施工管理技士を目指すなら
派遣会社を選ぶ理由

施工管理技士をこれから目指したいと考えているなら、資格取得のことはもちろん、その後の働きやすさも考慮してみませんか?そのような方におすすめなのが、派遣会社で働くことです。なぜ派遣会社を通すべきなのか紹介します。建築業界で専門職になりたい方はチェックしてみましょう。

施工管理技士とは?

・施工管理技士は国家資格のひとつ

施工管理技士は、建築業法第27条に基づいた国家資格です。国土交通大臣が指定する機関で資格を取得しなければなりません。施工管理技士の試験は1級と2級の2種類で、それぞれに合格すると「施工管理技士」として活躍することができます。

 

・工事を管理する役割

施工管理技士は建築現場では欠かせない人材です。工事の管理や監督をする役割となっているので、工事をスムーズに進めるために必要となります。業務内容は施工図の作成や工事の管理です。近年では技術者が不足している理由から、施工管理技士の需要も高まっています。企業で資格取得の補助をするところもあるくらい、今必要性が高まっている人材です。

施工管理技士になるには

・建築現場での実務経験が必要

施工管理技士の受験資格は、建築現場での実務経験が必要です。そのため、建築系の職場に就職してから、技術者になるための資格取得に進まなければなりません。必要な実務経験の年数は、目指す級によって異なります。指定学科の大学を卒業者後、2級なら1年以上、1級なら3年以上の実務経験が必要です。

 

・1級資格者は若い世代で不足している

施工管理技士は1級と2級で働ける場所が変わってきます。2級は小規模の建築現場で活躍するのに対し、1級合格者は大規模な建築現場で必要な人材です。とくに1級は若い世代で人材が不足していることから、現場で求められています。若い方でも施工管理技士の1級取得を目指すことで、より良い職場で活躍できるようになるでしょう。

施工管理技士になるには
派遣会社がいい理由

・法律に準じた勤務日数で調節できる

近年はブラック企業の問題が表面化するようになり、若者の中では会社選びを慎重にする動きも出てきています。まして建築現場ともなれば、肉体労働で激務というイメージを持つ方も少なくないでしょう。派遣会社を通した会社選びなら、法律に準じた勤務時間と休日が確保できます。派遣契約の際には書面で勤務状況も提示されるので、安心して働くことができるのです。

 

・仕事の経験を積むことができる

施工管理技士は建築現場のすべての管理を任されることになります。多数の業種と関わりながら、建築現場の人材とも上手くコミュニケーションしていかなければなりません。派遣会社で働けば多数の職場に移ることができるので、多くの現場を経験することができます。たくさんの先輩方のサポートを得ながら、管理の仕方を学べるのです。

 

・高収入が期待できる

建築現場では施工管理技士の人材が不足している現状があります。派遣会社なら多くの職場に移ることができるので、正社員より高収入が期待できるでしょう。自分が希望する給与額に達しなければ、新たな職場を探すこともできます。

資格取得のための派遣会社の選び方

・資格取得の斡旋があること

現在資格を持っていない方が施工管理技士を目指すなら、資格取得の斡旋がある職場で働くのがおすすめです。派遣会社によっては資格取得の費用も補助してくれることがあるので確認しておきましょう。働きながら勉強をするとなると勉強時間の確保も必要なので、休日がとりやすい派遣会社だとメリットを感じやすくなります。

 

・働いているときのフォローが充実している

派遣で働く場合は新しい職場に移ることも少なくないため、フォロー体制が充実していると、安心して働くことができます。働いているときに様子を見に来てくれたり、いつでも相談に乗ってくれたりする体制が重要です。派遣先に希望があるときも、派遣会社を通せば伝えやすくなります。

 

・施工管理技技師のための研究制度が充実している

施工管理技技師を目指す人への研修内容が充実していると、働きながら知識を習得できます。人材教育に力を入れている現場で働くと、資格取得のための経験を積むことができるでしょう。施工管理には図面の作成やCADの知識も必要なので、自分だけの勉強にとどまらず、現場で経験を積むことが必要となってきます。

派遣会社登録前に確認したいこと

・派遣会社の設立年を確認する

設立年が古いほど、長く安定した派遣業務を行っていることがわかります。もちろん新しい会社であっても信頼できる派遣会社はありますが、長く営業を続けてきた派遣会社は、リーマンショックなどの金融危機も乗り越えてきた会社だといえます。

 

・福利厚生をチェックする

派遣会社によって福利厚生が違います。福利厚生施設を割引で利用できる会社や、健康診断や人間ドッグが受けられる会社もあります。ほかには派遣社員の誕生日に休暇を取りやすい制度を設けているかも要チェックです。女性の場合は育児休暇や介護休暇の取りやすさも重視しましょう。


施工管理技士が目指せる派遣会社はこちらから確認できます。


まとめ

これから施工管理技士を目指したいと考えているなら、派遣会社で働くことも視野に入れてみましょう。派遣会社の働きやすさを理解すれば、選択肢に入れていなかった方も考え方が変わるのではないでしょうか。