敵な人と自然に巡りあえます。IROAS(イロアス)とは勝利の女神という意味もありますが、勝利の女神が微笑むまでには数多くの試練を乗り超えなくてはいけません。試練を乗り越えるためには、やはり努力をする必要があります。素敵なパートナーを見つけるためには、まずは自分磨きをすることです。料理が苦手なら料理学校に行き勉強をし、体型に自信がなければジムやエステサロンに通い、引き締まったボディや肌を手に入れるといいでしょう。

人は誰でも自分に自信を持てるようになると、自然と輝いて見えるものです。そういう人の周りには自然と素敵な人が集まるようになり、勝利の女神も自然に微笑んでくれるというわけです。これがIROAS(イロアス)の法則でいう帰還にあたります。

長い期間婚活をしていても思うようにいかないという人は、試練に立ち向かおうとせず楽な道ばかり歩こうとしてしまいます。自分がどんな人と結婚したいのか目標を立て、その目標を達成するためにはどんなことをしなければいけないのか、しっかり考えることが大事です。

婚活がうまくいかないからとなげやりになると、そのネガティブな気持ちが相手に伝わってしまいます。せっかく素敵な出会いのチャンスも自らフイにしてしまうことも良くあります。どうして婚活がうまくいかないのか、どうしたら相手に好印象を与えられるのか悩み苦しみ答えをだすことが、勝利の女神に微笑んでもらうことになります。

思うようにいかないことなど、長い人生には数多くやってきますが思うようにいかない時も逃げずに試練に立ち向かえば必ず幸せな人生が待っています。

IROAS(イロアス)の法則を知っていれば婚活もうまくいく

長い期間婚活をしてきたけど、思うような人に巡り合えないと嘆く人もいる。婚活は長ければ素敵な人に出会えるというわけではなく、かえってモチベーションが下がるので、相手には本気で婚活していると思われずマイナスのイメージをもたれることが多い。

婚活を成功させたいならIROAS(イロアス)の法則を知ることだ、別れと試練、帰還を知っておくだけで婚活が驚くほどうまくいく。お見合いパーティーに参加したけどカップルになれなかった時を別れとすると、その後の試練がとても重要になってくる、
自分がなぜお見合いパーティーでうまくいかなかったのか考えてみることも大事だ。服装はどうだったか考えてみるといいだろう。

男性ならシャツの襟や袖が汚れていないか確認するといいだろう。女性はどんなに高級なスーツを着ていても、シャツの襟や袖が汚れていると幻滅してしまうものだ。女性の場合はブランド品ばかり身に着けていると、男性はこの女性はお金がかかりそうと思い引いてしまう。できるだけ男性ウケの良い可愛いワンピースなどを着てくると好感度もアップする。

お見合いパーティーでは、いかに短時間で相手にアピールするかが重要だが、自分の自慢話ばかりしていると相手に嫌われてしまう。相手に質問をしつつさりげなく自分の話をすると好感度があがる。相手に質問をする時は年収や家族構成などもしつこく聞かないことだ。ましてや過去の恋愛の話など絶対に聞いてはいけない。

IROAS(イロアス)の法則の試練で、どれだけ自分の欠点を克服できるかが重要になってくる。自分の欠点を克服し自分のアピールポイントを見つけた時に、勝利の女神を味方につけることができる。

まれに婚活方法が自分にあっていない時もあるが、そういう時は冷静になって自分にはどんな婚活方法があっているのか探すことも大事だ。IROAS(イロアス)の法則を知っていれば素敵なパートナーと出会いやがて成婚までたどりつくことができる。

IROAS(イロアス)から学べること

たとえば映画を見た時、主人公が困難に立ち向かった結果努力が功を奏してハッピーエンドになる、という展開があります。王道ともいえるこの展開は、IROAS(イロアス)が関係していると言えるでしょう。

IROAS(イロアス)は勝利の女神という意味で、映画などの創作物にはハッキリ明言されなくともその存在を感じ取ることができます。映画だけでなく、小説、ドラマ、漫画といった様々な創作物にもIROAS(イロアス)はどこかに存在するのです。
こうした創作物にはストーリーがあり、ドラマチックな展開をすることで見る人の目を引きます。見る人が一番安心できる展開が、主人公の成功、それに続くハッピーエンドです。もちろんそれ以外の展開のストーリーもありますが、ハッピーエンドの場合、何かしらIROAS(イロアス)に関係する内容となっているでしょう。

では、そこから学べることとはいったい何でしょうか。ハッピーエンドにはそれに至る経緯があります。何もせずにハッピーエンドとなってもドラマ性はなく、面白い作品ということはできないでしょう。多くの主人公やその周りの人々は、何かの困難に立ち向かい努力をしています。

IROAS(イロアス)がほほ笑み勝利を得ることができるのは、そうした努力をした人たちなのです。つまり、努力は必ず報われるということを暗示しています。

作品だけに限らず、実生活でも努力はとても大切です。勉強、仕事、プライベートと様々な場面で努力が求められます。そこで頑張るか頑張らないかが、その後の展開を変えていくのです。

IROAS(イロアス)から学べることは多々ありますが、努力は大切なことである、というシンプルかつ重要なことを常に示し続けていると思います。