副業で年商1000万円
のプロダクトを作る
ことを全員が目指す
ビジネス実践ファーム

毎月1万円の「軍資金」を出し合って、それを原資に参加者が新しいプロダクトを立ち上げる、全く新しい実践型コミュニティです

はじめまして!発起人の細野真悟です。

元リクルートキャリア執行役員で
今はフリーのビジネスデザイナーをやってます

2000年にリクルートに入社しリクナビNEXTの開発、販促、商品企画を経験した後、 新規事業開発を担当。

2013年よりリクルートエージェントの事業モデル変革で1年間で100億の売上UPを 実現しリクルートキャリア執行役員に。

2017年9月から自身がヘビーユーザーである音楽コラボアプリ「nana」を運営する (株)nana musicにCOOとしてジョイン。

2020年2月でnanaのCOOを退任し(株)ローンディールのCSOとして戦略立案と 新規事業立ち上げを行いながら、複数のベンチャーの戦略顧問も兼任。

詳しくはこちら

全ての人に、本業の他に、自分が本当にやりたいことを実現するビジネスを持ってもらいたい

はじめまして。フリーでビジネスデザイナーをしている細野真悟です。

「全ての人に、本業の他に、自分が本当にやりたいことを実現するビジネスを持ってもらいたい」というのが僕の願いです。「そんな上手い話があるわけない」という常識を壊すチャレンジがしたいです。

例えば、大企業の中で新規事業や企画の提案をしたけど売上規模がそこまで大きくないからという理由で却下されたビジネスアイデアたち。例えば、何となくこんなの出来たらいいよなぁと個人の頭の中にぼやっとあるけど、決して実現されることのないビジネスアイデアたち。それらのビジネスアイデアの中でも「その個人がライフワークとして取り組みたいと思えるレベルのもの」を拾い上げて育てる仕組みがこの世にないだけ。それらビジネスアイデアを一緒に育ててくれる実力がある人は世の中にたくさんいるのに、その人たちの力とビジネスアイデアの種を結びつける仕組みがない。

投資はIPOもしくはMAされて株価が大きく跳ねることを期待できるビジネスじゃないと成立しないスキーム。年商1000万円程度のビジネスに投資は集まらない。ビジネスコンサルやマーケコンサルを雇っても、アドバイスはしてくれるけど、伴走まではしてくれない。各論は手を貸してくれない。そこまでやってもらうにはフィーが高すぎてとても個人ではお願いできない。

だからこのスキームを作りました。

これが僕なりの新しいカンパニーの形。そして、僕の副1000から成功例をたくさん出して、副1000ファームに入りたいと思う人を増やしたい。そして、そして、その先には、このスキーム自体をオープンソース化して、僕以外の人(発起人)がこのスキームで個人を支援できる世の中にしたいです。

めちゃめちゃタイトルは怪しいですが、この形がビジネスアイデアを色々試すにはベストな形だという結論に至りました。

ぜひこのチャレンジに共感いただける方はご参加いただければと思います。

共済型ビジネス実践ファーム

  • メンバーで毎月1万円を出し合って(軍資金)、学んだり、ビジネス実践したりする原資にします。細野の懐には一切入りませんのでご安心ください。

    軍資金を使って、ファームメンバーがお仕事をお願いできるデザイナー、エンジニア、マーケターをキープしますので「規約や契約書を作りたい」「法律観点でレビューして欲しい」「コンセプトをペライチにまとめたい」「ランディングページを作りたい」「プロトタイプを作りたい」「ちょっとだけリスティング広告を出したい」などでご活用いただけます。

  • 軍資金の利用に際しては事前に細野にご相談いただきGOが出ればOKです。必要な実験コストだと判断すれば利用可能です。この1万円からは細野は一切いただきません。全額をみなさんが検討するビジネスに使います。
  • 細野がこのファームを主宰するリターンとしては、このファームから売上1000万円超えのビジネスが立ち上がったら売上の10%を3年間いただくという形を想定しています。3年のうち売上1000万円を下回った年(12ヵ月)は10%はいただきません。

    なぜ10%を3年間かというと、個人事業主として登録してから課税売上が1000万円を超えてから、少なくとも1年間は消費税が免税されるんです。さらに、その後法人登記をすれば、更に2年間は消費税が免税される。つまり、3年間は消費税を払わなくてよくて、その分を細野がリターンとしていただくイメージです。

    対象となるビジネスは「軍資金」を使って仮説検証をした実績のあるビジネスアイデアになります。逆に言うと、「軍資金」を一度も使わなければ、1000万円を超えても10%の支払いは発生しません。レクチャーだけを聞いて退会し、ご自分でビジネス推進して年商1000万円を超えても一切の請求は致しません。ご安心ください。

    ただし、途中退会され、再度参加するには休会期間中の軍資金の半額を支払っていただくルールとなります。 「軍資金」を使うためだけに1ヵ月だけ復帰という使い方をされるとバランスが崩れてしまうためです。 (例)6ヶ月休会していて復帰する場合は6ヶ月×1万円×1/2の3万円が必要

  • 軍資金の利用に際しては事前に細野にご相談いただきGOが出ればOKです。必要な実験コストだと判断すれば利用可能です。この1万円からは細野は一切いただきません。全額をみなさんが検討するビジネスに使います。

副業で1000万円のビジネスが考えられないのに本業で数億のビジネス考えるのなんて難しいと思う

月額1万円で得られる価値

  • ①毎週のライブ講義視聴(アーカイブは1週間視聴可)

     -最初の2か月は細野からのインプットとQA

     -3ヶ月目からはファームメンバーのビジネスプラン壁打ちライブ 

  • ②ビジネス検討プロセス記入シート(リーンダイアログ)の利用

     -シート記入のサポートと記入した内容の壁打ち(毎週のライブ講義で)

     -細かな質問は随時slackで

  • ③他ファームメンバーのビジネス検討プロセスの追体験

     -ライブ講義での細野との壁打ち視聴

     -他メンバーのリーンダイアログを見ることでの学習

  • ④軍資金を使ってのビジネス検証実験

     -「まとまった数のユーザー調査をしたい」「規約や契約書を作りたい」
      「法律観点でレビューして欲しい」「コンセプトをペライチにまとめたい」
      「ランディングページを作りたい」「プロトタイプを作りたい」
      「ちょっとだけリスティング広告を出したい」という必要性が出た場合の利用

     -ファームメンバーがお仕事をお願いできる弁護士、デザイナー、エンジニア、マーケターを
      キープしますのでご活用いただけます

     -どのビジネス案件にどのように「軍資金」を使うかは、細野に一任いただきます。
      めちゃめちゃ主観です。多数決で決めたりしません。

  • ②ビジネス検討プロセス記入シート(リーンダイアログ)の利用

     -シート記入のサポートと記入した内容の壁打ち(毎週のライブ講義で)

     -細かな質問は随時slackで

自分のプロダクト
自分で作ったプロダクトが世の中に広がっていく喜びは何物にも代えがたいです。
今の会社で新規事業や企画を生み出す力もつくし、この実績があれば、転職マーケットでも高く評価されます。
副業で
会社を辞めて資金を集めて大きな勝負に出なくてもビジネスは始められます。アイデアの良さと実験の筋の良さでいけそうな形になったら勝負を仕掛ければいいんです。利益率が10%だとしても副収入で100万円/年あれば生活は豊かになります。
勉強しながらチャレンジ
新規ビジネスを考えるためのコツやツールを毎週1.5時間×7週間に渡って提供します。個人コーチングで提供すると20万円ぐらいいただいている内容なので、このナレッジだけでも元は取っていただけるかと思います。
勉強しながらチャレンジ
新規ビジネスを考えるためのコツやツールを毎週1.5時間×7週間に渡って提供します。個人コーチングで提供すると20万円ぐらいいただいている内容なので、このナレッジだけでも元は取っていただけるかと思います。

随時参加者募集中です。
参加希望の方は細野のFacebookメッセンジャー
までご連絡ください。

ビジネスモデル方程式のスライド例

最初の全7回のインプット内容(イメージ)

テーマ 概要

ビジネスモデル
方程式(前編/後編)

ビジネスを考えるときの方程式をお伝えします。これを知らないで何となくビジネスを考えるから殆ど失敗するんだと思います。細野がビジネスデザインする時に考えていることの頭の中の骨子を言語化しました。
脱・平凡発想
トレーニング
技術的優位性もなく、大きなリソースを持たない個人が、みんなが思いつかないようなビジネスを思いつくための思考の癖をトレーニングします。
リーンマネジメント ビジネスアイデアの仮説検証を行う際に絶対に知っておくべきセオリーをお伝えします。
リーンダイアログ
ビジネスアイデアをどのように育てていくかのコンパス。これにアイデアを記述していきます。
バリデーション
シート
仮説検証のための実験と結果を記載するためのシート。ファームではこのシートに仮説検証結果を記述していきます。
事例インプット 細野が実際にビジネスアイデアを考え推進した事例の共有。思考プロセスをトレースしてもらいます。
リーンマネジメント ビジネスアイデアの仮説検証を行う際に絶対に知っておくべきセオリーをお伝えします。

Q&A

  • Q
    ファームのプログラムはどのような内容ですか?
    A
    定例は毎週水曜日の22:00-23:30のzoom。最初の7回は細野からのレクチャー。途中参加の人は動画で視聴。7回目以降は、各回2名ずつ立候補で自分のアイデアを細野とリアル壁打ちライブ(録画あり)。
    年商1000万円超えてもらわないと細野もリターンゼロなのでかなり必死に壁打ちします。他のメンバーのビジネスアイデアやそれに対する細野の壁打ちをみたり、壁打ちLIVEに質問で参加するなどして、実践から学んでください。
    ビジネスアイデアはスプレッドシートで提供する「リーンダイアログ」を使って書き込んでいただきますが、進捗などはslackに記載してください。他のメンバーのチャネルものぞき見して学んでください。批判的な書き込みではなく貢献できることを書きこみはOKです。
    細野との個別コンサルは通常1時間で5万円/月でやらせてもらってますが、年商1000万を超える可能性のあるアイデアに関しては無料でやらせてもらいます。成果にコミット!
  • Q
    知的所有権はどうなりますか?
    A
    丸パクリは禁止。他人のアイデアを無許可でSNSなどで公表するのも禁止。 ルールを破ると事実をSNS上で公開し、社会的制裁を加えます。法的処置は取りません。 アイデアが自然と似てきたら当事者同士で話してもらう場をセットします。
  • Q
    毎月1万円の「軍資金」の扱いはどうなりますか?
    A

    「預り金勘定」で貯めます。細野の懐には1円も入りません。 退会しても返金はしませんが、仕組みが解散になったら残金を各人の加入月数で割って、還付します。 誰のビジネスの何にいくら使うかは細野に全権委任いただきます。「軍資金」の利用明細と残高は毎月公開します。

    また、どのビジネス案件にどのように「軍資金」を使うかは、細野に一任いただきます。めちゃめちゃ主観です。多数決で決めたりしません。なので、その判断が納得いかない場合は速やかに退会ください。細野としても1000万円を超える可能性のあるビジネスに拠出しないとリターンが一生ゼロなので、ご理解ください。

  • Q
    参加者のレベルはどのぐらいを想定していますか?
    A
    ①アイデアすらない②アイデアはある③既に実験はしている④既にプロダクトを出しているの4つのレベル全ての人が対象です。 ただし、既にプロダクトを出している方は、ファームの関与度が低い割に細野へのリターンがかさむので注意してください。
  • Q
    取り扱うビジネスステージはどこまでですか?
    A
    ①初期アイデア出し②アイデアが成立するかの仮説検証実験③プロダクト作り④初期グロース⑤マネタイズ⑥本格グロースの⑤まで ⑥以降はプロモーション投下や組織作りなど大きなコストがかかる(軍資金の範囲では無理)のでスピンアウトしていただきます。 スピンアウトする時に投資してもらえる人とかのマッチングも支援はします。
  • Q
    細野のリターンはどのように計算されますか?
    A
    ここで立ち上げたビジネスアイデアの売上が年商1000万円(直近12ヶ月間の売上累計)を超えたら、 13か月目以降の12ヵ月間の売上累計の10%を3年間、細野にお支払いください。(年払い) 12ヶ月間の累計が1000万円を下回った年はお支払いは不要です。
  • Q
    使用するツールは?
    A
    slackでファーム専用ワークスペースを作り、各自専用のチャンネルを作ります。チャンネルは全て公開チャンネル。 ドキュメント類はGドライブで。ビジネスアイデアと実験を記述するテンプレートはご用意します。
  • Q
    開始までの流れは?
    A
    ①説明会参加(必須)(アーカイブ視聴でもOK)
    ②規約を読んでいただきメール返信
    会費ペイで支払登録していただく
    ④支払い登録を確認させていただき次第、ファーム専用slackへご招待
    ⑤ファームの活動は専用slackで(Facebookグループは使いません)
  • Q
    最初の7回の講義だけ聞きたいのですが可能ですか?
    A

    全然問題ありません。講義を聞いていただいて「自分でもビジネスを考えてみたい」と思ったら継続してください。3ヶ月以降の人数を30人以下ぐらいに絞りたいとは思ってるのですが最初の2か月は100人ぐらい居ても何とかなる内容だと思ってます。

  • Q
    知的所有権はどうなりますか?
    A
    丸パクリは禁止。他人のアイデアを無許可でSNSなどで公表するのも禁止。 ルールを破ると事実をSNS上で公開し、社会的制裁を加えます。法的処置は取りません。 アイデアが自然と似てきたら当事者同士で話してもらう場をセットします。

随時参加者募集中です。
参加希望の方は細野のFacebookメッセンジャー
までご連絡ください。