不動産会社の代表者様の
お申し込み数 775件!

事例集でご紹介するのは
急成長する不動産会社7社の取り組み事例

主に以下の内容をご紹介いたします。
☑ 営業稼働率を1.5倍にする取り組みとは?

☑ 40→60%に!成約率UPを実現するために行っていることとは?

☑ 顧客満足度UPを実現するため、他の会社が行っていない独自の「おもてなし」とは?

☑ web経由の反響率が6.8倍になった取り組みとは?

☑ 最新のITを活用して不動産会社の業務を50%削減できた理由とは?

3,200社の不動産会社様の中から独自の取り組み最新のITを活用して、急成長する不動産会社様の事例を作成させていただきました。775の不動産会社の代表者様がお申し込みする事例集をぜひご覧ください。

〈1社目の成功事例〉
株式会社宅都ホールディングス様

株式会社宅都ホールディングス
取締役 森田 団 様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(1) 営業スタッフの物件案内のための移動時間をゼロにするために取り組んでいることとは?

(2) 営業スタッフの稼働率を上げるために取り組んでいることとは?

(3) 不動産VR活用で、現地内見なしで成約を実現する具体的な方法とは?

〈2社目の成功事例〉
グッドルーム株式会社様

グッドルーム株式会社
メディア事業部 取締役 佐藤 志穂 様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(4) ユーザー心理から考える、ホームページ経由の申し込み率を上げるために特に力を入れていることとは?

(5) ユーザー満足度UPのために行っている「おもてなし」や「工夫」とは?

(6) ホームページのお問合せ率が1.5倍になった取り組み事例をご紹介

〈3社目の成功事例〉
株式会社Good不動産様

株式会社Good不動産
Web戦略室室長 生津 博道 様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(7) 不動産メディアのお問合せを最大化するために行っていることとは?(従来の4.7倍のお問合せを実現!最も良い物件では6.8倍の事例も!)

(8) 遠方のユーザーの成約率を高めるために行っていることとは?

(9) 接客の成約率を上げるために取り組んでいること、工夫していることとは?

〈4社目の成功事例〉
株式会社えんコーポレーション様

株式会社えんコーポレーション
主任 大津 譲二 様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(10) 不動産オーナーさまの満足度UPのために取り組んでいること、工夫していることとは?

(11) 不動産オーナー満足度UPのために、契約期間を短くするために行っていることとは?

(12) ユーザー満足度を上げて、成約率UPに貢献するために取り組んでいることとは?

〈5社目の成功事例〉
株式会社ピー・ビー・オー様

株式会社ピー・ビー・オー
代表取締役 長田 律子 様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(13)  遠方のお客様を来店させることなく、成約につなげる方法とは?

(14)  お客様の希望にマッチして、成約率がUPする質の高い物件提案が行える理由とは?

(15)  お客様の負担を減らすために行っていること、満足度UPのために心がけていることととは?

〈6社目の成功事例〉
株式会社オークハウス様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(16) ビデオチャット、オンライン内覧など、最新のITを活用してお客さまの満足度UPにつなげる方法とは?

(17) 従業員の手間をかけず、効率的に成約率を上げる方法とは?

(18) 業務効率を行うと当時に、お客様満足度UPも実現!さらに、売上UPにもつながる三方良しを実現できる理由とは?

〈7社目の成功事例〉
株式会社日建企画様

株式会社日建企画
社長室 室長 山下 太一 様

急成長を実現する3つの取り組みとは?

(19) リノベーション物件にVRを活用することで、成約率UPにつながる取り組みとは?

(20) 天候、時間、立地、空き状況などのシチュエーションに影響を受けずに、成約率を落とさず、提案できる理由とは?

(21) 最新のITで顧客満足度UPと企業の業績UPに大きく貢献できる取り組み方法とは?

その他にも

従来の管理業務を1/2まで削減した事例や空室期間を90%削減して、オーナー満足度が大幅にUPした事例などもご紹介いたします。

これまでに775の不動産会社様にお申込みいただいた成功事例集です。

「こんな方法があったのか」
「確かにこの取り組みはうちでもすぐできるかも」

などのご感想をいたいだております。 ご期待いただき、ご覧いただければ幸いでございます。

急成長する不動産会社
7社の成功事例集作成企業

株式会社スペースリー

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発し、2016年11月の開始以来3年間で、不動産・ハウスメーカーなどの分野を中心に3,200社以上にサービス提供。

スペースリーは、 リーズナブルな価格、 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。

他にはない遠隔接客機能や、手のひらサイズのVRグラス「カセット」の開発など技術力の評価は高く、2018年4月には、360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立し、研究開発を推進しています。