オンラインだからできる
ゲシュタルト療法ワークショップ

令和2年12月13日13:00 〜17:00
令和3年  3月20日13:00 〜17:00
参加費
3000円

こんなお悩みありませんか?

  • 今の自分を変えたい
  • 対人関係の問題がある
  • 同じパターンを繰り返してしまう
  • 仕事がうまくいかない
  • いろいろなことがうまくいかない
  • 自分らしく生きられない
  • 自分らしく生きられない

そのお悩みを解決します!

ゲシュタルト療法は自分が長年無意識に行動してきた生きづらさのパターンに気づき、新しいパターンを選択することを可能にします。この気づきと選択があなたの生きづらさから抜け出す結果となります。

こんな方が対象です

  • 自分らしく生きるようになりたい方
  • 自分に自信を持ちたい方
  • ものごとがうまくいかなくて困っている方
  • 人間関係がうまくいかない方
  • もっと楽に生きられるようになりたい方
  • 仕事で悩んでいる方
  • 人間関係がうまくいかない方

私たちはなぜ生きづらいのか

私たちは本来両親の愛情を受け取り、自分らしくありのままに生きる力を持っています。しかし、幼いころ何らかの形で安心して自分らしくいられないとき、その時の環境に自分を合わせて生きるようになります。それは、その時の幼い自分の賢い生き残り策でしたが、その生き残り策は習慣やパターンとなります。これが俗に言われる性格といわれるものです。しかし、大人になってもう生き残り策が必要でない環境になっても、その習慣やパターンを変えずに生きることになります。そのため、環境と自分のパターンに不具合が生じます。それが生きづらさになっていきます。たとえば私は厳しい父親の顔色を見ながらよいこの自分として、自分の感情や欲求を抑えて行動するようになりました。父親と生活するときはそれでよかったのですが、大人になって職場や友人関係で本当に自分の感情や欲求が言えず苦しみました。そんな自分に気づき自分らしく生きることを助けてくれたのがゲシュタルト療法です。

気づくことで癒しが起こり人生が豊かになります

私たちの幼い時からのパターンや性格は習慣となって、物事に無意識に反応していきます。そのため、気づくことができず中々そこから抜け出すことができません。ゲシュタルト療法は、今ここでの気づきを重視することで、気づきが可能になります。気づくことで自分がどうするか選択し、そこから抜け出すことができます。
私自身はゲシュタルト療法のワークの中で、幼い時に父親に言えなかった「父が怖い」という思い伝えることができ、「やめて」と自分の欲求を要望することもできました。ワークの中で父になってみると父はそんな風な気持ちを持っている私に驚き理解し謝ってくれました。そして、私の父が怖いという恐怖の奥にあった父親が本当は大好きだったという思いに気づき、その気持ちも伝えることができました。もちろんワークの中での父親も心から私を愛してくれていました。このワークをやったことで、それまでの男性への恐怖感がなくなり男性の上司とも緊張なくかかわれるようになりました。ゲシュタルト療法は自分の人生を豊かにしてくれる宝物です。ぜひ皆さんにも同じような体験をしていただけることを願っています。

開催概要

東京
名 称 オンラインだからできる
ゲシュタルト療法ワークショップ
日 時 2020年12月13日
場 所 オンライン
主 催 カウンセリングルーム「みんなの居場所」
参加費用 3000円
お申込み先 https://minnanoibasho.com/mf/?mfid=750
お申込み先 https://minnanoibasho.com/mf/?mfid=750
東京
名 称 オンラインだからできる
ゲシュタルト療法ワークショップ
日 時 2021年3月20日
場 所 オンライン
主 催 カウンセリングルーム「みんなの居場所」
参加費用 3000円
お申込み先 https://minnanoibasho.com/mf/?mfid=750
お申込み先 https://minnanoibasho.com/mf/?mfid=750

タイムテーブル

13:00
チェックイン
ワークショップを始めるにあたって、自分がいまどんな気持ちなのか、何に期待して参加しているのかをチェックし、他の参加者の気持ちや期待を共有することで場全体のつながりを作る。
アイスブレークで緊張を解き、グランドルールを伝えることで安心して自分の問題に取り組めるよう準備をする。
13:30
ゲシュタルト療法の理論
ゲシュタルト療法がどういうものか理解する
14:00
ゲシュタルトワーク
エクササイズ
ペアワーク
個人ワーク
16:30
チェックアウト
ワークショップを終わるにあたって、一日の振り返りと、ワークショップの中で未完了なものを完了させて終わる
14:00
ゲシュタルトワーク
エクササイズ
ペアワーク
個人ワーク

講師紹介

三上道代
カウンセリングルーム「みんなの居場所」代表

先ずはお話の聞き方のコツを学んでいただき、誰もが安心安全な中で、お互いに話を聞き合う体験ができるようにサポートさせていただきます。

お互いに安心安全に聞き合うにはお互いに心地よく過ごすためのルールが必要です。そのルールを参加者お一人お一人にご了解していただくことを大切にします。

聴いていただいた人が、気持よく話すためには聴き手のかたには聞き方のスキルが必要です。そのスキルを身についけていただくことで、お互いに安心して自分の話をしたり、相手の話を聞くことができます。
三上道代のひととなり
1955年秋田県出身
天理教を営む両親の5人兄弟の4番目として生まれる。
明るく、天真爛漫で、男の子だったらよかったねと周囲によく言われた。
父は戦争から帰還後アルコール依存となり
母親への言葉の暴力は日常だった。
母親は5歳の時に病死
幼いころの口癖は「宗教では人は救われない。他の方法がかならずある」だった。
30歳の時に底つき体験をし、カウンセリングに目覚める。カウンセラーを生涯の仕事と考え大学と大学院に入りなおし、40歳の時にカウンセラーとしてデビューし、現在に至る。
資格・所属団体
資格:公認心理師。臨床心理士
   家族相談士、シニア産業カウンセラー
所属学会:
日本臨床心理師会 正会員
日本公認心理師協会 正会員
日本産業カウンセラー協会 正会員
日本家族カウンセリング協会
日本ゲシュタルト療法学会 理事
ヘルスカウンセリング学会 正会員
タッピングタッチ協会会員
アンガーマネジメントジャパン正会員
ゲシュタルトネットワークジャパン会員
所属団体
アンガーマネジメントジャパン
認定トレーナー
ゲシュタルトアソシエイツ
ファシリテーター
プロフール
<学歴>
大正大学大学院修士課程 臨床心理専攻


<カウンセラー歴>
心療内科カウンセラー、産業カウンセラー協会相談室カウンセラー、株式会社 ピースマインドカウンセラーを経て


<現在>
スクールカウンセラー
企業カウンセラー
カウンセリングルーム「みんなの居場所」代表
三上道代のひととなり
1955年秋田県出身
天理教を営む両親の5人兄弟の4番目として生まれる。
明るく、天真爛漫で、男の子だったらよかったねと周囲によく言われた。
父は戦争から帰還後アルコール依存となり
母親への言葉の暴力は日常だった。
母親は5歳の時に病死
幼いころの口癖は「宗教では人は救われない。他の方法がかならずある」だった。
30歳の時に底つき体験をし、カウンセリングに目覚める。カウンセラーを生涯の仕事と考え大学と大学院に入りなおし、40歳の時にカウンセラーとしてデビューし、現在に至る。

オンライン開催への私の思い

現在日本中、世界中にコロナの猛威が広がっています。この状況がいつ収まるのかわかりません。これまで、10年近くゲシュタルト療法のワークショップを開催してきました。しかし、開催には感染のリスクも高まります。私はワークショップをするうえで一番大切にしてきたことは安心安全な場を作ることです。安心安全がなければ、自分自身の奥にある深い問題を安心して出すことはできません。また、私自身にも基礎疾患がありコロナ感染は私にとって命に係わる危険なことです。参加者の安全と私自身の安全を第一に、会場参加は遠方からだと通えないという方のためにオンライン開催を思い立ちました。少人数にすることにより参加者全員のワークができればと思っています。ぜひ私の趣旨に賛同される方はご参加ください。