セラピストに”してもらうリハビリ”からの卒業を目指す

当事者のための
脳梗塞オンラインリハビリ講座
全国の脳梗塞当事者同士で応援しあいながら
一人で体の変化が実感できるリハビリを目指す
オンライン講座が開講します

こんなお悩みありませんか?

リハビリでの葛藤

  • 5年間リハビリを頑張っているが、足首がグネっとなる内反の症状は一向に変わらず、屋外歩行も一人では怖くてできない。
  • いつもセラピストに「動かしてもらう」リハビリの後は、楽に動けるのに、自宅で一人で動いても戻ってしまいラクに動けない。
  • 家族は病気のことを理解してもらえないから、何とか動こうとするが体がしんどく精神的にも疲労がきている。この状況をセラピストや家族には理解してもらえないことで孤独感という辛さを感じている。
  • 一人でネットを探してリハビリをしているが、「体の変化」を実感できない。今のリハビリがあっているのかも分からず、今も未来もリハビリの危機感すら感じる。
  • 一人でネットを探してリハビリをしているが、「体の変化」を実感できない。今のリハビリがあっているのかも分からず、今も未来もリハビリの危機感すら感じる。

新型コロナウイルスによる、さらなる危機感

外出自粛・リハビリ自粛による未来への不安

  • 感染の恐れがありリハビリを休んでいることで、症状の変化は変わらないよりも、どんどんグネっとなりやすく歩きにくなっている。しかし、この体の状況は麻痺のない家族には辛さが分かってもらえず、誰にも相談することが出来ない。

  • リハビリを休んで分かったことは、一人では何も解決することが出来ないことだった。今まで「やってもらうリハビリ」が当たり前だったことに今気が付いた。
  • 今までは、この病気の辛さを共感してくれていた当事者仲間も会えないことで話を聞いてもらえない。相談できる人もいないし、自分一人では解決することが出来ず自分の無力感だけが日に日に増している。
  • 今までは、この病気の辛さを共感してくれていた当事者仲間も会えないことで話を聞いてもらえない。相談できる人もいないし、自分一人では解決することが出来ず自分の無力感だけが日に日に増している。

振り返ってみましょう


新型コロナウイルスによって、あなたは気づいたのではないでしょうか?
  • 今までセラピストに『してもらう』リハビリばかりだった
  • 「体の変化が実感できない」一人でのリハビリには限界を感じた
  • 1人でのリハビリをする辛さや喜びを分かり合える仲間がいない
  • 「体の変化が実感できない」一人でのリハビリには限界を感じた
あなたは今、変わるチャンスです。

将来に向けた2つの重要ポイント

お一人でのリハビリで「体の変化が実感できるリハビリ」を
身につけることが出来れば
一人でも目標に向かって近づいていけます

同じ経験をした脳梗塞や脳出血の同じ仲間がいれば
1人でリハビリをする辛さや喜びを分かち合い
前向きな気持ちになれます

明るい未来に向けて
さぁ今、変えよう!!!

【注意事項】
本講座は、テレビ電話を通じて
『セラピストがあなたにリハビリをする』ものではありません

当事者のための脳梗塞オンラインリハビリ講座

あなたが一人で「体の変化を実感できる」ためのリハビリの”やり方”を学ぶ世界初の講座です

全国の同じ経験をした脳梗塞や脳出血の当事者同士が集い、応援しあえることで無限の可能性が生まれます!


そんな希望ある未来に向けて
歩むことのできる講座が開講します

第1期生からの受講後の感想動画


オンラインでできる理由


理由1 触らないリハビリ
2013年に設立。これまで延べ3万人以上とのリハビリの中で、マッサージや筋トレなど一切触らずに、自宅で一人でラクに動けるリハビリを指導。
触らないリハビリだからこそ、オンラインでも一人で出来るリハビリをあなたに伝えられます。
理由2 81%が体の変化を実感
一般的に、「改善のピークは発症から半年間」と言われていますが、当施設には、発症から4年4ヶ月たっても諦めていない方が来所されており、継続率は81%。多くの方に体の変化を実感して頂いています。
理由3 かりやすく伝える技術
全国の学術集会での発表や専門雑誌での論文投稿、また外部の勉強会団体からの講演依頼など延べ3,000人の医療従事者への指導実績があります。イラストや表などで一般の方でも分かりやすく伝える技術があります。
理由2 81%が体の変化を実感
一般的に、「改善のピークは発症から半年間」と言われていますが、当施設には、発症から4年4ヶ月たっても諦めていない方が来所されており、継続率は81%。多くの方に体の変化を実感して頂いています。
理由4 仲間で応援しあう仕組み
仲間が集まる脳梗塞当事者会を3年間毎月継続。取得するのに40時間あまりの教育を受けられた「脳卒中ピアカウンセラー」の認定者から、直接指導を受けて仲間で応援しあう仕組みや技術」を学び続けています。
理由5 仲間で応援しあう文化
「ラクに動ける笑顔をみんなへ」を理念に掲げ、当事者会やリハビリ合宿、協会アワードを開催し、リハビリだけではなく笑顔に向けて「みんなで応援しあう」ことを大切にしながら、常に学び続けています。

今回学ぶ内容

Step
1
1人で出来るリハビリ方法を学ぶ
セラピストからの卒業を目指すため、ご自身で問題点を見つけてお悩みの症状の変化を感じるための解決方法を学びます。お一人で実践しても変化が感じられるリハビリが出来るように導きます。
Step
2
当事者同士で夢を語り応援しあう
1人で行うリハビリは、寂しいですよね。またその気持ちを分かってもらえる方も近くにいないですよね。今回は、同じ経験をもった理解しあえる仲間と繋がり、夢を語り、応援しあうことでお互いが励ましあったり、笑いあったりしながらのリハビリができます。
Step
目標に向かってステップアップ
数年後をイメージしながらリハビリを取り組んでいますか?ご自身の夢を描き、その夢のために必要なステップアップを考えていきます。
Step
2
当事者同士で夢を語り応援しあう
1人で行うリハビリは、寂しいですよね。またその気持ちを分かってもらえる方も近くにいないですよね。今回は、同じ経験をもった理解しあえる仲間と繋がり、夢を語り、応援しあうことでお互いが励ましあったり、笑いあったりしながらのリハビリができます。

まとめ

今までのリハビリでは限界を感じており、
コロナウイルスの影響で何もかもうまくいっていないし、孤独に感じているあなた!

「一人でも自分に合ったリハビリをできて、体の変化を実感できる」

「リハビリは頑張るものではなく、体の感じ方を気をつければラクに行える」

「全国にいる当事者同士で一緒に共感したり応援しあいながらリハビリができる」

そんな方は、明るい未来に向かってスタートするための講座で一緒に学びましょう

参加資格

本講座は以下の全ての項目を満たしている方のみ受講いただけます。
 インターネットでZOOMが利用できる方
通信が安定しており、ZOOMが使用できる方に限らせていただきます。
スマホ、パソコン(カメラ、マイク付き)からのご参加が可能です。
なおZOOMに不安な方は、事前にテレビ電話が繋がるか確認しますので安心してください
 麻痺を持つ当事者の方
麻痺をお待ちの方であればご参加いただけます。
片麻痺、両麻痺、また感覚障害があっても参加可能です。

☑ 座っていると、腰やお尻が頼りない
☑ 麻痺によって手足が緊張して、ガチガチな感じがする
歩けるが、「足が重たく感じる方
歩けるが、「足が滑らかではない」「ぎこちない」という方

どなたでもご参加いただけます

 1人で座って、手すりを使って立ておける方
麻痺があり、以下の動きが出来る方であれば参加可能です。
・お一人でパソコンの前で2.5時間程度座って過ごせること
1人で手すりを使って立ち上がれ、乗り移りが出来ること
                   が条件となります。
装具を使用しておられても参加可能です。
 言葉の理解が出来る方

失語症
 喋ることが難しい場合でも、筆談やキーボード入力が可能で言葉の理解ができる方はご参加可能です。
構音障害
 喋るのに自信がなくても、こちらの説明が理解できて、ゆっくりでも喋れるかたでしたら、お時間をゆっくり設けて喋っていただきますので安心してご参加ください。

 1人で座って、手すりを使って立ておける方
麻痺があり、以下の動きが出来る方であれば参加可能です。
・お一人でパソコンの前で2.5時間程度座って過ごせること
1人で手すりを使って立ち上がれ、乗り移りが出来ること
                   が条件となります。
装具を使用しておられても参加可能です。
 自宅で一人でするリハビリで成果を上げたい

新型コロナウイルスの影響で、今こそ「自宅で一人でするリハビリ」の質をどうしても上げたい方。 

 「してもらうリハビリ」を本気で卒業したい

今までの「してもらう」受け身のリハビリから、あなた一人でも体の変化が実感できるリハビリが出来 るようになりたい方。

  一人で頑張らない

今まで、あなたは十分一人で頑張ってきました。これからは、一人で頑張らずに麻痺を持つ当事者仲間 と応援しあいながらリハビリをすることを決めた方。

  批判しない、意見しない

1人1人が安心安全なリハビリ空間にするために、これから出会う麻痺を持つ当事者仲間を批判した り、意見しないことを約束できる方

  一人で頑張らない

今まで、あなたは十分一人で頑張ってきました。これからは、一人で頑張らずに麻痺を持つ当事者仲間 と応援しあいながらリハビリをすることを決めた方。

開催日程

1日目
9月24日(木)16時~18時30分(7期生)
10月9日(金)16時~18時30分(8期生)
2日目
10月1日(木)16時~18時30分(7期生)
10月16日(金)16時~18時30分(8期生)
注意事項
1.この講座は2日間セットになったZOOMを使ったオンライン
  講座となります。必ず両日のご参加ください。
2.ZOOMの使用方法が分からない場合はご連絡ください。
3.時間の調整が難しい方は、後日ビデオ視聴による受講も
  受け付けております。ご利用くださいませ。
4.時間が間に合わない方は後日オンラインでの受講も可
2日目
10月1日(木)16時~18時30分(7期生)
10月16日(金)16時~18時30分(8期生)

定員・参加費

(定員)15名

(参加費)6,000円(税込み) (割引特典あり)
                 ⇩

★ご紹介特典★

全国の当事者で困っておられる方に届けたいという想いがあります。そのため、お知り合いの方と一緒に参加してくださる場合につきましては、紹介特典として、6,000円を3,000円といたします

 


(支払い方法)銀行振込またはクレジットカード決済
 ※申し込み完了後、メールにてご案内します。

申し込み

以下の申し込みページからお申し込みください。

会社概要

会社名 動きのコツ研究所リハビリセンター
住所 兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西宮305
電話番号 0798-32-8502
050-3390-0152
代表者 生野 達也