作業療法士の
私が
病院を辞めた理由

医療目的の
瓦解・・・

こんな事を
思った事
ありませんか?

  • 本当に病気が治って
    いるのだろうか?
  • この診療に
    治療費を払う必要が
    あるのか?
  • 薬を一生涯
    飲み続けなければ
    ならないのか?
  • 医師が病気を説明
    してくれない!


  • 薬を飲んでいるのに
    体調が優れない。
    むしろ
    悪化している。
  • この検査は本当に
    必要なのだろうか?
  • この検査は本当に
    必要なのだろうか?

実は今の医療は
『症状』を取るだけで


『治療』している訳ではありません。

◯血圧が高い↓
『血圧の薬飲みましょうか!』

◯血糖値が高い↓
『糖尿病だから
薬で血糖値下げましょう!』

◯風邪を引いて熱が出た↓
『じゃあ解熱剤出しときましょうか!』

◯腰が痛いけど手術するほどでもない→『痛み止めで様子を見ましょう!』


病状を見るわけでもなく、
症状あるいは数値をみて
薬を出しているだけで、
病気を治療していません。

症状を取ることが
『治療』ではありません。

病気を
見つめ直すには…

  • まずは今の
    『対症療法』(現代医療)が
    どういうものかを
    知らなければなりません。
  • そして今後の医療との
    付き合い方を考えなければ

    なりません。
  • なぜこのような
    医療体制になって
    しまったのか考えなければ
    なりません。
  • なぜこのような
    医療体制になって
    しまったのか考えなければ
    なりません。

仕事を
していて…

作業療法士の仕事を通して私はあることに気づきました。




『医療には矛盾が多すぎる!』





なぜこの検査が必要なのか?

なぜこの薬が必要なのか?

なぜなぜなぜ・・・・

このリハビリは本当に、
この方に必要なのか?

病院の儲けのための
リハビリだろうか?




いやいや・・・ちょっと待て。
そもそも医療の体質は

治す事を目的としているのか?


国はなぜ検査に
診療報酬
を出すのか?

治してないのに検査をすればお金が出るシステム?



考えてみれば無駄に
多い検査・・・


・・・・・・・金儲け?





…色々と邪推してしまう…




そもそもなぜ人間は体が体は悪くなるのか?

個人差?
やはり食べ物か?
農薬の関連?

それとも添加物?

自然環境の問題?電磁波?

育った環境?家庭の問題?

はたまた政治が悪いから?





私は全て一つ一つ
調べていきました・・・・



全ての謎は
歴史にあった。

病院の問題から健康の問題に発展し、
様々な視点を深掘りしていくと・・・



結局、過去は
どうだったのか?
つまり歴史の問題に
行き着きます。



医・食・住…


全部歴史が絡んでおり、
そもそも医療だけの
枠で話していては
視野が狭くて様々な問題を
解決出来ないことが
わかりました。



医療の視点だけでは健康になれない
ということです。

全てにおいて間違った方向性で進んでしまっています。



2020年は
新型コロナウイルスが蔓延し
未だ感染が広がっています。



この一連のウイルスの事象を見ても分かるように、
マスコミが騒ぎ、社会全体が混沌として、
オンライン上だけでしか
繋がれない
世界になりました。
経済活動にも破壊的な影響が出ています。
路頭に迷う人も
いるかもしれません。




解決の糸口を
見つけるならば
医療だけでは
解決できません。




様々な思惑があり、
過剰報道があり、
現状を操作されています。






そもそも
新型コロナウイルスでの
死者はそこまで
多くありません。
1454人(2020/9/14現在)
です。
しかしこの数字も無理やり盛ってます。
厚生省がコロナ陽性だったら他の病気で亡くなっても
コロナ死ということにしろと通達してます。


翻って2018年のガンの
死亡者は37万人以上
亡くなっています。
(国立がん研究センターHPより)


それだけ亡くなっていても
マスコミは騒ぎませんし、

『経済が崩壊する〜〜』
なんてニュースは

聞いたこともありません。

感染者ではなく死亡者が
37万人ですよ。


これだけ亡くなっているにも関わらずニュースでは
あまり触れない。


しかし
新型コロナウイルスは大騒ぎ。


どう思われますか?



医療だけの視点だけでは決して
分からないマクロ視点が
歴史の中にあります。

過去を考える

医療だけの視点では
思慮する事が
難しくなってきています。

やはり過去を知ってそこから改善していくべきです。






はっきり言うと今の医療は
9割必要ないと思います。
というより9割の疾患が
対症療法には向かないと
言った方がいいかも
しれません。


現代病と言われる様々な
疾患は
対症療法では治りません。

『痛い』や『高血圧』等々、
症状を抑えるのが
対症療法ですから。



現代医療は対症療法ですが、対症療法が得意な分野は
『救急』です。




それでは救急が必要な
分野とは・・・








それは
『戦争時』
です。




戦争の時には早く症状を取り去って・・・
病気は治っていなくても
いち早く戦場に
駆けつけなければ
いけません。




ですから戦時下において、
対症療法は生まれました。





















結果そもそも
対症療法は・・・

治す事を目的としてないのです。










考えなければいけないのは、なぜその治療方法しか
病院では行なっていない
のか?です。





ここにヒントがあります。
そのように導いて昔から
金儲けをしている人間が
いるからです。



嫌な話ですが、お金の流れを追えば歴史に繋がり、
真実が見えてきます。






病院の話で考えると・・・
①三ヶ月に一回病院に受診
②飲み続ける薬
③儲かっている製薬会社
④ところで製薬会社の株主はだれ?
⑤その人間はどんな思想を
持っている?







他を思いやる愛情で動いているのではなく、
お金を中心とした
自分の欲(我欲)で
動いている人間がいます。





これらの人間やその人間の思考を知って
解決方法を考える為には
歴史を紐解かなければ
理解する事は
出来ません。

だからこそ
『助け合い主義』
という
理念が必要になってくると私は考えています。



もはや医療だけの観点では解決できない状況に
なってきています。


作業療法士
助け合い主義 賛同者
Team  T.T.H 代表

池田 真人

モデル都市
とは?
助け合い主義とは?

私の思い

全てにおいて世の中が
おかしくなっています。

医療だけではありません。
人間関係の問題、
食の問題、
政治の問題、
環境の問題、
思想の問題etc


あらゆる事が
おかしくなって
手のつけられない状況に
なっています。



もう一度、
家庭を

国家を

世界を


再構しなければならないと
感じています。

個人の問題でもあり、
何より子供達の
未来がかかっています。




私は作業療法士という仕事を経験しましたので、
医療の点から
考えてみました。


もし、この記事を読んで何か感じるものがあれば
私、私達と一緒に
『助け合い主義』を
勉強してみませんか?




あなたの幸せ
子供の幸せ
社会の幸せの為に。

池田に色々と聞いてみようかな・・・(問い合わせ)

池田に質問してください。

モデル都市推進本部とは何か?
助け合い主義とは何か?
Team T.T.Hとは何か?

その他、気になる事あればメールお待ちしてます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。