再生エネルギー
太陽光発電の投資

誰でも申し込んですぐ
毎月+3000〜5000円の+収入
トータル最大1000万近くの収益を生み出す
地球にもお財布にも優しい
今話題の投資!
そのカラクリを徹底解説します。

無料相談!

LINE@登録はこちらをクリック

あなたは下記の質問にいくつ当てはまりますか?

  • 今の給料じゃ全然足りない

  • 会社の上司を見ても憧れない
  • 今の仕事とは別の収入の柱を作りたい
  • 収入の柱を複数確保して、誰にも縛られない自由な生活を送りたい
  • 時間と場所に縛られない生き方に憧れている
  • 趣味を仕事にした「やりがいのある仕事」でいきていきたいと思っている
  • 今の給料じゃ全然足りない

上記に一つでも当てはまる人は
ぜひLINE@を登録してみてください

LINE@の登録はこちらをクリック

再生可能エネルギー発電について

2030年度再生可能エネルギー比率
22〜24%を目指す

経済産業省では、2030年度のエネルギー需給構造の見通し・あるべき姿として、長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)を策定しており、2030年度の再生可能エネルギー比率22~24%を目指すこととしています。
この水準の実現に向け、国民負担を抑制しつつ、再生可能エネルギーの最大限の導入を図っていきます

太陽光・水力・風力etc...

なぜ太陽光なのか?

再生可能エネルギーには、「風力発電」「水力発電」「地熱発電」「バイオマス発電」
などなどありますが、
個人での投資で参入する場合、

他の再生アレルギーは発電量にムラがあり、
安定しません。なので売電価格に大きな差があります。

一方太陽光発電は年間を通して
日射量の平均がだいたい一緒のため、安定的な資産形成ができます!

国の促進事業のため
国が味方してくれている投資と言っても過言ではない!

無料相談!

LINE@登録はこちらをクリック

ローンが怖い・・
支払いが怖い・・

でも大丈夫!

 
ローンを組むと基本的には、
毎月ローンの支払いがあるのが当たり前。
でも今回は投資なので
ちゃーんとそこはカバーできます!

簡単な説明は下にあるので一緒に見ていきましょう!

劣化率とは

太陽光パネルももちろん劣化します。
平均0.4%づつ劣化していくイメージです

この劣化率が0.7%を上回ると
メーカー保証で新しいものと無償で交換してもらえます

難しい数字がたくさん出てきましたね。。
頭が痛くなるのもわかります

でも、重要なのはここから

ここからは、
実際に投資を想定したシュミレーションとなっております。

劣化率はデータで出ている
最悪の場合を考えて0.5%づつの劣化となってます。

最大劣化率での計算で924万円の利益って


すごすぎませんか!?


というのも、
売店価格が20年続くのは説明しましたよね。
ローンは15年続く、、

つまり
5年間のフィーバータイムがあるのです!

無料相談!
Line@の登録はこちらをクリック!

リスク

故障リスク

太陽光パネルももちろん故障します。
しかし、10年間のメーカー保証がついていますので、購入から10年間は壊れても新しいものと交換してもらえます!
しかもそこからまた10年の保証がついてくるので
とっても安心ですよね!

 15年以降は売電収入が大きく上回るので
それで修理も可能!


20年後のリスク
売電収入がの固定化が終わた場合は3つの方法があります。

①そのまま電気を売り続ける

②パネルごと売却してしまう

③太陽光パネルの撤去

消費税還付とは・・・

その名の通り、手続きをすると払った消費税が戻ってきます!

だいたい100万円の現金が翌年に帰ってくるので、
とっても嬉しい制度ですよね

無料相談!

LINE@の登録はこちらをクリック

絶対に損しませんか?

月や年によって日射量が統計以下になることはあるが、確率的には同じだけ統計以上になる年もある
20年で平均すれば日射量統計データに近い結果になるでしょう

一つ注意点としては毎月プラスなわけではない
1月は日射が少なく8月が最も多い
年間でみてプラス収支が想定される

災害時はどうするの?

台風、水害、暴風、雪、それらに起因する土砂崩れは損保があります。


一つ注意点としては地震や地震に起因する噴火、津波だけは補償による対策法がない

しかし、
地盤調査や耐震基準を満たしているものになりますので
そんなに心配しなくてもいいと言えます


借金するのが怖い?

老後資金2000万が必要と言われている時代。
労働、節約、貯蓄のみで用意するのはやはり大変。


仮に月4万円×40年貯蓄したとしても80万円足りない現状です・

リスクをとるかレバレッジを効かせるか
どちらかの資産運用をするべきだと考えます。


でないと定年退職後も働くことになってしまいます。

いかがでしたか?

いかがだったでしょう。
世の中にはFXやブックメーカー、バイナリーオプション
などなど様々な投資があります。

その投資全てにリスクがあります。


しかし、太陽光は得られるメリットに対してデメリットが少なすぎるのが特徴です。
国の促進事業だけありますね。


そんな太陽光パネルの投資も1〜2年で新規募集を打ち切ると言われています。


少しでも興味があった方は一度、LINE@で無料相談してみてください!

大人気!

無料相談はLINE@を登録してください!