このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
受付時間:9:30~12:30
休診日:木,日,祝

チャネルベット -CHANNEL VET-
CTオペレーター養成講座

 「CTを導入したいのだけど、撮影や読影に不安がある」
 「導入しても使いこなせないのではないか」
 「CTのことを基礎から統括的に勉強できる場所がない」

 CTの診断能力は高く、これまで診断ができないために
治療することのできなかった多くの動物を
救う事が可能になります。
チャネルベットでは小動物臨床における
CT機の普及を推進したいと考えています。

CTに対する技術や知識の不安がCT導入の妨げになることがないようこの「CTオペレーター養成講座」を始めました。

☎︎電話窓口
木,日,祝日休み

オペレーター養成講座とは?

CTの撮影と読影を基礎から学びます

小動物臨床におけるCT機の普及を推進します。
10年ほど前まではCTというのは大学病院がもつものという認識でしたが
最近では一般小動物臨床を行っている
動物病院での導入が増えてきました。

これはCT診断の汎用性が全科診療を行っている動物病院のスタイルにマッチしているから
だと思います。
今後新たにCT機の導入を考えている
動物病院が増加していますが、
CT導入を検討している院長先生方から
このような相談を度々受けます。

「CTを導入したいのだけど、撮影や読影に不安がある」
「導入しても使いこなせないのではないか」
「CTのことを基礎から統括的に勉強できる場所がない」

確かに10年以上前の獣医科大学でCTのことを
基礎から教えてくれているところは
ありませんでしたし、
臨床現場でも先輩からCTの撮影・読影を
トレーニングされることはありませんでした。
また改めて勉強しようと思ってもCTのことを
基礎から応用まで記載されている
教科書は見当たらず、
大学病院に通って勉強したいと思っても
CTを導入しようかという院長先生の病院は
患者数も多く時間的余裕がありません。

CTの診断能力は高く、
これまで診断ができないために
治療することのできなかった多くの動物を救う事が可能になります。
チャネルベットでは小動物臨床における
CT機の普及を推進したいと考えています。

CTに対する技術や知識の不安がCT導入の妨げになることがないようこの
「CTオペレーター養成講座」を始めました。

病院にお伺いします

本講座ではCT導入の予定がある、
もしくはCTを導入した動物病院にお伺いして
講義を行っています。
獣医師だけではなく動物看護士も参加可能です。

顔見知りのスタッフしか参加しない
クローズドセミナーでは
質疑応答が活発になり参加者各々の
理解が深まります。
講座を通じてCT室のレイアウトや
撮影に対するちょっとした相談、
読影に迷った症例のディスカッションなどが
できますので
病院全体がCTに関してレベルアップできます。

CTのある動物病院では、
院長先生一人がCTについて
熟練していても仕事の幅は広がりません。
勤務するスタッフ全員がCTについて理解を深め、積極的に活用していくことで
「せっかくCTを導入したのにほとんど撮影症例が無く眠っている」
ということを防ぐことができます。

二時間の講義、一時間の読影実習

□ CTオペレーター講座は一回が三時間の6回シリーズです。
□ 講義は総論から各論へと進行し時間の許す限り臨床症例を豊富に紹介しています。 
    
・第一回 CT総論もしくはモデル犬を使ったCT撮影実習

・第二回 頭部と脊椎の撮影と読影

・第三回 胸部の撮影と読影

・第四回 門脈体循環シャントの撮影と読影

・第五回 腹部の撮影と読影

 講座は毎回、最初の二時間が講義で残りの一時間がCD-Rを用いた読影トレーニングです。
参加者全員に一枚ずつCD-Rを配布します。
CD-Rにはその回でお話しした内容に即したCT症例が入っており、
30分かけて参加者が各自で読影しその後に読影内容のディスカッションを行います。
自分で画像を一から読影することで読影能力が飛躍的に向上します。
実際に読影するとちょっとした疑問がたくさん上がってきますので
ディスカッションの時に一つ一つ解決していきます。
☎︎電話窓口
木,日,祝日休み

講師

Teacher

米地謙介 KENSUKE YONEJI

・奈良動物二次診療クリニック医院長
・奈良県獣医師会学術理事
・獣医麻酔外科学会近畿地区委員
・PennHIPメンバー
【担当科目】
・整形外科
・CT画像診断
・腫瘍外科
・一般外科
<略歴>
 大阪府堺市出身
 1997  日本大学獣医学科卒
 1997~ 紀の川動物病院勤務(和歌山県)
 2000~ 松原動物病院勤務(大阪府)
 2002   麻布大学付属動物病院
       整形外科/神経外科研修
 2004~ アサヒペットクリニック院長就任
 2005~ ネオベッツVRセンター CT主任
 2014   奈良動物二次診療クリニック開院
医院長

会社概要

会社名 チャネルベット -CHANNEL VET-
受付 午前9:30~12:30
休診日
木、日、祝
電話番号
場所
〒631-0061 奈良県奈良市三碓5丁目20-7
事業内容
旧ホームページ
場所
〒631-0061 奈良県奈良市三碓5丁目20-7
駐車場は6台分ご用意しております。車でお越しの際はご利用下さい。

お問い合わせ/相談窓口

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。