お子さまの習い事が続かないお母さんへ。
『乗馬』はいかがですか?

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
06-6915-0034
定休日:毎週火曜日

お子さまが幼稚園や保育園の頃は気にならなかったかもしれません。
でも小学生になると習い事を始める子供が急に増え、どのくらいのお友達が習い事をしているのか気になりませんか?

小学生でしたら、約80%の子供たちが、1つ以上の習い事をしているというデータがあります。
多く感じますか?それとも少なく感じますか?

子供のお友達を思い浮かべても、そのくらいのお友達は何かしら習い事をしているのではないでしょうか?

でも、『みんなやってるから』という理由だけで習い事を選んでよいものか…悩みますよね。

どんな習い事がいいのかわからない

習い事を始めてもすぐに飽きてしまう

子供の将来に役に立つ習い事って何だろう

こんな話があります。
5年前に、私たちの乗馬クラブに、お母さんに連れられて小学3年生の恥ずかしがり屋な女の子が乗馬の体験に来ました。
お母さんの悩みも皆さまと同じでした。
『ピアノを習わせても、英語教室に習わせても、すぐに嫌がってやめてしまう』とのことでした。
子供が動物好きという理由と、もっと丈夫な体になってほしいという理由で、試しに乗馬の体験をさせてみようと思ったそうです。

今、その女の子は中学校2年生になります。そして馬術の全日本選手権大会に3年連続で出場する、自信に満ちた、礼儀正しいライダーになりました

彼女はどうして全日本選手権で活躍する選手になったのでしょう?

なぜ飽きっぽい女の子が、自信に満ち溢れた、全日本選手権で活躍できるようなライダーになったのでしょう?

それは彼女にずば抜けた才能があったから?

血のにじむような努力をしたから?

そうではありません。

決して『習わせない』ことです

答えは、お母さんが乗馬を『習わせなかった』からです。

どうして親が、乗馬を『習わせなかった』からトップライダーになったのか。
その理由は簡単です。

お母さんが習わせたのではなく、子供が自分の意志で『乗馬を習いたい』と言ったからです。お母さんは、子供が自分の意志でやりたいと思ったことを応援しただけなのです。

乗馬を始めるまで、小学3年生の女の子は、お母さんが決めた習い事をやっていたのですが、初めて自分の意志で習い事を決めたそうです。親に言われたからではなく、自分でやりたいと思って始めた習い事だから、続けていくパワーが違ったんですね。

はじめまして
乗馬クラブ鶴見緑地乗馬苑です

お子さまの習い事に乗馬をおススメする4つの理由

まずは、子供自身がやりたいと思うことを習い事にするのが一番です。
そして、その習い事が乗馬だったから、ますます彼女は成長できたそうです。

お子さまの習い事に乗馬をおススメするのには、4つの理由があります

1.【社交性に富んだ人間形成ができる!】

乗馬は、性別、年齢を問わず、大人も子供も一緒に楽しむ習い事です。
同じ習い事を選んだ仲間同士の連帯感も生まれますし、学校や学年にとらわれない友達を作ることができます。
少しくらい学校で嫌なことがあっても、別の友達や、仲間同士で同じ時間を過ごすことで、気持ちが楽になることもあるでしょう。
また、子供同士だけでは身に付きにくい、礼儀や気遣いなども自然と覚えることができます。

2.【運動不足が解消され、姿勢もよくなり脳も活性化!】

現代の子供たちは、お父さん、お母さんが子供だった頃に比べて運動不足だと言われています。
学校で行われる体力測定の結果を見ても、体力が落ちていることは一目瞭然です。
外で遊ぶことも少なくなり、運動量は学校の体育の授業だけでは不十分なのが現状です。
また、ゲームやスマホを触る時間が長くなり、姿勢が悪い子供が多いのも現状です。
乗馬は全身と頭を使う総合的なスポーツです。馬に乗りながら美しい姿勢を保つだけでも筋肉に適度な負荷がかかり、姿勢矯正にも役立ちます。
それに判断の繰り返し求められるスポーツですので脳の活性化にも大きな効果があります。

3.【自信がつきます!】

どんな習い事を選んだとしても、目標の設定がありますよね。
スイミングなら25メートル泳げるようになる、ピアノなら1冊の楽譜を全部弾けるようにする。
乗馬では5級から始まり、技術のレベルが上がるにつれ4級、3級とステップアップが確認できる技能認定(ライセンス)審査があり、目標がわかりやすく設定されています。
目標を達成することで、子供たちは自分に自信を持つことができるようになるのです。
しかし、乗馬は動物と一緒に行う習い事ですので、うまくいかない日もあります。 うまくいかなかった日でも、きのうの自分を超えることで自分を認めてあげられるようになります。それは小さな挫折につながることもあるでしょう。
でも私たちは、子供が挫折をしないように育てるのではなく、挫折をしても立ち直れる強い子に育ててあげるべきではないでしょうか。
習い事を続けることで、子供たちは自分に自信が持てるようになるだけでなく、挫折から立ち直れる強い精神力を養うことができるようになるでしょう。

4.【優しさと責任感が育まれます!】

乗馬は、人間と馬との協調性が必要です。
馬に乗っている時ももちろんですが、馬に乗る前後の馬のお手入れをすることで、馬という動物を通して、いたわりの気持ちや、思いやりの気持ちを育みます
また、馬の世話をすることで責任感が生まれ、リーダーシップを持った人間に成長できるのです。

乗馬だから、ますます成長できます

先ほどもお伝えしましたが、まずは子供自身がやりたいと思うことを習い事にするのが一番です。

そして、その習い事が乗馬だったから、ますます彼女は成長できたそうです。

そして、好きな習い事を続けて、特技を手に入れた女の子は、

社交的で、

礼儀正しく、

健康で、

判断力のある、

自信に満ちた、

辛抱強い、

思いやりのある、

リーダーシップを持った、

人に成長することができたのです。
乗馬体験は公式LINEからお申し込みいただけます

乗馬ってお金が掛かるんじゃないの?

当然、習い事にはお金がかかります。内容にもよりますが、1つの習い事を週に1回、月に4回通うことを考えると、一般的には7,000円から10,000円の費用が掛かると言われます。

乗馬も例外ではなく、平均すると毎月15,000円から20,000円のレッスン料が掛かります。他の習い事と比べれば、少し割高に思われるかもしれません。でも、それは広大な場所で、動物と行う唯一のスポーツですから、その分費用が掛かるのです。

また、他の習い事と同じように月謝以外にも必要な費用があります。習い事自体に必要な道具を買うだけでなく、乗馬でしたら競技会(ピアノで言えば発表会のようなものです)の参加費といったように、特別に発生する費用もあります。
公式LINEで料金についてお問合せいただけます

お子さまに乗馬体験をさせてあげることをお勧めします

鶴見緑地乗馬苑では、まずはお子さまに乗馬体験をさせてあげることをお勧めします。

お子さま自身が楽しんで、自分の意志で『乗馬をやりたい』と言った時に、お母さんは応援してあげてください

お子さまにとっては、馬はとても大きな動物ですので、最初は怖がってしまうかもしれませんが、そんな時はお母さんと一緒に乗馬の体験をすることもお勧めします。
大人と子供が一緒に楽しめるのも、乗馬だからできることなのです。

乗馬体験は公式LINEからお申し込みいただけます

ジュニア乗馬体験のご案内

乗馬は、人と動物とがコミュニケーションをとりながら、馬の気持ちを考えて行うスポーツです。
お子さまの乗馬体験では、ただ「馬に乗る」ということだけでなく、馬とのふれあいの時間を大切にしています

乗せてくれた馬に手入れなどのお世話を行うことで「優しさ」や「おもいやり」の心も育まれ、コミュニケーション能力が高まり、リーダーシップが身につきますので、お子様の将来での人との関係にも役立つのが乗馬なのです。

お子さまの乗馬体験はスタッフがマンツーマンで行いますので、馬にふれる事が初めてのお子様でも安心してお任せください

まずは乗馬を気軽に試していただければ嬉しく思います。

【鶴見緑地乗馬苑の乗馬体験】

1. まずは馬に触ってみよう
馬とはじめましてのあいさつをしたら、まずは今日のパートナーにブラッシングをしてきれいにしてあげましょう。

どこを触ってあげると喜ぶのか探してみましょう!
2. 馬の背中に乗ってみよう
ぴかぴかにお手入れしたら、今度は馬に乗ってみましょう。

ゆっくり歩いて、まずは揺れに慣れていきます。

なんだか自然に、背筋もすっと伸びてきます。
3. 自分で馬を動かそう

「発進」「停止」の合図も、自分でチャレンジしてみよう!
右へ左へ、行きたい場所へ、馬を歩かせてみよう。

それが出来たら、ちょっと走るのにも挑戦します。
馬とのリズムを上手にあわせましょう。

3. 自分で馬を動かそう

「発進」「停止」の合図も、自分でチャレンジしてみよう!
右へ左へ、行きたい場所へ、馬を歩かせてみよう。

それが出来たら、ちょっと走るのにも挑戦します。
馬とのリズムを上手にあわせましょう。

公式LINEでキャンペーン情報をお受け取り下さい

乗馬という習い事を選択したお客様の声

最後に私たちの乗馬クラブで、乗馬を習っている子供たちのご両親の声を集めてみましたのでご紹介させていただきます。

小学3年生Mちゃんのお父さん

愛知県在住 45歳

はじめて馬に乗った時から、かなり馬に親近感を持てたようでした。

馬に乗る前と乗った後で娘の表情ががらっと変わり、いきいきとしていたのが印象的でした。娘が「もっと乗りたい!」と言ったことで続けることを決めました。

乗るだけでなく、馬の世話や馬具の準備も自分でするようになるので、子供ながらの責任感を持ち始めているようで、成長を感じています。

普段から姿勢に注意するようになったことも良かったと思います。

自然や動物とふれあう機会がなかなかない現代っ子の娘にとって、とても貴重な経験をしていると思っています。

乗馬を通して、相手の気持ちをくみ取れる大人になってくれることを期待しています。

VOICE

中学2年生と小学5年生のI兄弟のお母さん

愛知県在住 48歳

はじめて馬に乗った時に、子供たちは生き物とスポーツができて楽しかったみたいです。
家に帰って相談した結果、やりたいという気持ちを応援することに決めました。

子供たちは生き物とふれあうことができて癒されているようです。次にレッスンへ行くのが待ち遠しくて仕方ない様子です。

すでに習っていた習い事がしっかりできなくなるのではと心配していましたが、相乗効果になってくれそうで楽しみです。

動物とふれ合うことができて、また自分よりも大きな馬を自由に動かす楽しさは乗馬にしかないと思います。これからも自然の中で、のびのびと楽しませようと思います。

VOICE

中学2年生と小学5年生のI兄弟のお母さん

愛知県在住 48歳

はじめて馬に乗った時に、子供たちは生き物とスポーツができて楽しかったみたいです。
家に帰って相談した結果、やりたいという気持ちを応援することに決めました。

子供たちは生き物とふれあうことができて癒されているようです。次にレッスンへ行くのが待ち遠しくて仕方ない様子です。

すでに習っていた習い事がしっかりできなくなるのではと心配していましたが、相乗効果になってくれそうで楽しみです。

動物とふれ合うことができて、また自分よりも大きな馬を自由に動かす楽しさは乗馬にしかないと思います。これからも自然の中で、のびのびと楽しませようと思います。

VOICE

小学2年生Nちゃんのお父さん

兵庫県在住 47歳

大きな馬に乗った時、怖がるかと思いましたが、とてもうれしそうな笑顔でした。1回の乗馬体験だけで一人で馬を動かせたことに驚きました。

まだ体も小さいので、できない事も多いですが、馬との接し方など、普通の生活では経験できない事が体験できて良いと思います。

内気な性格の娘ですが、乗馬では自分の意思をはっきり持って馬に伝えなければいけないので、そういうの強さが身につけば良いなと思います。

まだ始めて少しですが、「馬に乗るのは楽しいよ」と娘は言っています。いつもと違う風景が見れてうれしいようです。

VOICE

小学6年生のT君のお母さん

大阪府在住 44歳

はじめて馬に乗った時、楽しくて心も満たされたようでした。スタッフの方が親切で分かりやすい指導をして下さり、クラブの方針も明確だったので入会を決めました。

レッスンが分かりやすく、毎回楽しんで充実した時間を過ごせているようです。
少しずつですが様になって来たような気がします。

乗馬を始めてから、自分のスケジュール管理をしっかり行うようになったり、姿勢が良くなったり、ライセンス取得の為に勉強したりと毎日がとても充実していると思います。

これからもどんどんチャレンジして欲しいと思っています。

VOICE

小学6年生のT君のお母さん

大阪府在住 44歳

はじめて馬に乗った時、楽しくて心も満たされたようでした。スタッフの方が親切で分かりやすい指導をして下さり、クラブの方針も明確だったので入会を決めました。

レッスンが分かりやすく、毎回楽しんで充実した時間を過ごせているようです。
少しずつですが様になって来たような気がします。

乗馬を始めてから、自分のスケジュール管理をしっかり行うようになったり、姿勢が良くなったり、ライセンス取得の為に勉強したりと毎日がとても充実していると思います。

これからもどんどんチャレンジして欲しいと思っています。

VOICE

小学5年生Kちゃんのお父さん

埼玉県在住 52歳

始めて馬に乗った時は、目線が高くなって緊張していましたが、だんだんと慣れるにしたがって自分で馬を動かす気分が味わえ、楽しくなったようです。
娘が明日も乗りたい!もっと乗ってみたい!と言うので、親子で始めてみることにしました。

娘が成長していく姿を見るのが楽しくなっています

2年経ち、心も体も一回り成長している実感があり、特に病気にかからなくなったのに驚いています

これからの成長がいっそう楽しみです。

本人が楽しくやるのが1番です。乗馬は誰にでもできるスポーツだと思います。

また馬と一緒に物事を進めていかないと上手くいかない点が面白い点だと思います。
娘の目標が高くなっていくことも親として頼もしいことですね。

VOICE

資料請求はこちらから

資料をご請求いただきましたら、鶴見緑地乗馬苑のパンフレットをお送りさせていただきますので、こちらのフォームからお送りください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
公式LINEから資料をご請求いただく際は、トークから『資料請求』とメッセージをお送りください。スタッフから返信をさせていただきます。

追伸

先ほどもお伝えしましたが、まずは、子供自身がやりたいと思うことを習い事にするのが一番です。そして、その習い事に乗馬を選んだお母さんは、

・社交的で

・礼儀正しく

・健康で

・判断力のある

・自信に満ちた

・辛抱強い

・思いやりのある

・リーダーシップを持った

そんな成長したお子さまの姿を楽しみにできるでしょう!
乗馬体験は公式LINEからお申し込みいただけます。