カウンセリングルーム優心

私自身「パニック症」と13年闘い寛解!
だから…あなたの「辛さ」良く理解できます!
科学的根拠のある療法をご提供します。

ABOUT カウンセリングルーム優心

カウンセリングルーム優心は、平成23年に開設した「個人向けカウンセリングルーム」です。心理学の中でも「臨床心理学」に長けたカウンセラーがお話しを聴かせていただきます。カウンセリングという言葉から何を連想しますか?もしかしたら「うさんくさい」というお声も出るかもしれません。しかし、弊社カウンセリングルームは、「しっかりとした知識(解剖生理・精神医科学など」を有したプロのカウンセラーです。民間としては珍しい、精神科・心療内科病院との提携をしたカウンセリングルームでもあります。したがって「科学的エビデンス(立証)の得られた療法」をクライエント様にご提供できます。本物のカウンセリングを受けていただき事で、これまでも多数の「うつ病」「パニック症」「強迫症」の方々が卒業されています(症状にもよります)。心の病も、ほおっておくと確実に悪化します。その前に、「心に耳を傾け」異常を感じたら、すぐにご連絡下さい。誰でも最初の「一歩」は勇気がいるものです。もし心が楽になるのであれば、勇気を出してみませんか?ご安心できる環境を整えて、あなた様の来所を心よりお待ちしております。
     メンタルケア心理専門士® 武澤充孝

パニック症を患った私が、カウンセラーになったワケとは…

 私がパニック症を発症したのは23歳の時。当時大学生だった私は、学習塾のアルバイトをしておりました。そんなある日、深夜3時に帰宅。「あれっ!?何か視野が狭くなってきる…俺死ぬかも…」これが私のパニック症との闘いの始まりの瞬間でした。それまで、ノー天気だった性格から、まさか精神疾患になってしまうなんて、夢にも思いませんでした。
 それから、近くの内科医にかかったものの「自律神経失調症だから、休養すれば治りますよ」こんなことを言われましたが、一向に症状は良くなるどころか、悪化するばかり。訳も分からなく襲ってくる動悸、足が地についていない感覚、「一体、この胸の息苦しさは何なんだ?」そんな不安の日々を6年耐え抜きました。この当時はいわゆるパニック発作が多い時で、1日4~5回出始めていました。
 発症から何も対処しないまま7年の時が過ぎました。30歳の時にようやく「心療内科」が出始めたころ、某心療内科にかかり、そこでやっと「パニック障害ですね」と言われました。私の中では「やっぱり」という気持ちと、「早く楽にして欲しい」と言う気持ちが同時に湧いてきたことを、昨日のように覚えております。
 それから、薬物療法が始まり「パキシル(SSRI)」と「コンスタン(安定剤)」を処方してもらい、みるみる回復傾向に向かいました。しかし、ある一定までは「不安」は下がったものの、「電車に乗れない」「床屋にも行けない」「友人と会う事さえも嫌」になり「根本治療」までには至らなかったのです。そこでwebで調べていたら「認知行動療法」と言う言葉を見つけました。最初は「こんな方法で良くなるのか?」これが最初の私の感想です。しかし、藁をもすがる思いでいた私は「やるだけやってみよう」と思い勇気を出して実践してみました。プロセスを踏むごとに「あれ!?前より楽になるかも…」そんな思いが出てきて、あれよあれよと言う間に「電車にも乗れる」ようになり、生活に支障がでなくなるレベルまで回復したのです。(個人差がございます)
 あれから12年。私は一切パニック発作も起きていません。であるなら「思い切って自分の体験も踏まえカウンセラーを目指してみよう」とう思いが募ってきました。そこから、怒涛の猛勉強。勉強は大変でしたが、おもしろいという気持ちが優先して、メンタルケア心理専門士®・認定講師Ⅰ種を取得し、現在では地元で25人以上のカウンセラーを輩出するまでになりました。
 最後に、「カウンセリング」の力は本当に凄い!と言う思いを身を以て体験致しました。全ての方が良くなるとは勿論言い切れませんが…ご自身の未知の力をカウンセリングをすることで、発揮できる事は間違いなく断言できます。

そして【一人でも多くのクライエント様を楽にしてあげたい】この想いが…カウンセラーになったワケです!
 
Psychology Counselor
心理カウンセラーー紹介
資格

日本学術会議 協力学術研究団体
○メンタルケア学術学会®正会員

○メンタルケア心理専門士®

○同学会認定講師Ⅰ種取得

○日本交流分析学会会員


治療実績

●200名以上の治療実績。セッション数1,500回以上。
 様々なお悩み・精神疾患のクライエント様とカウンセリングをしていく中で、卒業される時の達成感は双方何物にも代えられない気持ちになります。

●全てはクライエント様のため!使える「療法」は使う「折衷主義」を貫いております。
 心理療法には様々な種類の療法がございます。実は心理の世界は「派閥」と言うものがございます。どの療法が良い・悪いと言う視点は治療者目線で決めている事が現状です。しかし、私はその派閥を払拭し、日々研鑽し、現在も勉強中。それは、様々なクライエント様に対応できるよう、引き出しを多くもつ事が、全ての「クライエント様」のためになるからです。

主な治療法
認知行動療法 うつ病・不安症(パニック症など)に対し有効で、世界が認める科学的根拠のある「認知行動療法」。通称CBT。その再発率は、薬物以上とも言われている治療法。
スキーマ療法 最先端の治療法。日本に入ってきてまだ数年。CBT治療を施術しても、改善が見られないクライエント様にお勧め。デメリットとして、治療期間が長期になること。
ブリーフセラピー 解決志向型の療法。ブリーフとは、短期間で問題解決に向けて焦点を当てた療法。軽度のクライエント様には有効。
交流分析療法 もっとも得意とする療法。対人コミュニケーションの不和に特に有効。企業研修でも交流分析を使って研修をやってます。
精神分析療法 フロイト・ユングから派生した「過去」に重視した心理療法。現在では、クライエント様のご要望で施術。
行動療法 行動の変容をすることで「不安」「恐怖」を克服する療法。
来談者中心療法 カウンセリングのベースである傾聴(カールロジャーズ)。クライエント様に対して、「否定」せず「肯定」姿勢でお悩みを聴かせていただきます。
認知行動療法 うつ病・不安症(パニック症など)に対し有効で、世界が認める科学的根拠のある「認知行動療法」。通称CBT。その再発率は、薬物以上とも言われている治療法。

お世話になった先生方

北海道医療大学心理科学部臨床心理学科教授
認知行動療法第一人者の一人
坂野 雄二先生

東京にて坂野先生の「認知行動療法」を初めて学ばせていただいた時の写真

日本交流分析学会元理事長
交流分析の第一人者
杉田 峰康先生

杉田先生の出会いから、私の心理学に対する意欲が増したと言っても過言ではありません。
そんな杉田先生の「杉田塾」塾生でした。

提携病院

● 佐野市/両毛病院(精神科・心療内科・思春期外来)

● 足利市/あしかがメンタルクリニック(心療内科)
PRICE
料金システム
初回面接(インテーク面接) 5,000円(税込)
カウンセリング30分 4,000円(税込)
カウンセリング45分 6,000円(税込)
カウンセリング60分 8,000円(税込)
10分延長 500円(税込)/10分延長毎に
カウンセリング30分 4,000円(税込)

0283-85-7976

営業時間:10:00〜19:00 (平日)
お申し込みは随時予約受け付けております。 
ご希望の日時をお伝えください。
カウンセリングルーム不在の場合は転送がかかりますので、留守番電話にメッセージを残していただければ
こちらから折り返しお電話を致します。

ACCESS



カウンセリングルーム優心(運営会社:有限会社有心個別アカデミー内)

TEL:0283-85-7976
MAIL:kokoro-yusin@xui.biglobe.ne.jp 
住所:栃木県佐野市堀米町1229-1
東武佐野線堀米駅徒歩5分。