10月13日から始まります!!
第2弾☆お片付けBoot Camp 5Days Challenge

どこから片付けていいのか分からない。
片付けたくても時間がない!

片付けが出来ない言い訳探しばかり…
その結果、いつも先延ばししているお片付け。

2020年も残り15週しかありません。

年々モノが増えて行く状況に悩んでいる
そこのあなた!
今年も何も変わらないまま、2021年を迎えますか?


自分にコミットして、仲間と一緒に半強制的に片付けをする。

それが
モノを通じて自分と向き合う
お片付けBoot Camp 5Days Challenge!!

片付けのやる気スイッチを私が押します!

皆様、こんにちは!
片付けは『住まいのダイエット』を提案するTidyFit オーストラリアシドニー在住、片付けコンサルタントのマー尚美です。

2020年も残り100日を切りました!!
残りの2020年あなたは、何にフォーカスしますか?
何を成し遂げて、2021年を迎えたいでしょうか?

私は先日9月1日から9月6日まで、第1弾 お片付けBoot Camp 5Days Challengeを開催しました。
(その後のフォローアップは9月21まで。)

世界5カ国6都市(アメリカ、カナダ、インドネシア、日本、オーストラリア、ブリスベンとメルボルン)からの参加者が、国境を越え時差を越えてオンライン上のZOOMに繋がって、一斉に片付けをはじめるお片付けBoot Campd 5 Days Challenge。

涙あり、笑いありの3週間は、参加者の皆さんが、自分と向き合い、モノと向き合い、感情をむき出しにして、仲間や私にその気持ちを吐き出して、片付けを作業をしていました。

まだまだ現在進行中の方もいらっしゃいます。

一人一人の内側から湧き出てくる、家を居心地の良い場所にしたい、というエネルギーが参加者全員に波及し、お互いを励ましあい、共感しあい、素晴らしいグループが出来上がりました。

グループメッセンジャーは、連日皆さんからの投稿で盛り上がりました。

その結果、たった3週間で顔つきが変わった人、新しい事にチャレンジする勇気が持てた人、ありのままの自分を受け入れようと気が付いいた人、自分の今の環境を人のせいにすることを辞めた人、やりたかった事を1歩踏み出せた人、、、
お子さんや、ご主人にも、素晴らしい波及効果があった方もいらっしゃいました。

グループで行うことが、お互いの片付けに対するモチベーションを維持し、仕上げは動線収納アドバイスを含めたOne to One 3時間お片付け作業でしっかり固めます。

Zoomの画面越しに見える向こう側の収納を、人並み以上の空間認知能力を使って、すべてを立体的に捉え、そこに居るかのごとく的確な動線収納アドバイスをすることが可能です。

カテゴリー別 × 人別 × 頻度別 × 取り出しやすさ × 使いやすさ
をすべてクロスさせ、
既にお持ちの収納グッズを最大限に利用し、
あなたの生活動線にピッタリな収納方法を導きだします。

それをお客様は、『Naomi Method』や『Naomi Magic』と
呼んでくれています(笑)

ただ物を要不要で仕分けして、収納グッズありきの収納方法は、
提案していません。

プラスチックケースが、棚一面に並んでいる光景を美しいと感じたり
、それが収納方法だと思っていたり、そういう収納方法がお好みの方は、そのやり方を提案している片付けコンサルタントにご依頼くださいね。

私のところにいらしても、ご期待にお答えする事はできません。

私自身は、プラスティックフリーを薦めています。
完全に排除する事は難しいプラスチック製品ですが、
心がけ一つで減らすことも新たに増やすこともしないですみます。

そして今、世界中の片付けコンサルタントの中で、
こんなに時間と手間のかかる片付けサービスを提供しているのは私だけだと思います!!

オーストラリアシドニー在住、オーストラリア人の夫と娘を持ち、日本で暮らした経験、欧米の家の造りや収納を理解して、国際結婚、国際育児、義実家との関係、文化、習慣の違い、様々な悩みに共感できます。個人コンサルは、片付けをしながらそんなお悩みにもお答えしています。

家の片付けることが、ゴールではありません。
その片付けた家を土台に、あなたの理想の暮らしや理想の未来をつくることです。

食べたものが、あなたの身体を作りますが、
家という住まいの環境は、あなたの思考やあり方に影響があります。

もし今あなた家が、物で溢れかえり苛立ちを感じ、色々な事に悩み、行き詰まり、何をどうしていいのか分からず迷走しているのなら、
片付けとモノを通して自分と向き合ってみませんか?

2020年、迷いを吹き飛ばし、何かを成し遂げたい人に
是非参加してもらいたいです。

参加者の皆様が、笑顔で2021年を迎えられるように、
全力でサポートします!!

皆様のご参加をお待ちしています!!


今、あなたはこんなことに悩んでいませんか?

✔ 片づけたい気持ちはあるけど、時間がない
✔ そもそもどこから片づけていいかの分からない
✔ 収納スペースを開けると、どこもグチャグチャ…
✔ ダイニングテーブルの上はいつもモノでいっぱい
✔ とりあえずここに、と適当にモノを置いてしまう
✔ 収納に入りきらないモノが床を占領しはじめてきた
✔ モノを捨てるの時、罪悪感やもったいなさを感じる
✔ どこに何があるのか分からず、いつもモノを探してる
✔ 冷蔵庫やパントリーの中の食材を把握していない
✔コロナが不安で買い置きした食材の置き場所がない
✔ 片付かない部屋を見るたびに、気分が滅入る…
✔ 日常的にイライラしていて、旦那さんと仲が悪い 
✔ とにかく、家中にモノが溢れている
✔ 家が片付かないのは、夫や子供のせいだと思っている
✔ 家族に、もう少し家を片付けて欲しいとお願いされた
✔コロナのStay homeで全く家でくつろげない
✔家の中にに自分のパーソナルスペースが全くない

リビング一角
子供のおもちゃに占領されて、全くくつろげないリビング。毎日片付けなさいとイライラママ。
引出し内の子供服
お下がり沢山、気付いたらサイズアウト。枚数はあるのに今着れる服を探す毎日…
パントリー
どこに何がどれだけあるのか全く把握出来ていない状態。同じ食材が出てくる出てくる、、、
ランドリー
掃除道具も洗濯用品もごちゃまぜ状態。アクション回数が多く、取り出しづらくて、使いにくい。
リネン収納
管理しきれないほどのシーツやタオル類。ストック過剰の日常雑貨品。こんなに必要でしょうか?
リネン収納
管理しきれないほどのシーツやタオル類。ストック過剰の日常雑貨品。こんなに必要でしょうか?

今まで1人でした片付けはこんな感じでしたか?

Try1 片付け本は何冊も読んだ
Try2 収納本も何冊も読んだ
Try3 収納家具や収納グッズを揃えてみた
Try4 Youtubeで片付け動画を観た

Try5 お片付けのセミナーに参加した(無料)
Try6 お片付けのセミナーに参加した(有料)
Try7 お片付けのコンサルテーションを受けた(有料)
Try8 頑張って片付けてもすぐリバウンドした

1人で一生懸命片付けようと孤軍奮闘してきた人を何人も見てきました。片付け本を何冊も読んだし、収納特集の記事を読んで収納グッズを揃えても、Youtubeのお片付け動画を何本観ても、モノが一向に減らず、現状が何も変わらない人が大勢います。

残念ながら、片付け本を何冊読んでも、片付け動画を何回観ても、収納グッズを何個も買ってもそれだけでは、現状は何も変わりません。

あなたが実際に手を動かして、要るモノと要らないモノを選別し、不要なモノは潔く処分する。家の外に出さない限りそれらのモノはずっと家の中に居座り続けます。

何年も使っていないモノ、サイズが合わない着られない服、その存在すら忘れているモノが、開かずの部屋や収納の奥に隠れていませんか?

片付けを先延ばしにすればするほど、モノはどんどん増えていき、収納スペースが足りなくななります。

そしてモノを減らす前に、収納グッズや収納家具を頼って新たに購入すれば、お金は出ていき居住スペース(空間)が減るという悪循環に陥ります。
 
片付けは、1日も早く始めなければ、目の前の現状は何一つ変わりません。よりモノが増えていくだけです。

何故なら、あなたの家には、毎日誰かの手を介してモノが入ってくるから。


そして一度家の中に入ってきたモノ達は、勝手に家の外へ出て行ってはくれません。

理想の暮らしを夢見るだけでは、現実は何もかわらないのです。

じゃあ、一体どうしたら片付けられるの?

それを解決するのが、
お片付けBoot Camp 5 Days Challengeです


お片付けBoot Camp 5Days Challengeの詳細

Day 0 Input
片付けのルールを学ぶ
10月13日(火)日本時間9時~11時

参加者の方にZoomで、片付けを始める前のマインドセット、片付けのやり方、収納の考え方、買い物の仕方、Day1~Day5までお片付けBoot Campをする場所別の片付け方の講座です。質疑応答。動画とPDFテキスト付

Day 1 Output 
お片付けBoot Camp
10月14日(水)日本時間9時~11時
片付け場所:服、クローゼット

参加者みんなでZoomに繋がり2時間一緒に片付けをします。私はスーパーバイザーとして皆さんからの質問をお受けします。(途中での入退出可能、録画視聴あり)

Day 2 Output 
お片付けBoot Camp
10月15日(木)日本時間9時~11時
片付け場所:寝室、リネン収納(寝具、シーツ、タオル類など)

参加者みんなでZoomに繋がり2時間一緒に片付けをします。私はスーパーバイザーとして皆さんからの質問をお受けします。(途中での入退出可能、録画視聴あり)

Day 3 Output 
お片付けBoot Camp
10月16日(金)日本時間9時~11時
片付け場所:キッチン(キッチンツール、鍋、食器、パントリー、冷蔵庫など)

参加者みんなでZoomに繋がり2時間一緒に片付けをします。私はスーパーバイザーとして皆さんからの質問をお受けします。(途中での入退出可能、録画視聴あり)

Day 4 Output 
お片付けBoot Camp
10月17日(土)日本時間9時~11時
片付け場所:本棚(本、書類など)

参加者みんなでZoomに繋がり2時間一緒に片付けをします。私はスーパーバイザーとして皆さんからの質問をお受けします。(途中での入退出可能、録画視聴あり)

Day 5 Output 
お片付けBoot Camp
10月18日(日)日本時間9時~11時
片付け場所:子供部屋(服、おもちゃ、本など)

参加者みんなでZoomに繋がり2時間一緒に片付けをします。私はスーパーバイザーとして皆さんからの質問をお受けします。(途中での入退出可能、録画視聴あり)

Follow Up①
One-on-Oneの動線収納のプラン作り
(Facebook メッセンジャーでのヒアリング)

お片付けのお悩みのある場所のレイアウト&収納の動画を送って頂き、それを元に改善案のプランを提案します。

Follow Up②
One-on-Oneのオンラインお片付け作業3時間

(超お得なオファーです。通常料金3時間$180)

1対1で3時間、片付けのお悩みを伺い、現状の問題点をお伝えし、動線収納プランの提案を元に、オンラインで片付け作業に入ります。ご自分では気が付かなかった、家事&生活動線が飛躍的に変わります。

Follow Up③
10月13日から10月31日まで
Facebookグループページ内で質問し放題

片付けを進めれば進めるほど、分からない事が出てきます。そんな時は、グループページ内でご質問ください。

Follow Up④
10月31日は、お片付けBoot Campを振り返りお片付け仲間とのシェア会開催!!

同じ釜の飯を食べた仲間とよく言いますが、オンラインで自分のプライベートを見せて片付けた仲間は、お片付けの同志です!!さらに横のつながりを深める交流会を設けます

さて、気になる価格はおいくらでしょうか?

Input
お片付けのルールの講座 2時間
動画とテキスト付

Output
お片付けBoot Camp 
2時間×5日 10時間

Follow Up①
One-on-Oneの動線収納のプラン作り
(Facebook メッセンジャーでの動画、ヒアリング)

Follow Up②
One-on-Oneのオンライン片付け作業3時間

Follow Up③
10月13日から10月31日まで
Facebookグループページ内で質問し放題

Follow Up④
10月31日は、お片付けBoot Campを振り返りお片付け仲間とのシェア会開催!!

これだけ盛りだくさんで

価格は、なんとA$300 または 24,000円

定員8人(残2名)

ご参加いただくルール
こちらに同意された方のみお申込ください。

1.FacebookのプライベートグループとZOOMミーティング(https://zoom.us/jp-jp/meetings.html)を使って開催しますので、事前にアカウントの取得をお願い致します。

2.お片付けBoot Campは、毎日2時間、片付け作業の時間をとってありますが、出欠&入退出は自由です。(絶対参加という強制はありません。)

3.お片付けBoot Campに参加される場合は、ZOOMのカメラはONでご参加ください。片付けに関してその場で私に見せて頂いて質問する事が可能です。(質問が出来る時間は、その日の参加者の人数によって変更します。)
 
4.ZOOMに繋がり一緒に片付け作業を行う際には、ご自身の室内が他の方に見える可能性があります。今回はグループページ内に録画に残しますので、人に見られたくないモノや場所がある場合は、ご自身で映らないようにカメラの向き変えて下さい。またお片付け作業で知り得た、他の方のご相談や写真は外部に口外しないで下さい。プライバシーに関わる、込み入ったご相談は、One-on-One片付け作業の時にお願いいたします。
 
5.片付けが苦手な方、1人でどうやって片付けていいか分からず悩み苦しんでいる方、本気で片付けて家や人生に良い気や運を呼び込みたいと思っている方と一緒に繋がり、同じエネルギーを持って片付け作業に取り組みたいと思っています。ですから、整理整頓が得意な方、どんな講座なんだろう?という好奇心だけの方、同業他社の方のご参加は、ご遠慮ください。

片付けのやる気スイッチを私が押します!

第1弾 お片付けBoot Campの様子

毎日2時間ZOOMで一緒に繋がり同時にお片付け!!
私は、皆さんに指示を出したり、質問に答えたり、
毎日あっという間の2時間でした!!

第1弾 One-on-One 3時間お片付け作業のご感想

尚美さんとの濃すぎるお片付け3時間あっという間でした!!
尚美マジック、これが噂の尚美マジックなのね!!な感動と目からウロコの驚きの濃密な3時間でした。
尚美さんの指示に沿って動いていくと、どんどんキッチンが使いやすく機能的に変わっていって、どんどん空いてるスペースができていく流れは凄かったです。
全てがカテゴリー別にまとまっていて、どのキャビネットを開けてもスッキリしてる爽快感に感動でした!朝のコーヒーを入れるキッチンでの動作がスムーズ!コーヒーもいつもより格段に美味しく感じました

必要なものをカテゴリー別、頻度別に使いやすく空間を最大限に活かして収納してゆく尚美さんのお片付けの極意、やりながら本当に腑に落ちて、物がカチッときれいに収まる瞬間は感激ものでした。尚美さんが練ってくれた実践プランが素晴らしかったです
物をこれ以上増やさない。
有るものを活用していく。って尚美さんの方法は目から鱗が落ちる感じの使い方や物の移動をしてのけます!!

外から持ってくれば幾らでもあるし、そこまで考えずに足りない場所にはめ込んで行けると思います。
でもそれをしない尚美さんだからこそ出てくる発想なんでしょうね~
いかに有るものを有効活用していくか!テトリステトリス~

そしてどんなお片付けに対しても楽しいって以前言ってた尚美さん!ワクワクするって~いやぁ、この人本当にお片付け好きなんだなぁ~いやぁ!凄いわぁ~
なおみさんにとってお片付けって天職なんだろうなぁって感じました!!

ってか、今日15日なんですよ!!私15日間もお片付けと向き合い続ける事が出来てるって凄いっ!!!って急に思いました

皆と一緒にやってるお陰だし、尚美さんの熱い想いとサポートのお陰です!
本当に忘れられない2020年の9月になりました!
まだまだお片付け、続きますがね~

まだまだこれからも宜しくお願いします~

尚美さん、今日はありがとうございました!
3時間以上みっちり濃密なお片付けタイムをありがとうございました!
ずっと後回しにして迷子になってしまっていた大きなタスクを成し遂げた感が半端ないですーー!
Boot Campのキッチンの日にも7時間かけてかなり片付けられてたと思って満足できていたけど、とんでもなかったですね!!
改善できるところが尚美マジックで次から次へと湧いてくる中で、どんどん使いやすいキッチンへと変化し続けていく流れがすごかったです。特に最初の1時間での流れ!
どんな隙間や活用できるスペースを見逃さない尚美さんのプロの目に感動、そしてリスペクトでした。

帰宅した旦那さんもキッチンの変化にすぐ気付いて、さすがプロのお片付けのやり方は違うねと感心してましたよ
家が喜んでくれてる、そんなポジティブな波動を感じています。
きれいに空いたたくさんの棚のスペースを眺めてはニマニマしています。

尚美さん、ありがとうございました!お片付けを通して、単なるお片付け以上の大事なことをたくさん気づかせていただけて本当に感謝しています。ありがとうございます!
今回参加しているみんなの感謝の気持ちと嬉しい波動がすごく循環しているのを感じますね!今回参加できて本当に良かったです!
旦那さんも自分のエリアを片付けると言い始めています〜。
もうすでに相乗効果が出ています

全てがカテゴリー別にまとまっていて、どのキャビネットを開けてもスッキリしてる爽快感に感動でした!朝のコーヒーを入れるキッチンでの動作がスムーズ!コーヒーもいつもより格段に美味しく感じました

必要なものをカテゴリー別、頻度別に使いやすく空間を最大限に活かして収納してゆく尚美さんのお片付けの極意、やりながら本当に腑に落ちて、物がカチッときれいに収まる瞬間は感激ものでした。尚美さんが練ってくれた実践プランが素晴らしかったです

第1弾 ビフォーアフター写真

One-on-Oneオンライン片付け作業3時間でここまで変わります!

Before
何年もの間、物置部屋になっていた3rdベットルーム
After
3時間で要不要を分けて、残すものは各部屋の収納へ。右側は廃棄品の山。旦那様のプライベートジムになりました。
Before
リビングの一角にある、お子さんのスペース。床置きがたくさんあり、見た目が悪いです。
After
棚のレイアウトを変更。壁を利用してランドセル置き場を作りました。トランポリンは足を外して、本棚の裏側へ収納。
Before
収納スペースがたくさんあるキッチンでしたが、ベンチの上にいつも出しっぱなっている状態でした。
After
収納スペースを整理して、キッチンベンチの上のすべての物の定位置を決めました。収納する定位置が決まると、ベンチの上はすっきりします。
Before
何がどこにあるか分からない、取り出しにくい階段した収納。
After
家の中から使えそうな棚を2つ階段下に移動させて、すべてを可視化に。ストック管理、取り出しやすい収納になりました。
Before
家族団欒のリビングルームは、何年も子供のおもちゃ部屋になってしまいました。
After
徹底的に物を分別して、本当に必要なおもちゃや本だけを残しました。きれいになった空間でご家族も大喜びでした。
Before
細々したおもちゃがとても多かったので、こちらも事前の選別をお願いしました。
After
ソファーが、空いてやっと座って寛げる空間になりました。
Before
リビングダイニングです。壁に見える収納棚がたくさんあり、つい物を置いてしまいごちゃごちゃしていました。
After
家具の大幅なレイアウトチェンジをして、ダイニングテーブルの横は何もない状態に。奥のリビングエリアの一角に子供のスペースを作りました。
Before
キッチン収納に入りきらない、キッチン家電置き場のワゴン収納。
After
備え付けのキッチン収納を整理して、動線収納を行ったら、スペースが沢山出来そちらへ移動。ほとんど空になりました。
After
棚のレイアウトを変更。壁を利用してランドセル置き場を作りました。トランポリンは足を外して、本棚の裏側へ収納。

この変化どうでしたか?次はあなたのお宅の番ですよ!

One-on-One オンラインお片付けの3時間は、毎回楽しくてあっという間に時間が過ぎます!私自身オンラインお片付け作業を始めてから【空間認知能力】が高い事に気が付きました。オンラインですが、スクリーンの向こう側を立体的に捉える事ができ、モノと収納の大きさを把握して、的確に収納する場所を指示する事ができるのです。また前回違う場所を片付けた時のモノも記憶しているので、家事&生活動線がより良くなる収納先が見つかれば、移動することも多々あります。オンラインでもここまで片付けが出来るんですね!とお客様に喜ばれています。

プロフィール

TidyFit 『住まいをダイエットする』
3時間で3割減らす片付け術を提案
片付けコンサルタント

Naomi Maher

シドニー在住10年目。
オーストラリア人夫、11歳の娘と暮らす。

日本在住時は、パソコンをリユース&リサイクルする企業で営業事務として10年勤務。

娘がキンディ入学と同時にハウスクリーニング会社に入り、豪邸から一般宅まで沢山のお宅のハウスクリーニングを経験。 

その後、自宅でマッサージサロンを経て旅行会社に勤務。しかし18年9月に突然の解雇…

理不尽なことも、ピンチをチャンスと捉えて、子供の頃から好きだった『お片付け』を仕事にしようと決意する。

翌月10月には日本で、整理収納アドバイザー2級を取得。そのままどこの協会にも属せず、何の経験もないまま、18年11月1日にお片付けビジネスを起業する。

19年1月には、Netflixでこんまりさんこと近藤麻理恵さんのTidying upの番組が始まり、世界中にお片付けブームが到来した。その波に乗り、シドニーでお片付けビジネスを展開する。

19年4月には、オーストラリアの日系新聞、日豪プレス4月号のお片付け特集に掲載される。

5月には、人生初のワークショップ『今日からはじめるお片付け×収納』を開催。セミナー会場、海外からのオンライン受講者も含めて16名の方が参加。

その後も、自宅でワークショップを開催する。

シドニー近郊での訪問お片付けは、1回3時間平均5回、最大8回リピートしてくれるお客様にも恵まれた。

20年1月と8月には、マレーシア在住の井藤まさこさんのオンライン講座『ボタニカル』で、お片付けとグリーンインテリアを教えるスペシャリストとして参加する。

20年3月は、独自のオンライン講座を開催して、イギリス、ニュージーランド、オーストラリアから参加があり、無事に終わる。

これを機に、オンラインの可能性とコロナに影響を受けないビジネスを構築するために、本格的にOne-to-Oneオンラインお片付け作業を始める。

7月には、クローズドのグループ内で、『モノを通じて自分と向き合う☆5Days Challenge お片付けBoot Camp』を主催。48名の方が参加し、24名で史上初?の同時オンラインお片付けを開催し、達成感を味わった。

9月1日から開催した第1弾お片付けBoot Camp 5 Days Challengeは世界5カ国6都市から7名が参加で参加者の皆さんのマインドも空間も変化した。

私はこの仕事で、自分の才能の見つけ、今はより多くの方に、お片付けの楽しさを知ってもらい、住み心地の良い癒しの空間を手に入れるお手伝いをしたいと考えています。

こんな時代だからこそ、あなたの住む家は大切です。物が少なく、スッキリした空間での暮らしは、あなたの心に癒しとゆとりを与え、人生をより良いものにすることでしょう。

片付けのやる気スイッチを私が押します!

お申込受付は、10月10日(土)23:59迄