なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

初めてのネットキャッシング体験談

私はネット通販が趣味なのですが、お金が足りなくて欲しい物が買えない状況が何度もあり、どうしようかと悩んでいました。

検索して調べてみるとプロミスのネットキャッシングが便利だと知り、思い切って申し込んでみたのです。

使ったのは瞬フリで、借入れを希望してから1分もしないうちに希望額が振り込まれていて驚きました

借りたのは2万円で振り込みが早かったため、ネット通販で他の人に商品を買われることなく、自分で購入することができて良かったです。

借入額が少なく返済に苦労することもなかったため、今後もお金がピンチの時に使っていこうと思いました。

初めてのネットキャッシングでしたが、複雑な操作も必要なく、ユーザーフレンドリーだと感じました。



ネットキャッシングとは

インターネットでお申し込みいただくと、キャッシング枠の上限額までお借りいただけます。例えば、キャッシング枠が10万円残っている場合は、10万円まで借りることができます。

振込時間は、金融機関やクレジットカードによって異なりますが、最短で数分後にはお客様のカード口座に現金が振り込まれます。お店に来なくても、最短で当日中に融資を受けることができます。また、24時間の即日振込サービスも行っています。

楽天カードのネットキャッシングには2つの方法があります。" 今すぐ支払う " と " ある日予約する " です。エポスカードのネットキャッシングは、原則として24時間いつでも即時振込が可能です。1,000円からキャッシング利用可能残高まで振り込むことができます。

楽天カードをお持ちの方は、ご利用金額に応じてポイントが貯まりますので、楽天ユーザーの方には特におすすめのキャッシングです。

ご利用限度額の範囲内であれば、何度でもお借りいただけます。

ネットキャッシングのメリットと注意点

例えば、公共料金や携帯電話料金の支払いにお金が足りない場合、借りたお金が直接銀行口座に入金されるネットキャッシングを利用することができます。

ATMでもお金を借りることができますが、現金を引き出してから公共料金の口座に入金しなければならないので、ATMに行く手間とATM手数料がかかります。

しかし、ネットキャッシングで借りたお金を、公共料金や携帯電話料金、クレジットカードなどの支払いに使う口座に振り込めば、ATMに行って入金する手間が省けるのです。

ネットキャッシングを利用するには、銀行振り込みに対応したクレジットカードか、キャッシング機能を備えたクレジットカードが必要です。

クレジットカード会社の中には、インターネットを利用した銀行振り込みによるネットキャッシングを提供しているところもあります。

また、電話での銀行振り込みは、専用の電話回線の営業時間内にしか対応していません。

明細書では、キャッシングした金額や借り入れ残高を確認することができますが、ネットキャッシングをしたその場で発行することはできません。

会員ページで電子交付サービスに登録すると、明細書の郵送がなくなり、オンラインで明細書を確認できるようになります。ご登録のタイミングによっては、電磁交付サービスにご登録いただいた後に明細書をお送りする場合があります。

ステートメントの郵送をご希望されない場合は、事前に電磁配信サービスのご登録をお願いいたします。

ネットキャッシングがおすすめな理由

ネットキャッシングとは、クレジットカードの契約に付随するサービスで、オンラインでいつでも便利にお金を借りることができます。キャッシングの返済はどのように行いますか?

金融機関やクレジットカードによって異なりますが、最短で数分後にはお客様の口座に振り込まれます。消費者向けのクレジットカードの場合は、カード会社がお客様の信用度に応じて、一定期間の分割払いで返済します。

ショッピングセンターやモールなどに設置されており、通常は無料で利用できます。キャッシングの返済方法は2通りあります。お金を借りるときに、「1回払い」か「リボ払い」のどちらかを選択し、指定した口座から引き落とします。

限度額ごとに一括してご指定の口座から引き落とされます。内訳を知りたい場合は、ご利用明細書で確認することができます。ネットキャッシングは便利なサービスですが、計画的に利用しないと、かえって借金が増えてしまうこともあります。

ネットキャッシングのメリットとデメリット

つまり、これまで窓口や現金自動預け払い機で行っていたことが、すべてオンラインでできるようになったのです。この3つの銀行では、ネットキャッシングだけでなく、通常の窓口で行う銀行取引のほとんどをネットで行うことができます。

ネットバンキングは、セブン銀行、オリックス銀行、イオン銀行が提供しているサービスです。
ネットバンクには大きく分けて、店舗を持たないタイプと、商業施設と連携しているタイプがあります。参考までに、楽天銀行の商品概要を下の表にまとめてみました。

大手消費者金融だけでなく、中小の消費者金融もキャッシングサービスを提供しています。SMBCモビットに限らず、大手の消費者金融が提供しているサービスは、下の表の内容とほぼ同じです。

また、ネットキャッシングサービスの中には、18時までに手続きを完了すれば即日融資が可能なところもあります。そのあとすぐに融資を受けたいという方にもおすすめです。

そのあとすぐに融資を受けたい場合は、オンラインで申し込むだけで、指定した口座にお金が振り込まれます。ただし、ほとんどのキャッシングサービスでは、即日融資には制限があるので注意が必要です。

キャッシングとカードローンの違い

つまり、借り方や金利が違うだけで、同じキャッシングサービスなのです。返済方法には、「一括返済」と「リボ払い」があります。

リボルビング払いには、毎月一定額を支払う「定額払い」、残高の一定割合を支払う「定率払い」、残高に応じて異なる金額や割合を支払う「残高スライド払い」の3種類があります。

返済方法は、一般的に、毎月の支払期日に銀行口座から一定額が引き落とされるリボルビング払いが適用されます。これは、借り入れに特化したサービスならではの特徴です。

しかし、"カードローン "や "クレジットカード "になると、金利は1.5%~15.0%となり、クレジットカードのキャッシングに比べて最大3%の差があります。

三井住友カードのカードローンのように、借り入れ金額や返済履歴によって金利が下がる商品もあります。

キャッシングで利用可能額全額を借りた場合、同額を専門のカードローンで借りることで、最終的な総支払額を下げられる可能性があります。

金利は1.5%~15.0%で、返済実績に応じて金利が下がるサービスもあります。